メニュー閉じる

深夜スマホは子どもの心身に悪影響/データで読み解く、子どもとスマホ【第6回】

深夜スマホは子どもの心身に悪影響/データで読み解く、子どもとスマホ【第6回】

スマホを長い時間使う子どもは、睡眠時刻が遅くなりがち。文科省の調査から、子どもの眠りとスマホとの関係を読み解きます。

長時間スマホを使うと、影響をうけるのが自由時間、学習時間、そして睡眠時間です。子どもの眠りとスマホにはどんな関係があるのでしょうか。

貴重な調査結果があります。文部科学省が平成27年に発表した「睡眠を中心とした生活習慣と子供の自立等との関係性に関する調査」です。この調査は、小中高校生を対象に文科省が初めておこなった、睡眠に関する大規模調査です。スマホについての言及もありますので、ピックアップしてみていきましょう。

スマホを長時間使う子は就寝時刻が遅い

まず就寝時刻とケータイ・スマホの接触時間のクロス集計からみてみましょう。

わかりやすいように棒グラフを色分けしてあります。青系統の色が「午前0時まで」に寝る子、オレンジ系統の色が「午前0時以降」に寝る子の割合です。

文部科学省「睡眠を中心とした生活習慣と子供の自立等との関係性に関する調査の結果」(平成26年調査)より作図

まず小学生からみてみましょう。

ケータイ・スマホでメールやインターネットを「しない」という子どもは、5割以上が午後10時までに寝ています。それに対して、「4時間以上」している子どもで、10時までに寝る子は2割未満。「しない」子の1/3未満です。

中学生ではどうでしょうか。

ケータイ・スマホでメールやインターネットを「しない」「1時間未満」「2時間未満」という子どもは、ほぼ8割が午前0時までに寝ています。それに対し、「4時間以上」している子どもは、0時までに寝る子が5割を切ってしまっています。

小学生・中学生とも、ケータイ・スマホの接触時間が長い子どもほど、就寝時刻が遅い傾向がわかります。長時間ケータイ・スマホを使っている子どもは、起きている間の自由時間だけでなく、睡眠を削ってケータイ・スマホ利用にあてているということが推測できます。

就寝時刻が遅い子どもは、なんでもないのにイライラする

就寝時刻は心身の調子にも影響しています。

(1)就寝時刻が早い子は、自分のことが好きだと感じている

また、就寝時刻と「自分のことが好きだ」との関係についてみると、小学生と中学生では、おおむね就寝時刻が早いほど「そう思う」の割合が高くなっています。(中学生においてはサンプル数の少ない午前3時以降に就寝する生徒をのぞく)。※3

(2)就寝時刻が遅い子は、なんでもないのにイライラする

就寝時刻と、「なんでもないのにイライラする」との関係についてみると、小学生と中学生では、就寝時刻が遅いほど、イライラすることが「よくある」「ときどきある」の割合が高くなっています。(中学生においてはサンプル数の少ない午前3時以降に就寝する生徒をのぞく)※4

調査結果から見えてくることはシンプルです。ケータイ・スマホにはまって長時間使っている子どもは、寝る時間が遅くなりがち。そして就寝時刻が遅くなると、イライラしたり自尊感情が低くなったりと、心の健康に悪い影響が出るということです。

成長期の子どもにとって、睡眠の大切さは言わずもがなのことです。心身の健康をそこなう長時間のケータイ・スマホ利用には、保護者がどこかでストップをかけてなくてはなりません。スマホをよく使っている子どものイライラが過ぎるようであれば、睡眠時刻を見直してみる必要がありそうです。

※1
文部科学省「睡眠を中心とした生活習慣と子供の自立等との関係性に関する調査の結果」(平成26年調査)
※2
文部科学省「睡眠を中心とした生活習慣と子供の自立等との関係性に関する調査の結果」(平成26年調査)資料編 図表 419より作図
※3 ※4 グラフは中学生についてのみ掲載

 
【関連記事】データで読み解く、子どもとスマホ
第1回 小学6年生の約6割が携帯電話・スマホでネットをしている
第2回 中学生、コミュニケーション はスマホで
第3回 家庭のネット利用、中学生の3分の1は “ノールール”
第4回 ケータイ・スマホの利用時間、学力に影響
第5回 家庭の生活習慣が乱れるとスマホ熱中度が高まる
第7回 動画、視聴も投稿もスマホで手軽に
データで読み解く、子どもとスマホ第1回から第10回まとめ
データで読み解く、子どもとスマホ第11回から第20回まとめ
データで読み解く、子どもとスマホ第21回から第30回まとめ
データで読み解く、子どもとスマホ第31回から第40回まとめ
データで読み解く、子どもとスマホ第41回から第50回まとめ

渡邉純子(コドモット)(わたなべじゅんこ)

渡邉純子(コドモット)(わたなべじゅんこ)

渡邉純子(コドモット)(わたなべじゅんこ)

株式会社コドモット代表取締役社長。
NTT在籍時代の2001年、子ども向けポータルサイト「キッズgoo」を立ち上げ、同サイトでデジタルコンテンツグランプリ・エデュテイメント賞受賞。独立後は小学生向けのコンテンツを中心に、企業の子ども向けWebサイトや公共団体の子ども向けツールなどの企画制作を数多く手がける。一男一女の母。

PAGETOP