PR

  メニュー閉じる

PR

実験

ガリレオ・ガリレイのふり子の実験

実験 ガリレオ・ガリレイのふり子の実験

ふり子の特せいを利用した“ふり子時計”は、どうして時間を計ることができるのかな?
ガリレオのふり子の実験をしてそのひみつをさぐろう!

用意するもの

Seriaグッズ

  • つっぱりポール
  • こむぎねんど
  • ホック
  • カードリング
  • ストップウォッチ
  • ノート

ここまでは、100円ショップ[セリア]のお店の特設(とくせつ)コーナーでそろえられるよ。

おうちで用意するもの

  • はさみ
  • 筆記用具
  • じょうぎ(長さを測れるもの)

ふり子の作り方

ふり子をつるす場所を決めよう。家具のすきまなどにつっぱりポールをつけるといいよ。

50cmの長さに糸を切り、カードリングとホックに糸を通して輪にする。カードリングとホックの間の長さを、結び方で25cmに調整する。

ホックにねんどをつける。記録のためにねんどの重さや直径を計って記録しておこう。

つっぱりボールにカードリングを通してふり子を取りつける。

ふり子をゆらす。ゆれ方を見て 一番高く上がったところでストップウォッチを押す。10 往復したところでストップ ウォッチを止める。時間を記録して10で割った数字が一往復の時間だよ。

まとめ方

同じ長さのふり子を作ってゆらす高さを変えて一緒にゆらしてみよう。それぞれ往復する時間はどうなるか調べてみよう。糸の長さやおもりの重さを変えて時間を計ってみてもいいね。ノートに表を書いてまとめよう。

まとめ方のコツ 実験の例」を見てみよう

発展 ガリレオについて 調べてみよう

16世紀の科学者のガリレオ・ガリレイ(1564-1642 イタリア)は、ふり子が1往復する時間は、ふり子の長さによって決まり、その時間は、ゆれる幅をかえても変わらないことを発見したんだ(ふり子の等時性)。教会のランプがゆれているのを見て、大きくゆれるランプも小さくゆれるランプも往復する時間は同じことに気づいたんだよ。

なぜ・どうして?/ゆらしたふり子のなかまが勝手にゆれ始める!

糸の長さが同じふり子、長さのちがうふり子をいくつか用意しよう。つっぱりポールのかわりにタコ糸などやわらかいものにふり子を取り付ける。どれか一つのふり子をゆらすと、勝手にゆれはじめるふり子が……。どのふり子をゆらすと、ほかのふり子がゆれるのか調べてみよう。監修:秀明大学/大山光晴

注意

  • 実験は、必ずおうちの人といっしょにしよう。
  • 実験前にこのレシピとヒント、注意をしっかり読んで、まちがった手順で行わないようにしよう。
  • 実験に使う材料は、おうちの人に用意してもらうこと。
  • 実験のあとは、おうちの人といっしょにあとかたづけをして、小さい子どもの手がとどかないところにしまうこと。
  • はさみを使うときは、けがをしないように気をつけよう。

PR
PR

夏休みおうえんスペシャル

PAGETOP