PR

  メニュー閉じる

PR

工作

センスを活かしてつくる
ステンドグラス工作

工作 センスを活かしてつくる<br>ステンドグラス工作

木工用ボンドに「ぼく汁」をまぜて、黒いりんかく線をかくよ。りんかく線がかわいたら、カラー液をぬってみよう。かわくと、とうめいになってステンドグラスのようになるよ!

用意するもの

Seriaグッズ

  • 木工用ボンド2本
  • ぼく汁
  • おえかきマーカー
  • クリアファイル
  • プラカップ(小)
  • 絵筆

ここまでは、100円ショップ[セリア]のお店の特設(とくせつ)コーナーでそろえられるよ。

おうちで用意するもの

  • ラップ
  • プラカップが3つ入る容器
  • 竹ぐし
  • ガラスびん

ステンドグラスの作り方

木工用ボンドのキャップを外して、2つのプラカップに分けて出す

ボンドの5分の1ぐらいの量のぼく汁をプラカップに入れる。のこりのカップは、かわかないようにラップをかけよう。

竹ぐしでよくまぜて「まっ黒液」を作ったらボンドの容器にもどす。

ヒント

ボンドの容器にもどし入れるときは、プラカップの飲み口部分をおり曲げて、そそぎ口を作ると入れやすいよ。

ステンドグラスにする絵がらの下書きをして、クリアファイルにはさむ。ボンド容器にもどした「まっ黒液」をしぼりながら下書きのりんかく線をなぞっていこう。なぞり終えたら、かわくまで平らな所において3、4時間待つ。下書きの線は、赤えんぴつで書くと見やすいよ。

プラカップに底から4㎜くらいの高さまで水を入れて、水性カラーペンのペン先を水につけよう。ひとばんおけば、カラー液のじゅんびは終わり。カップは倒れやすいので容器に入れて作業しよう。黄色は色がうすいので、オレンジ色のペンと2本つけておこう。

手順⑤で作ったそれぞれのカップに木工用ボンドをまぜて「カラー液」を作る。ボンドの分量は、カップに入っている色水の4倍ぐらいの量を入れよう。「まっ黒液」よりは水分がやや多めだよ。

手順④の「まっ黒液」で作ったりんかく線の中に「カラー液」をぬっていこう。かわくと完成だよ。

りんかく線の内側をぬって、平らな所でかわかす。かわいたら作品は完成。はしからゆっくりはがして好きなところにはろう。

チャレンジ発展/すけないカラー液でシールを作ろう!

水性カラーペンのかわりに水彩絵の具を木工用ボンドにまぜて「カラー液」を作れば、すけないカラーシールができるよ。

なぜ・どうして?/なぜ、りんかく線とカラー液は、にじまないの?

木工用ボンドに「ぼく汁」がまざるのは、ふたつとも水にとけやすい(同じ水溶性)からです。かわくと水分がぬけて木工用ボンドの「酢酸ビニル樹脂(さくさんびにるじゅし)」が黒いぼく汁の色と一緒に固まります。固まった樹脂は水にとけないから、水分の入ったカラー液をぬっても、黒いりんかく線はにじみません。監修:秀明大学/大山光晴

注意

  • 実験は、必ずおうちの人といっしょにしよう。
  • 実験前にこのレシピとヒント、注意をしっかり読んで、まちがった手順で行わないようにしよう。
  • 実験に使う材料は、おうちの人に用意してもらうこと。
  • 実験のあとは、おうちの人といっしょにあとかたづけをして、小さい子どもの手がとどかないところにしまうこと。

PAGETOP