PR

  メニュー閉じる

PR

工作

シュワシュワ入浴剤をつくろう!バスボム工作

工作 シュワシュワ入浴剤をつくろう!バスボム工作

重曹(じゅうそう)とクエン酸(さん)をはちみつと片栗粉(かたくりこ)で固めると、炭酸ガスがシュワシュワと出てくる入浴剤「バスボム」が作れるよ!

用意するもの

Seriaグッズ

  • 重曹(じゅうそう)
  • クエン酸(さん)
  • 計量スプーン
  • フタ付きボウル

ここまでは、100円ショップ[セリア]のお店の特設(とくせつ)コーナーでそろえられるよ。

おうちで用意するもの

  • ハチミツ
  • 片栗粉(かたくりこ)
  • ラップ
  • 保存容器
  • ポリエチレン手袋
  • ゴムベラ
  • シリカゲル(乾燥剤)
  • ラッピング用袋やリボン

バスボムの作り方

計量スプーンで重曹(じゅうそう)は大さじ10、クエン酸(さん)は大さじ3を計って、ボウルに入れる。

計量スプーンで片栗粉(かたくりこ)は大さじ2、はちみつは大さじ1を計って、ボウルに入れる。

ゴムベラではちみつをまぜてから、手でもみこむようにまぜる。はじめはサクサクしててまとまらないけれど、はちみつがなじんでくると、全体がまとまってくるよ。しっとりしてくれば、「バスボム粉」のでき上がり。
※手袋をはめてまぜよう。

広げたラップに、手順3で作ったバスボム粉を、大さじで山盛り2はい分をおく。図のようにラップの先をギュッとしぼって形を作ろう。

ラップを外して出来上がったバスボム粉を、形がくずれないようにバットなどにのせて、冷ぞう庫に入れてかんそうさせる。冷ぞう庫に入れて4~5時間ぐらいたてば完成。

冷ぞう庫でかんそうさせたバスボム粉は、そのまま外に出しておくと湿気(しっけ)でやわらかくなったり、ふくらんできたりするよ。湿気(しっけ)から守るために、保存容器やシリカゲル(乾燥剤)を活用しよう。袋に入れてラッピングするときも、シリカゲル(乾燥剤)をいっしょに入れておくと安心だね。

実験しよう

完成したバスボムを、水の中に入れてみよう。ブクブクとあわが出てくれば、実験は大成功!最後は、バスボムがとけてなくなってしまうよ。

発展/かわいい形や色付きのバスボムを作ってみよう!

カラフルバスボム

バスボム粉の中に“粉末食用色素(ふんまつしょくようしきそ)”を入れると、水の中で色がとけ出してくるカラフルなバスボムが作れるよ!

ハート❤バスボム

クッキーのぬき型を使ってバスボム粉を固めると、ハートなどいろいろな形のバスボムが作れるよ。おしゃれな形やかわいい形にして、かぞくや友だちにプレゼントしてもいいね。

なぜ・どうして?/なんで”あわ”が出るの?

重曹(じゅうそう)はアルカリ性で、クエン酸(さん)は酸性(さんせい)という性質(せいしつ)を持っています。そのふたつが水にとけて出会うと、二酸化炭素というガスが出てあわになるよ。お店で売っているあわが出る入浴剤も同じ仕組みだよ。監修:秀明大学/大山光晴

注意

  • 実験は、必ずおうちの人といっしょにしよう。
  • 実験前にこのレシピとヒント、注意をしっかり読んで、まちがった手順で行わないようにしよう。
  • 実験に使う材料は、おうちの人に用意してもらうこと。
  • 実験のあとは、おうちの人といっしょにあとかたづけをして、小さい子どもの手がとどかないところにしまうこと。
  • 食べものではありません。絶対に口に入れないこと。
  • バスボムをさわった手で目をこすらないこと。
  • 実験のあとは必ず手を洗うこと。

PAGETOP