PR

  メニュー閉じる

PR

工作

(ちょう)ミニミニ(だこ)

工作 <ruby><rb>超</rb><rp>(</rp><rt>ちょう</rt><rp>)</rp></ruby>ミニミニ<ruby><rb>凧</rb><rp>(</rp><rt>だこ</rt><rp>)</rp></ruby>

(あぶら)とり(がみ)」に(いと)をつけるだけで、かんたんに(たこ)がつくれる。屋外(おくがい)でも屋内(おくない)でも、よくあがるぞ。

用意(ようい)するもの

(あぶら)とり(がみ)
(ほそ)めのミシン(いと)(なが)さ10m以上(いじょう)
・セロハンテープ
(ふる)いはがきなど
・はさみ

(つく)(かた)

ミシン(いと)を10mくらい、(ふる)いはがきなどを()ったものに()いておく。

しわにならないように(あぶら)とり(がみ)を1(まい)とり()す。

たて半分(はんぶん)()り、()()をつける。

(うえ)から5mmのはばで2(かい)()り、中央(ちゅうおう)をセロハンテープでとめる。

ひっくり(かえ)して、(うえ)から2cmのところに(いと)のはしをセロハンテープでとめる。

あそんでみよう!

屋外(おくがい)であげるときは、まず(かぜ)()きを確認(かくにん)して、風上(かざかみ)自分(じぶん)が、風下(かざしも)(たこ)がくるようにする。1~2m(いと)をのばし、ふいてくる(かぜ)(たこ)がのってあがりはじめたら、(いと)(すこ)しずつのばす。
屋内(おくない)であげるときは、(いと)は1~2mで、(まど)から(はい)ってくる(かぜ)や、せん(ぷう)()(かぜ)利用(りよう)してあげる。どちらも、くるくると(まわ)ってしまうときは、(いと)をつけてしっぽにする。

(そと)であそぶときはクルマなどが(とお)らない安全(あんぜん)場所(ばしょ)ですること。

()(あん)西山(にしやま)直樹(なおき)

工作(こうさく)をするときの注意(ちゅうい)

工作(こうさく)をする(まえ)(かなら)ずおうちの(かた)といっしょに()んでね。

  • 工作(こうさく)使(つか)材料(ざいりょう)道具(どうぐ)などは、使(つか)ってよいものかどうか、おうちの(ひと)(たし)かめよう。
  • はさみやカッターナイフを使(つか)うときは、けがをしないように()をつけよう。
  • つまようじやフォーク、シャープペンシルのしん、おしピンなど、(さき)のとがったものを使(つか)うときは、けがをしないように()をつけよう。
  • 工作(こうさく)・フリーアートを(はじ)める(まえ)には、まわりをかたづけよう。よごれたりぬれたりするおそれがある場合(ばあい)は、新聞紙(しんぶんし)やビニールシートをしこう。
  • カッターナイフを使(つか)うときは、(した)にカッターマットや厚紙(あつがみ)などをしいて、つくえやゆかをきずつけないようにしよう。
  • 作業(さぎょう)()わったら材料(ざいりょう)道具(どうぐ)をきちんとかたづけ、作業(さぎょう)をしていた場所(ばしょ)をきれいにしよう。
  • 工作(こうさく)使(つか)ったものや(つく)った作品(さくひん)は、(ちい)さい()()のとどかない場所(ばしょ)にしまうこと。
  • 作業(さぎょう)()わったら、(かなら)()をよくあらうこと。
  • 接着(せっちゃく)ざいは、目的(もくてき)()ったものを使(つか)おう。
レポートのまとめ方
のコツはこちら!

自由研究注目ランキング

場所でさがす

ほかのいろんなさがし方

PR
PR

PAGETOP