PR

  メニュー閉じる

PR

工作

色いろスタンプアート

工作 色いろスタンプアート

点の集合でかかれた絵を点描画(てんびょうが)というよ。同じ色でも光とかげを色のちがう点で表わしたり、いくつかの色の点を組み合わせて、ある色を表現したりする、とても芸術的な絵なんだ。その点描画をかんたんにしたスタンプアートで、点で絵をかくことを試してみよう。

用意するもの

  • ワークシート
  • スタンプ台(5~6色以上)
  • プラスチックの消しゴム
  • ものさし
  • えんぴつ
  • カッターナイフ

作り方

1.スタンプアートの見本・ワークシートを使ってつくろう

1

スタンプアートの見本・ワークシートを使ってつくろう

ワークシートをダウンロードして、プリントアウトする。見本の中からやってみたいスタンプアートを選ぼう。

2

スタンプアートの見本・ワークシートを使ってつくろう

カッターナイフで、プラスチックの消しゴムを底面が一辺7mmになるように切る。これがスタンプになるよ。使いたい色の数分つくっておこう。

注意:カッターナイフを使うときは、おうちの人にてつだってもらおう。

3

スタンプアートの見本・ワークシートを使ってつくろう

見本を見て色を決め、プラスチックの消しゴムの底面にスタンプ台のインキをつける。ワークシートの1マスの中に一回スタンプする。他のマスもスタンプでうめていけば、スタンプアートのできあがり。たくさんの色が入っているインキパッドを使うと便利だね。
※インキはまぜずに、1色のインキに対して1つのスタンプを使おう。

注意:よごれてもいいように、新聞紙などをしこう。

4

スタンプアートの見本・ワークシートを使ってつくろう

3でできあがったスタンプアートを少し遠くから見てみよう。近くで見たときとどうちがうかな?

2.スタンプアートの図案を自分で考えてつくってみよう

1

スタンプアートの図案を自分で考えてつくってみよう

1マスが7mmの方眼紙(ほうがんし)を用意する。

2

スタンプアートの図案を自分で考えてつくってみよう

かきたい絵になるように、えんぴつでうすくマスをぬりつぶしていく。形が決まったら、ぬる色を決めよう。

3

スタンプアートの図案を自分で考えてつくってみよう

プラスチックの消しゴムからつくった、底面が一辺7mmのスタンプの底面にスタンプ台のインキをつける。2のワークシートの1マスの中に一回スタンプする。他のマスもスタンプでうめていけば、オリジナルのスタンプアートのできあがり。
※インキはまぜずに、1色のインキに対して1つのスタンプを使おう。

注意:よごれてもいいように、新聞紙などをしこう。

4

スタンプアートの図案を自分で考えてつくってみよう

3でできあがったスタンプアートを少し遠くから見てみよう。近くで見たときとどうちがうかな?

ワークシートダウンロード

まとめ方

まとめ方のコツ 工作の例」を見てみよう

注意

  • スタンプアートをつくるときは、必ずおうちの人といっしょにしよう。
  • 始める前にこの作り方をしっかり読んで、まちがった手順で行わないようにしよう。
  • 使う材料は、おうちの人に用意してもらうこと。
  • よごれてもよいところでやろう。
  • カッターナイフを使うときは、けがをしないように気をつけよう。無理なときは、おうちの人にやってもらうこと。
  • スタンプをなめたり口に入れたりしないこと。 インキがついた手で目や顔をさわらないこと。万が一目に入ったときは、すぐに大量の水であらい流すこと。
  • インキが手についたときは、せっけんであらい流そう。
  • スタンプアートを作ったあとは、おうちの人といっしょに手や道具をきれいにあらい、しっかりあとかたづけをしよう。あらった道具は、きれいになったかどうかおうちの人にたしかめてもらおう。

工作をするときの注意

工作をする前に必ずおうちの方といっしょに読んでね。

  • 工作に使う材料(ざいりょう)や道具などは、使ってよいものかどうか、おうちの人に確(たし)かめよう。
  • はさみやカッターナイフを使うときは、けがをしないように気をつけよう。
  • つまようじやフォーク、シャープペンシルのしん、おしピンなど、先のとがったものを使うときは、けがをしないように気をつけよう。
  • 工作・フリーアートを始める前には、まわりをかたづけよう。よごれたりぬれたりするおそれがある場合は、新聞紙やビニルシートをしこう。
  • カッターナイフを使うときは、下にカッターマットや厚紙(あつがみ)などをしいて、つくえやゆかをきずつけないようにしよう。
  • 作業が終わったら材料(ざいりょう)や道具をきちんとかたづけ、作業をしていた場所をきれいにしよう。
  • 工作で使ったものや作った作品は、小さい子の手のとどかない場所にしまうこと。
  • 作業が終わったら、必ず手をよくあらうこと。
  • 接着(せっちゃく)ざいは、目的に合ったものを使おう。
PR
PR

PAGETOP