PR

  メニュー閉じる

工作

フライドチキン恐竜骨格

工作 フライドチキン恐竜骨格

フライドチキンの足や胸の骨、魚のカレイなどのとげとげの骨などを針金のわくにくっつけていくと、はく力のある恐竜骨格工作ができるよ。

作り方

絵と案/西山直樹

まとめ方のコツ 工作の例」を見てみよう

注意

  • 骨は洗剤で歯ブラシを使ってきちんと洗ってから使おう。
  • 先がとがった骨や針金で、指などをつかないように気をつけよう。

工作をするときの注意

工作をする前に必ずおうちの方といっしょに読んでね。

  • 工作に使う材料(ざいりょう)や道具などは、使ってよいものかどうか、おうちの人に確(たし)かめよう。
  • はさみやカッターナイフを使うときは、けがをしないように気をつけよう。
  • つまようじやフォーク、シャープペンシルのしん、おしピンなど、先のとがったものを使うときは、けがをしないように気をつけよう。
  • 工作・フリーアートを始める前には、まわりをかたづけよう。よごれたりぬれたりするおそれがある場合は、新聞紙やビニルシートをしこう。
  • カッターナイフを使うときは、下にカッターマットや厚紙(あつがみ)などをしいて、つくえやゆかをきずつけないようにしよう。
  • 作業が終わったら材料(ざいりょう)や道具をきちんとかたづけ、作業をしていた場所をきれいにしよう。
  • 工作で使ったものや作った作品は、小さい子の手のとどかない場所にしまうこと。
  • 作業が終わったら、必ず手をよくあらうこと。
  • 接着(せっちゃく)ざいは、目的に合ったものを使おう。