PR

  メニュー閉じる

PR

工作

無人(むじん)(とう)メシに挑戦(ちょうせん)

PR
工作 <ruby data-src-img=

(おお)きな災害(さいがい)()こると、電気(でんき)やガス、水道(すいどう)などが使(つか)えないなかで食事(しょくじ)をしなければならないことがある。災害(さいがい)()こってから3 日目(かめ)想定(そうてい)し、(かぎ)られた食材(しょくざい)調理(ちょうり)環境(かんきょう)のなかでどうすればおいしいごはんができるか挑戦(ちょうせん)してみよう!

※この自由(じゆう)研究(けんきゅう)ではサランラップ®を使(つか)うよ。おうちの(ひと)といっしょに使(つか)ってね。

無人(むじん)(とう)メシづくりの条件(じょうけん)

無人(むじん)(とう)メシ」とは、災害(さいがい)によって電気(でんき)やガス、水道(すいどう)などの生活(せいかつ)インフラがストップした状態(じょうたい)無人(むじん)(とう)になぞらえて(おこな)調理(ちょうり)実習(じっしゅう)のこと。

まずは、災害(さいがい)()こると、(なに)使(つか)えて(なに)使(つか)えないのか(かんが)えてみよう。具体的(ぐたいてき)には、災害(さいがい)()()状況(じょうきょう)想定(そうてい)して条件(じょうけん)設定(せってい)しよう。

たとえば、電気(でんき)がストップすると冷蔵(れいぞう)()使(つか)えないから(なま)(にく)(さかな)生野菜(なまやさい)などは使(つか)えない。断水(だんすい)しているので、使(つか)える(みず)(りょう)限定(げんてい)されるよね。

条件(じょうけん)(れい)

水道(すいどう)(すい)使(つか)えない(ペットボトルの(みず)一人(ひとり)あたり1Lまでは使(つか)える)
●ガスコンロが使(つか)えない(カセットコンロは使(つか)える)
冷蔵(れいぞう)()使(つか)えないので、(なま)(にく)(さかな)生野菜(なまやさい)などの食材(しょくざい)使(つか)えない((はっ)(さい)から3()()想定(そうてい)しているので、すでに使(つか)()っている)
●いも(るい)豆類(まめるい)常温(じょうおん)保存(ほぞん)できる野菜(やさい)根菜類(こんさいるい)など)、かんづめ、かんそう食品(しょくひん)使(つか)える
(あたら)しく食材(しょくざい)調理器(ちょうりき)()()()すのではなく、(いえ)にあるものを使(つか)

災害(さいがい)()()使(つか)えるかどうかわからないものは、おうちの(ひと)()いてみよう

準備(じゅんび)後片付(あとかたづ)けをふくめて(かんが)える

調理(ちょうり)したあとの器具(きぐ)食器(しょっき)をそのままにしておくと、衛生的(えいせいてき)によくない。だから、無人(むじん)(とう)メシづくりでも後片付(あとかたづ)けまでふくめて(かんが)えよう。

たとえば、災害時(さいがいじ)には(みず)がとても貴重(きちょう)だから、調理(ちょうり)器具(きぐ)食器(しょっき)(あら)(みず)節約(せつやく)したいよね。どんな工夫(くふう)ができるだろう?

無人(むじん)(とう)メシをつくる

最初(さいしょ)()めた条件(じょうけん)のもと、無人(むじん)(とう)メシづくりに挑戦(ちょうせん)してみよう! つくった料理(りょうり)は、おうちの(ひと)(とも)だちに()べてもらい、感想(かんそう)をもらおう。

()包丁(ほうちょう)をあつかうときは、(かなら)ずおうちの(ひと)といっしょにやろう

無人(むじん)(とう)メシの(れい)

かんそうパスタを(みず)(またはお())でもどし、さばかんなどのかんづめの()をかける。
かんそうわかめ、()()しだいこんなどを(みず)でもどし、ドレッシングをかける。

いきなりつくるのが(むずか)しい場合(ばあい)は、(ほん)やインターネットを使(つか)って「災害(さいがい) 料理(りょうり)」「防災(ぼうさい) レシピ」などのキーワードでレシピを調(しら)べてみよう。

こんな工夫(くふう)も!

(みず)でもどすこともできる

()をわかせないとき、パスタやインスタントラーメンなどは、時間(じかん)をかければ(みず)でももどすことができる。

同時(どうじ)にゆでる

パスタと野菜(やさい)などは、別々(べつべつ)にポリぶくろに()れてゆでると、お()節約(せつやく)できる。

さいばいしている野菜(やさい)利用(りよう)

ベランダなどでさいばいしている野菜(やさい)があれば利用(りよう)してもOK。災害(さいがい)()すぐに()づけにすると(すこ)日持(ひも)ちするよ。

サランラップ®で(みず)節約(せつやく)

ボウルなどの調理(ちょうり)器具(きぐ)や、お(さら)などの食器(しょっき)にサランラップ®を()いておくことで、後片付(あとかたづ)けの(みず)節約(せつやく)することができる。

発展(はってん)

災害時(さいがいじ)には、いろいろな場面(ばめん)身近(みぢか)なサランラップ®がとっても役立(やくだ)つんだ。ここでしょうかいしている以外(いがい)に、どんな使(つか)(かた)があるかな?

#(いえ)でも防災(ぼうさい)訓練(くんれん)してますか もしものときのサランラップ®活用術(かつようじゅつ)」で調(しら)べてみよう!

<サランラップ®のひみつ>

サランラップ®は、お(さら)にぴたりと()りついて食品(しょくひん)新鮮(しんせん)なまま保存(ほぞん)できる食品(しょくひん)(よう)ラップ。とてもうすいフィルムなのにハリ・コシがあってじょうぶだから、(うえ)でしょうかいしているように“もしものとき”にも役立(やくだ)つんだね。

サランラップ®には食品(しょくひん)保存(ほぞん)するために(たか)いバリア(せい)(そな)わっている。たとえば、水分(すいぶん)をにがしにくいから食材(しょくざい)がかんそうするのを(ふせ)ぐことができるんだ。ほかにも、酸素(さんそ)やニオイを(とお)しにくい性質(せいしつ)をもっている。この「ニオイバリア(せい)」をたしかめる実験(じっけん)もしょうかいしているよ。

自由(じゆう)研究(けんきゅう)】ニオイバリア大実験(だいじっけん)

まとめ

災害(さいがい)のときに、電気(でんき)、ガス、水道(すいどう)などがじゅうぶんに使(つか)えなくても、工夫(くふう)しだいでできる料理(りょうり)がある。かんづめやかんそう食品(しょくひん)などを使(つか)って栄養(えいよう)のある料理(りょうり)をつくる。また、サランラップ®などをじょうずに使(つか)って、(みず)節約(せつやく)する。

<まとめ(かた)(れい)

◆これは東日本(ひがしにほん)大震災(だいしんさい)中学生(ちゅうがくせい)(とき)経験(けいけん)した若者(わかもの)”PLAY(ぼう)”による防災(ぼうさい)教育(きょういく)コンテンツです

監修(かんしゅう)

地震(じしん)学者(がくしゃ)
大木(おおき)聖子(さとこ)先生(せんせい)
慶應義塾大学(けいおうぎじゅくだいがく)准教授(じゅんきょうじゅ)専門(せんもん)地震(じしん)(がく)災害(さいがい)情報(じょうほう)防災(ぼうさい)教育(きょういく)など。災害(さいがい)発生(はっせい)()想像(そうぞう)して()く「防災(ぼうさい)小説(しょうせつ)」など、“自分(じぶん)ごと”の防災(ぼうさい)意識(いしき)(たか)める活動(かつどう)注力(ちゅうりょく)している。

イラスト/イワミ*カイ

レポートのまとめ方
のコツはこちら!

自由研究人気ランキング

場所でさがす

ほかのいろんなさがし方

PR
PR

夏休みおうえんスペシャル

PAGETOP