夏休み自由研究プロジェクト

自由研究トップ > アイデアデータベース > 科学実験 > バナナも日焼けをするの?

アイデアデータベース

この自由研究をやってみたいと思ったら、ボタンをクリック!

 

→ランキングはここで見られるよ

  • 中学生

実験方法

強い日差しで日焼けをするのは、日光にふくまれる紫外線(しがいせん)が関係している。植物も紫外線によって色が変わるものがある。そのようすを、バナナを使った実験でたしかめてみよう。
日光の当たる屋外と、あたらない室内に置いたバナナでくらべ、日光に当てる時間を変えてくらべてみる。また、紫外線をさえぎるにはどんな材料がよいかも実験する。

まとめ方

実験方法はイラストと文章で、順を追ってわかりやすくかこう。実験の結果は、バナナの写真をはり、実験をしてみてわかったことをまとめよう。

用意するもの

バナナ(数本)、アルミニウムはく、紙(白、黒)、セロハン(無色、青色、赤色、緑色)、紫外線カットフィルム、日焼け止め、はさみ、セロハンテープ、フェルトペン、紫外線チェックカード、箱

1「日光がバナナの皮の色を変えるか調べる」バナナを2本用意し、それぞれ区別がつくように印をつけ、一部にアルミニウムはくを巻く。はしのほうにペンなどで記号などを入れる。バナナはいたみやすいので、軽く巻きつけるようにして、裏側をセロハンテープでとめる。天気のよい日を選び、屋外の直射日光が当たる場所と、日光の入らない室内の、蛍光灯などの下を選び、紫外線チェックカードで紫外線の強さを確かめる。バナナの1本は屋外の直射日光が当たる場所に置く。もう1本は日光の入らない室内の、蛍光灯などの下に置く。どちらも3時間以上そのまま置いておく。光に当てた後は、2本のバナナからアルミニウムはくをとりはずし、暗く涼すずしいところに置いておく。アルミニウムはくをはがす前に、巻いた位置の線を軽く書いておく。1~2日後、バナナの皮にどのような変化が現れたかを確認する。バナナは新鮮で青みがかったものを買うこと。バナナを持つときはていねいに持ち、なるべく柄のところを持つようにしよう。初夏から夏の日差しの強い時期に実験すること。紫外線チェックカードは、インターネットサイトなどで手に入るよ。夏期には、化粧品を扱う店などでも売っているね。紫外線で色が変わる製品には、絵の具やビーズなどもある

2「日光に当てる時間を変えるとどうなるか調べる」バナナを4本用意し、印をつけてアルミニウムはくを巻く。天気のよい日の昼前後の時間帯で、直射日光に当てる時間の長さを変えて実験する。実験1と同じように、バナナを箱に保存し、1~2日後のようすを比べる。

3「バナナを利用して、どのようなものに紫外線をさえぎる効果があるか調べる」次のような材料をバナナに巻き、直射日光に3時間当てて実験する。日焼け止めクリームは皮に直接ぬらずに、無色セロハンにぬったものを巻くこと。実験1と同じように、バナナを箱に保存し、1~2日後のようすを比べる。

まとめの例とくわしい解説、発展研究は「中学生の理科 自由研究 チャレンジ編 改訂版」の本にのっているよ。

科学実験のまとめ方の例を見てみよう

注意

バナナは使っていいものかどうか、おうちの人にたしかめよう。
実験に使ったバナナは食べないこと。
はさみを使うときは、けがをしないように気をつけよう。
外で実験するときは、ぼうしをかぶって、こまめに水分を取ろう。

科学実験をするときの注意(実験をする前に必ずおうちの方といっしょに読んでね。)