PR

  メニュー閉じる

PR

工作

ぴかぴかどろだんご星座(せいざ)

工作 ぴかぴかどろだんご<ruby><rb>星座</rb><rp>(</rp><rt>せいざ</rt><rp>)</rp></ruby>

3(しょく)(いろ)なしのどろだんごをたくさんつくり、ならべて星座(せいざ)にしよう!(ほし)にはそれぞれ(あか)るさの度合(どあ)いを(あらわ)(とう)(せい)(いろ)があるので、その(とう)(せい)(いろ)のどろだんごをつくってならべると星座(せいざ)のようすがよくわかるよ。

3(しょく)(いろ)なしのどろだんごをたくさんつくり、ならべて星座(せいざ)にしよう!(ほし)にはそれぞれ(あか)るさの度合(どあ)いを(あらわ)(とう)(せい)(いろ)があるので、その(とう)(せい)(いろ)のどろだんごをつくってならべると星座(せいざ)のようすがよくわかるよ。また、ぴかぴかどろだんご星座(せいざ)をつくるときに、星座(せいざ)(ほし)について調(しら)べたことをワークシートにまとめよう。

用意(ようい)するもの

  • (なか)のしんになる(つち)(ねばりけがあるもの)
  • まわりにかける(こま)かいすな
  • (いろ)画用紙(がようし)
  • (みず)
  • ()()(あお)(あか)()
  • パレット
  • ふで
  • ものさし
  • フェルトペン
  • 表面(ひょうめん)がつるつるした(した)じき
  • フェルト
  • はさみ
  • はかり
  • ワークシート

(つち)(えら)(かた)

(なか)のしんになる(つち):ねんど(しつ)のねばりけのあるものがよい。ふるいでふるって(いし)などをとりのぞいて使(つか)うといいよ。
まわりにかける(こま)かいすな:さらさらしていて、すなけむりがたつような(こま)かいものがよい。

(つく)(かた)

1.つくる星座(せいざ)()めよう

1

つくる<ruby><rb>星座</rb><rp>(</rp><rt>せいざ</rt><rp>)</rp></ruby>を<ruby><rb>決</rb><rp>(</rp><rt>き</rt><rp>)</rp></ruby>めよう

ワークシートをダウンロードしてプリントアウトし、説明(せつめい)見本(みほん)ページを()もう。
図鑑(ずかん)やWebサイトなどで星座(せいざ)について調(しら)べて、つくる星座(せいざ)()めたらワークシートに()きこもう。
(ほし)(かず)と、それぞれの(とう)(せい)(いろ)がわかったら、どろだんごで(ほし)をつくろう。

ワークシートダウンロード

2.どろだんごをつくろう

2

<ruby><rb>作</rb><rp>(</rp><rt>つく</rt><rp>)</rp></ruby>り<ruby><rb>方</rb><rp>(</rp><rt>かた</rt><rp>)</rp></ruby>

(なか)のしんになる(つち)(みず)()れる。どろどろになるまでまぜよう。

注意(ちゅうい):よごれたり、ぬれたりしてもいい場所(ばしょ)でやろう。

3

<ruby><rb>作</rb><rp>(</rp><rt>つく</rt><rp>)</rp></ruby>り<ruby><rb>方</rb><rp>(</rp><rt>かた</rt><rp>)</rp></ruby>

つくる(ほし)(おお)きさと(かず)()わせて、2の(つち)をはかりではかって()ける。

4

<ruby><rb>作</rb><rp>(</rp><rt>つく</rt><rp>)</rp></ruby>り<ruby><rb>方</rb><rp>(</rp><rt>かた</rt><rp>)</rp></ruby>

3のどろを()でにぎって、ぎゅうぎゅうと(みず)をしぼり()しながら、(まる)(かたち)にしていくよ。

5

<ruby><rb>作</rb><rp>(</rp><rt>つく</rt><rp>)</rp></ruby>り<ruby><rb>方</rb><rp>(</rp><rt>かた</rt><rp>)</rp></ruby>

()のひらで、コロコロころがしながら(かたち)(ととの)え、でこぼこのない、きれいな(まる)(かたち)にする。
(かたち)ができたら、()をあらおう。

6

<ruby><rb>作</rb><rp>(</rp><rt>つく</rt><rp>)</rp></ruby>り<ruby><rb>方</rb><rp>(</rp><rt>かた</rt><rp>)</rp></ruby>

5に、まわりにかける(こま)かいすなをふりかけて、あまった(つち)表面(ひょうめん)をこするようにして、はらおう。()のひらで(かる)くにぎって(まる)くする。これを何度(なんど)かくりかえして、よりきれいな(まる)にする。

7

<ruby><rb>作</rb><rp>(</rp><rt>つく</rt><rp>)</rp></ruby>り<ruby><rb>方</rb><rp>(</rp><rt>かた</rt><rp>)</rp></ruby>

ふたたび、6にまわりにかける(こま)かいすなをふりかけて、表面(ひょうめん)をなでるようにしてこする。これを何度(なんど)かくり(かえ)すと、表面(ひょうめん)がかたく、ツルツルになるよ。

8

<ruby><rb>作</rb><rp>(</rp><rt>つく</rt><rp>)</rp></ruby>り<ruby><rb>方</rb><rp>(</rp><rt>かた</rt><rp>)</rp></ruby>

4~7をくり(かえ)して、星座(せいざ)(ほし)(おお)きさと(かず)()わせてつくる。どろだんごは1時間(じかん)ほどかわかす。

3.(いろ)をつけよう

9

<ruby><rb>作</rb><rp>(</rp><rt>つく</rt><rp>)</rp></ruby>り<ruby><rb>方</rb><rp>(</rp><rt>かた</rt><rp>)</rp></ruby>

記入(きにゅう)したワークシートを参考(さんこう)にして、星座(せいざ)(かたち)づくっている(ほし)(いろ)()わせて、(あお)(あか)黄色(きいろ)()()用意(ようい)しよう。

10

<ruby><rb>作</rb><rp>(</rp><rt>つく</rt><rp>)</rp></ruby>り<ruby><rb>方</rb><rp>(</rp><rt>かた</rt><rp>)</rp></ruby>

それぞれの()()(みず)(すこ)しだけ()れてとかし、どろだんごにぬり、30(ぷん)ほどかわかす。

()()には、できるだけ(みず)()ぜないでぬろう。

注意(ちゅうい):よごれたり、ぬれたりしてもいい場所(ばしょ)でやろう。

11

<ruby><rb>作</rb><rp>(</rp><rt>つく</rt><rp>)</rp></ruby>り<ruby><rb>方</rb><rp>(</rp><rt>かた</rt><rp>)</rp></ruby>

()()がかわいたら、(した)じきの(うえ)でやさしくころがす。ていねいに何度(なんど)もこすると、ピカピカになるよ。

()()水分(すいぶん)(りょう)により、()れやすくなる場合(ばあい)があります。

注意(ちゅうい):よごれたり、ぬれたりしてもいい場所(ばしょ)でやろう。

12

<ruby><rb>作</rb><rp>(</rp><rt>つく</rt><rp>)</rp></ruby>り<ruby><rb>方</rb><rp>(</rp><rt>かた</rt><rp>)</rp></ruby>

(おお)きさと色別(いろべつ)必要(ひつよう)(かず)だけつくる。

13

<ruby><rb>作</rb><rp>(</rp><rt>つく</rt><rp>)</rp></ruby>り<ruby><rb>方</rb><rp>(</rp><rt>かた</rt><rp>)</rp></ruby>

どろだんごを()(だい)をつくる。フェルトを(まる)()り、()(なか)(あな)をあける。(ほし)(かず)だけつくる。

注意(ちゅうい):はさみをつかうときは、けがをしないように()をつけよう。

14

<ruby><rb>作</rb><rp>(</rp><rt>つく</rt><rp>)</rp></ruby>り<ruby><rb>方</rb><rp>(</rp><rt>かた</rt><rp>)</rp></ruby>

どろだんごを()(いろ)画用紙(がようし)にフェルトペンで(ほし)をかき、(ほし)同士(どうし)(せん)(むす)ぶ。

15

<ruby><rb>作</rb><rp>(</rp><rt>つく</rt><rp>)</rp></ruby>り<ruby><rb>方</rb><rp>(</rp><rt>かた</rt><rp>)</rp></ruby>

(ほし)位置(いち)に13の(だい)()き、(ほし)(いろ)(おお)きさに注意(ちゅうい)して、つくったどろだんごを()いていく。

16

<ruby><rb>作</rb><rp>(</rp><rt>つく</rt><rp>)</rp></ruby>り<ruby><rb>方</rb><rp>(</rp><rt>かた</rt><rp>)</rp></ruby>

本物(ほんもの)星座(せいざ)のように、真上(まうえ)から写真(しゃしん)をとろう。

まとめ(かた)

注意(ちゅうい)

  • どろだんごをつくるときは、(かなら)ずおうちの(ひと)といっしょにしよう。
  • はじめる(まえ)に、このページをしっかり()んで、まちがった手順(てじゅん)(おこな)わないようにしよう。
  • 使(つか)材料(ざいりょう)は、おうちの(ひと)用意(ようい)してもらうこと。
  • よごれたり、ぬれたりしてもいいところでやろう。
  • ()についた(つち)やどろは、なめたり(くち)()れないこと。
  • (つち)などがついた()で、()(かお)をさわらないこと。(まん)(いち)()(はい)ったときは、すぐに大量(たいりょう)(みず)であらい(なが)すこと。
  • (つち)はとても(こま)かいので、すいこんだり、()(はい)らないように()をつけよう。マスクをしてもいいね。
  • どろだんごや()()を、(くち)()れたりしないこと。
  • はさみを使(つか)うときは、けがしないように()をつけること。また、とがった(さき)(ひと)()けたりしないこと。
  • どろだんごをつくったあとは、おうちの(ひと)といっしょに()道具(どうぐ)をきれいにあらい、しっかりあとかたづけをしよう。あらった道具(どうぐ)は、きれいになったかどうか、おうちの(ひと)にたしかめてもらおう。
  • どろだんごを()いておくときは、()ちてわれたりする心配(しんぱい)のないところに()こう。

工作(こうさく)をするときの注意(ちゅうい)

工作(こうさく)をする(まえ)(かなら)ずおうちの(かた)といっしょに()んでね。

  • 工作(こうさく)使(つか)材料(ざいりょう)道具(どうぐ)などは、使(つか)ってよいものかどうか、おうちの(ひと)(たし)かめよう。
  • はさみやカッターナイフを使(つか)うときは、けがをしないように()をつけよう。
  • つまようじやフォーク、シャープペンシルのしん、おしピンなど、(さき)のとがったものを使(つか)うときは、けがをしないように()をつけよう。
  • 工作(こうさく)・フリーアートを(はじ)める(まえ)には、まわりをかたづけよう。よごれたりぬれたりするおそれがある場合(ばあい)は、新聞紙(しんぶんし)やビニールシートをしこう。
  • カッターナイフを使(つか)うときは、(した)にカッターマットや厚紙(あつがみ)などをしいて、つくえやゆかをきずつけないようにしよう。
  • 作業(さぎょう)()わったら材料(ざいりょう)道具(どうぐ)をきちんとかたづけ、作業(さぎょう)をしていた場所(ばしょ)をきれいにしよう。
  • 工作(こうさく)使(つか)ったものや(つく)った作品(さくひん)は、(ちい)さい()()のとどかない場所(ばしょ)にしまうこと。
  • 作業(さぎょう)()わったら、(かなら)()をよくあらうこと。
  • 接着(せっちゃく)ざいは、目的(もくてき)()ったものを使(つか)おう。
  • ()渡辺(わたなべ)(きよし) 写真(しゃしん)製作(せいさく)久保(くぼ)政喜(まさき)
レポートのまとめ方
のコツはこちら!

自由研究注目ランキング

場所でさがす

ほかのいろんなさがし方

PR
PR

PAGETOP