PR

  メニュー閉じる

工作

ぴかぴかどろだんご星座(せいざ)

工作 ぴかぴかどろだんご星座(せいざ)

3色+色なしのどろだんごをたくさんつくり、ならべて星座にしよう! 星にはそれぞれ明るさの度合いを表す等星と色があるので、その等星と色のどろだんごをつくってならべると星座のようすがよくわかるよ。

3色+色なしのどろだんごをたくさんつくり、ならべて星座にしよう! 星にはそれぞれ明るさの度合いを表す等星と色があるので、その等星と色のどろだんごをつくってならべると星座のようすがよくわかるよ。 また、ぴかぴかどろだんご星座をつくるときに、星座と星について調べたことをワークシートにまとめよう。

用意するもの

  • 中のしんになる土(ねばりけがあるもの)
  • まわりにかける細かいすな
  • 色画用紙
  • 絵の具(青/赤/黄)
  • パレット
  • ふで
  • ものさし
  • フェルトペン
  • 表面がつるつるした下じき
  • フェルト
  • はさみ
  • はかり
  • ワークシート

土の選び方

中のしんになる土:ねんど質(しつ)のねばりけのあるものがよい。ふるいでふるって石などをとりのぞいて使うといいよ。
まわりにかける細かいすな:さらさらしていて、すなけむりがたつような細かいものがよい。

作り方

1.つくる星座を決めよう

1

つくる星座を決めよう

ワークシートをダウンロードしてプリントアウトし、説明や見本ページを読もう。
図鑑(ずかん)やWebサイトなどで星座について調べて、つくる星座を決めたらワークシートに書きこもう。
星の数と、それぞれの等星、色がわかったら、どろだんごで星をつくろう。

ワークシートダウンロード

2.どろだんごをつくろう

2

作り方

中のしんになる土に水を入れる。どろどろになるまでまぜよう。

注意:よごれたり、ぬれたりしてもいい場所でやろう。

3

作り方

つくる星の大きさと数に合わせて、2の土をはかりではかって分ける。

4

作り方

3のどろを手でにぎって、ぎゅうぎゅうと水をしぼり出しながら、丸い形にしていくよ。

5

作り方

手のひらで、コロコロころがしながら形を整え、でこぼこのない、きれいな丸い形にする。
形ができたら、手をあらおう。

6

作り方

5に、まわりにかける細かいすなをふりかけて、あまった土を表面をこするようにして、はらおう。手のひらで軽くにぎって丸くする。これを何度かくりかえして、よりきれいな丸にする。

7

作り方

ふたたび、6にまわりにかける細かいすなをふりかけて、表面をなでるようにしてこする。これを何度かくり返すと、表面がかたく、ツルツルになるよ。

8

作り方

4~7をくり返して、星座の星の大きさと数を合わせてつくる。どろだんごは1時間ほどかわかす。

3.色をつけよう

9

作り方

記入した ワークシートを参考にして、星座を形づくっている星の色に合わせて、青、赤、黄色の絵の具を用意しよう。

10

作り方

それぞれの絵の具に水を少しだけ入れてとかし、どろだんごにぬり、30分ほどかわかす。

※絵の具には、できるだけ水を混ぜないでぬろう。

注意:よごれたり、ぬれたりしてもいい場所でやろう。

11

作り方

絵の具がかわいたら、下じきの上でやさしくころがす。ていねいに何度もこすると、ピカピカになるよ。

※絵の具の水分量により、割れやすくなる場合があります。

注意:よごれたり、ぬれたりしてもいい場所でやろう。

12

作り方

大きさと色別に必要な数だけつくる。

13

作り方

どろだんごを置く台をつくる。 フェルトを丸く切り、真ん中に穴をあける。星の数だけつくる。

注意:はさみをつかうときは、けがをしないように気をつけよう。

14

作り方

どろだんごを置く色画用紙にフェルトペンで星をかき、星同士を線で結ぶ。

15

作り方

星の位置に13の台を置き、星の色と大きさに注意して、つくったどろだんごを置いていく。

16

作り方

本物の星座のように、真上から写真をとろう。

まとめ方

まとめ方のコツ 工作の例」を見てみよう

注意

  • どろだんごをつくるときは、必ずおうちの人といっしょにしよう。
  • はじめる前に、このページをしっかり読んで、まちがった手順で行わないようにしよう。
  • 使う材料は、おうちの人に用意してもらうこと。
  • よごれたり、ぬれたりしてもいいところでやろう。
  • 手についた土やどろは、なめたり口に入れないこと。
  • 土などがついた手で、目や顔をさわらないこと。万が一、目に入ったときは、すぐに大量の水であらい流すこと。
  • 土はとても細かいので、すいこんだり、目に入らないように気をつけよう。マスクをしてもいいね。
  • どろだんごや絵の具を、口に入れたりしないこと。
  • はさみを使うときは、けがしないように気をつけること。また、とがった先を人に向けたりしないこと。
  • どろだんごをつくったあとは、おうちの人といっしょに手や道具をきれいにあらい、しっかりあとかたづけをしよう。あらった道具は、きれいになったかどうか、おうちの人にたしかめてもらおう。
  • どろだんごを置いておくときは、落ちてわれたりする心配のないところに置こう。

工作をするときの注意

工作をする前に必ずおうちの方といっしょに読んでね。

  • 工作に使う材料(ざいりょう)や道具などは、使ってよいものかどうか、おうちの人に確(たし)かめよう。
  • はさみやカッターナイフを使うときは、けがをしないように気をつけよう。
  • つまようじやフォーク、シャープペンシルのしん、おしピンなど、先のとがったものを使うときは、けがをしないように気をつけよう。
  • 工作・フリーアートを始める前には、まわりをかたづけよう。よごれたりぬれたりするおそれがある場合は、新聞紙やビニルシートをしこう。
  • カッターナイフを使うときは、下にカッターマットや厚紙(あつがみ)などをしいて、つくえやゆかをきずつけないようにしよう。
  • 作業が終わったら材料(ざいりょう)や道具をきちんとかたづけ、作業をしていた場所をきれいにしよう。
  • 工作で使ったものや作った作品は、小さい子の手のとどかない場所にしまうこと。
  • 作業が終わったら、必ず手をよくあらうこと。
  • 接着(せっちゃく)ざいは、目的に合ったものを使おう。 絵:渡辺潔 写真・製作:久保政喜
PR
PR
PR

PAGETOP