PR

  メニュー閉じる

PR

工作

どろだんご宝石(ほうせき)をつくろう

工作 どろだんご<ruby><rb>宝石</rb><rp>(</rp><rt>ほうせき</rt><rp>)</rp></ruby>をつくろう

宝石(ほうせき)(とく)ちょうや(いろ)調(しら)べてみると、いろいろなものがあることがわかるよ。どろだんごに、()きな宝石(ほうせき)のような(いろ)やもようをつけて、ピカピカに(ひか)らせて、どろだんご宝石(ほうせき)コレクションをつくろう。

用意(ようい)するもの

  • (なか)のしんになる(つち)(ねばりけがあるもの)
  • まわりにかける(こま)かいすな
  • (みず)
  • ()()
  • パレット
  • ふで
  • 表面(ひょうめん)がつるつるした(した)じき
  • ワークシート

(つち)(えら)(かた)

(なか)のしんになる(つち):ねんど(しつ)のねばりけのあるものがよい。ふるいでふるって(いし)などをとりのぞいて使(つか)うといいよ。
まわりにかける(こま)かいすな:さらさらしていて、すなけむりがたつような(こま)かいものがよい。

(つく)(かた)

1.つくりたい宝石(ほうせき)(えら)ぼう

1

ワークシートをダウンロードして、つくりたい宝石(ほうせき)(えら)ぼう。その宝石(ほうせき)(とく)ちょうを図鑑(ずかん)やWebサイトなどで調(しら)べて、ワークシートに()きこもう。

ワークシートダウンロード

2.どろだんごをつくろう

2

注意(ちゅうい):よごれたり、ぬれたりしてもいい場所(ばしょ)でやろう。

<ruby><rb>作</rb><rp>(</rp><rt>つく</rt><rp>)</rp></ruby>り<ruby><rb>方</rb><rp>(</rp><rt>かた</rt><rp>)</rp></ruby>

ねばりけのある(つち)(なか)のしんになる(つち))に(みず)()れる。どろどろになるまでまぜよう。

3

<ruby><rb>作</rb><rp>(</rp><rt>つく</rt><rp>)</rp></ruby>り<ruby><rb>方</rb><rp>(</rp><rt>かた</rt><rp>)</rp></ruby>

2のどろを()でにぎって、ぎゅうぎゅうと(みず)をしぼり()しながら(まる)いだんごの(かたち)にしていこう。

4

<ruby><rb>作</rb><rp>(</rp><rt>つく</rt><rp>)</rp></ruby>り<ruby><rb>方</rb><rp>(</rp><rt>かた</rt><rp>)</rp></ruby>

でこぼこのない、きれいな(まる)(かたち)になるように、()のひらでコロコロころがしながら(かたち)(ととの)えていく。 きれいな(まる)(かたち)になったら、()をあらおう。

<ruby><rb>作</rb><rp>(</rp><rt>つく</rt><rp>)</rp></ruby>り<ruby><rb>方</rb><rp>(</rp><rt>かた</rt><rp>)</rp></ruby>

4に、(こま)かい(つち)(まわりにかける(つち))をふりかけて、あまった(つち)表面(ひょうめん)をこするようにして、はらおう。()のひらで(かる)くにぎって(まる)くする。これを何度(なんど)かくりかえして、よりきれいな(まる)にする。

6

<ruby><rb>作</rb><rp>(</rp><rt>つく</rt><rp>)</rp></ruby>り<ruby><rb>方</rb><rp>(</rp><rt>かた</rt><rp>)</rp></ruby>

4に、(ふたた)(こま)かい(つち)(まわりにかける(つち))をふりかけて、()表面(ひょうめん)をなでるようにしてあまった(つち)をはらい、()のひらで表面(ひょうめん)をこする。これを何度(なんど)かくりかえし、かたくてツルツルなどろだんごをつくろう。

7

<ruby><rb>作</rb><rp>(</rp><rt>つく</rt><rp>)</rp></ruby>り<ruby><rb>方</rb><rp>(</rp><rt>かた</rt><rp>)</rp></ruby>

(つく)りたい宝石(ほうせき)(かず)だけ、3~6をくりかえそう。どろだんごは、1時間(じかん)ほどかわかす。

8

<ruby><rb>作</rb><rp>(</rp><rt>つく</rt><rp>)</rp></ruby>り<ruby><rb>方</rb><rp>(</rp><rt>かた</rt><rp>)</rp></ruby>

ワークシートを参考(さんこう)にして、つくりたい宝石(ほうせき)構成(こうせい)している(いろ)()()用意(ようい)しよう。

9

<ruby><rb>作</rb><rp>(</rp><rt>つく</rt><rp>)</rp></ruby>り<ruby><rb>方</rb><rp>(</rp><rt>かた</rt><rp>)</rp></ruby>

それぞれの()()をどろだんごにぬり、30(ぷん)ほどかわかす。

()()には、できるだけ(みず)()ぜないでぬろう。

注意(ちゅうい):よごれたり、ぬれたりしてもいい場所(ばしょ)でやろう。

10

<ruby><rb>作</rb><rp>(</rp><rt>つく</rt><rp>)</rp></ruby>り<ruby><rb>方</rb><rp>(</rp><rt>かた</rt><rp>)</rp></ruby>

()()がかわいたら、(した)じきの(うえ)でやさしくころがす。ていねいに何度(なんど)もころがすと、ピカピカになるよ。
どろだんご宝石(ほうせき)のできあがり!

()()水分(すいぶん)(りょう)により、()れやすくなる場合(ばあい)があります。

注意(ちゅうい):よごれたり、ぬれたりしてもいい場所(ばしょ)でやろう。

まとめ(かた)

注意(ちゅうい)

  • どろだんごをつくるときは、(かなら)ずおうちの(ひと)といっしょにしよう。
  • (はじ)める(まえ)にこの(つく)(かた)をしっかり()んで、まちがった手順(てじゅん)(おこな)わないようにしよう。
  • 使(つか)材料(ざいりょう)は、おうちの(ひと)用意(ようい)してもらうこと。
  • よごれたり、ぬれたりしてもいいところでやろう。
  • ()についた(つち)やどろは、なめたり(くち)()れたりしないこと。
  • (つち)などがついた()()(かお)をさわらないこと。(まん)(いち)()(はい)ったときは、すぐに大量(たいりょう)(みず)であらい(なが)すこと。
  • (つち)はとても(こま)かいので、すいこんだり、()(はい)らないように()をつけよう。マスクをしてもいいね。
  • どろだんごや()()を、(くち)()れたりしないこと。
  • どろだんごを(つく)ったあとは、おうちの(ひと)といっしょに()道具(どうぐ)をきれいにあらい、しっかりあとかたづけをしよう。あらった道具(どうぐ)は、きれいになったかどうかおうちの(ひと)にたしかめてもらおう。
  • どろだんごを()いておくときは、()ちてわれたりする心配(しんぱい)のないところに()こう。

工作(こうさく)をするときの注意(ちゅうい)

工作(こうさく)をする(まえ)(かなら)ずおうちの(かた)といっしょに()んでね。

  • 工作(こうさく)使(つか)材料(ざいりょう)道具(どうぐ)などは、使(つか)ってよいものかどうか、おうちの(ひと)(たし)かめよう。
  • はさみやカッターナイフを使(つか)うときは、けがをしないように()をつけよう。
  • つまようじやフォーク、シャープペンシルのしん、おしピンなど、(さき)のとがったものを使(つか)うときは、けがをしないように()をつけよう。
  • 工作(こうさく)・フリーアートを(はじ)める(まえ)には、まわりをかたづけよう。よごれたりぬれたりするおそれがある場合(ばあい)は、新聞紙(しんぶんし)やビニールシートをしこう。
  • カッターナイフを使(つか)うときは、(した)にカッターマットや厚紙(あつがみ)などをしいて、つくえやゆかをきずつけないようにしよう。
  • 作業(さぎょう)()わったら材料(ざいりょう)道具(どうぐ)をきちんとかたづけ、作業(さぎょう)をしていた場所(ばしょ)をきれいにしよう。
  • 工作(こうさく)使(つか)ったものや(つく)った作品(さくひん)は、(ちい)さい()()のとどかない場所(ばしょ)にしまうこと。
  • 作業(さぎょう)()わったら、(かなら)()をよくあらうこと。
  • 接着(せっちゃく)ざいは、目的(もくてき)()ったものを使(つか)おう。
レポートのまとめ方
のコツはこちら!

自由研究注目ランキング

場所でさがす

ほかのいろんなさがし方

PR
PR

PAGETOP