PR

  メニュー閉じる

PR

実験

いろいろな球のはねかえり方を調べてみよう

実験 いろいろな球のはねかえり方を調べてみよう

種類のちがうボールを落として、どのようにはね返るのかを調べてみよう。はね返りやすいボールはどれだろう。はね返る面を変えると、はね返り方はどのように変わるだろう。鉄球をトランポリンではね返らせるおもちゃ(ブーントリックス)を使うと、より調べやすくなるよ。

卓球の球
ゴムボール

用意するもの

  • ボール(卓球の球、ゴムボール、軟式テニスボール、野球のボールなど)
  • ものさし
  • ねんど
  • 布や紙など
  • ブーントリックス」の鉄球、トランポリンなど

実験のしかた

ボールを決まった高さから落として、はね返った球の高さを測る。何回か測って、平均値をとる(写真にとっておくと、高さが測りやすいよ)。

同じボールで落とす位置を変えて、いろいろな高さから落として、はね返った高さを測る。何回か測って、平均値をとる。

別のボールでもと同じ高さから落として、はね返った高さを測る。何回か測って、平均値をとる。

次に、ボールが落ちる場所に布を置いて、と同じ高さからボールを落として、ボールがはね返った高さを測る。何回か測って、平均値をとる。

発展

ブーントリックスを使って、鉄球のはね返り方を調べてみよう。
タワーから、ゆかに鉄球を落としたときと、トランポリンに落としたとき
タワーから、固い面に鉄球を落としたときと、やわらかい面に落としたとき
といったように条件を変えて、鉄球のはね返り方を調べてみよう。

ゆかに落とす
トランポリンに落とす

固い面に落とす
やわらかい面に落とす

まとめ方

条件を変えてボールを落とし、はね返る高さがどう変わるのかを表やグラフにして表す。ボールがよくはね返るには、どんな条件を満たしていればよいのかを考えてまとめてみよう。

(表の例)

ゴムボールの場合
100㎝の高さから落としたときにはね返った高さ

1回目62㎝
2回目55㎝
3回目60㎝
4回目58㎝
5回目59㎝
平均58.8㎝

50㎝の高さから落としたときにはね返った高さ

1回目34㎝
2回目28㎝
3回目29㎝
4回目31㎝
5回目33㎝
平均31.0㎝

落とした高さより高くはね返ることはない!

ボールを落とすときに条件を変えると、ボールのはね返り方が変わるが、どのときにも共通するのは、「ボールは落とした高さより高くはね返ることはない」ということ。

ボールを高い所から落とし、ボールが何かにぶつかると、ボールが持っていたエネルギーの一部が熱などに変化するため、はね返った後はボールをもとの高さまで上げるエネルギーは残っていないからなんだ。

注意

  • 実験をするときは、必ずおうちの人に実験することを伝えておこう。
  • 実験で使う道具や材料などは、使ってよいものかどうか、おうちの人に確かめよう。
  • ひとりで実験するのがむずかしいときは、おうちの人に手伝ってもらおう。
  • 実験が終わったらきちんとあと片付けをして、実験に使ったものを、家族やペットがふんだり、口に入れたりしないように気をつけよう。とくに小さい子どもの手がとどかないところにしまおう。
  • 実験をした後は、必ず手をよくあらおう。
  • ボールをなめたり、口に入れたりしないこと。
  • 小さい子がボールを口に入れたりしないように気をつけよう。

PR
PR

夏休みおうえんスペシャル

PAGETOP