PR

  メニュー閉じる

PR

工作

よくはずむボールを作ってはね返り方を調べてみよう

工作 よくはずむボールを作ってはね返り方を調べてみよう

せんたくのりと塩から、よくはずむボールを作ってみよう。できたボールを使って、ボールのはね返り方について調べてみよう。

用意するもの

  • せんたくのり(必ず「P.V.A.」と書いているもの)50mL
  • 塩 大さじ1ぱい
  • プラスチックコップ
  • わりばし(または細い棒)
  • ポリエチレン製の手ぶくろ
  • ブーントリックス」のトランポリン
  • ゴムボール
  • ものさし
  • ねんど

作り方

せんたくのり(50mL)をコップに入れる。

塩を大さじ1ぱい入れ、わりばしでかきまぜる。

手ぶくろをして、②でかきまぜたかたまりを取り出す。

片手でしぼるようにおし固める。さらに両手の指で、中心に向かって1分くらい強くおす。

できるだけきれいな球になるように形を整える。

はね返り方を調べよう

作った“よくはずむボール”をはずませて、はね返り方を調べてみよう。

机にまっすぐに落とし、はね返った高さを測る。何回か測って、平均値をとる(写真にとっておくと、高さが測りやすいよ)。

ゴムボールとはね返り方を比べる。

ブーントリックスのトランポリンに落とし、はね返った高さを測る。

発展

せんたくのりと塩の割合を変えてボールを作り、それぞれのボールのはね返り方を調べてみよう。

まとめ方

よくはずむボールの作り方を説明する。作った“よくはずむボール”がはね返る高さを、①ゴムボールと、②机に落としたときやブーントリックスのトランポリンに落としたときとのそれぞれのはね返りの高さを比べ、その結果をグラフなどに表す。

(グラフの例)

落とす高さ:50cm
落とす面:机

注意

  • 工作をするときは、必ずおうちの人に工作することを伝えておこう。
  • ボールを作るときは、ぬれたり、汚れたりしてもよい服装と場所で作ろう。
  • 工作で使う道具や材料などは、使ってよいものかどうか、おうちの人に確かめよう。
  • ひとりで工作するのがむずかしいときは、おうちの人に手伝ってもらおう。
  • 工作が終わったらきちんとあと片付けをして、工作に使ったものを、家族やペットがふんだり、口に入れたりしないように気をつけよう。とくに小さい子どもの手がとどかないところにしまおう。
  • 工作をした後は、必ず手をよくあらおう。
  • できあがったボールをなめたり、口に入れないこと。
  • 小さい子がボールを口に入れたりしないように気をつけよう。

PR
PR

夏休みおうえんスペシャル

PAGETOP