PR

  メニュー閉じる

PR

実験

カラフル巻寿司(まきずし)
色変(いろが)わり実験(じっけん)

実験 カラフル<ruby><rb>巻寿司</rb><rp>(</rp><rt>まきずし</rt><rp>)</rp></ruby><br><ruby><rb>色変</rb><rp>(</rp><rt>いろが</rt><rp>)</rp></ruby>わり<ruby><rb>実験</rb><rp>(</rp><rt>じっけん</rt><rp>)</rp></ruby>

巻寿司(まきずし)使(つか)う“すし(めし)”のすっぱさのもとは()。そのすっぱさがきみの(しょく)よくをしげきして、(あつ)(なつ)にはぴったりの()(もの)になるよね。さて、その()はどんな性質(せいしつ)があるのかな。そのひみつを()()かす(たす)けになるあるものを使(つか)って実験(じっけん)してみよう!

用意(ようい)するもの

すし(めし)巻寿司(まきずし)1(ぽん)(ぶん)

  • パックになっているごはん(かためにたいたごはんでも()い)…200g
  • 冷凍(れいとう)ブルーベリー…50g
  • すし()…20mL(使(つか)うすし()()いてある分量(ぶんりょう)

具材(ぐざい)

  • たまご…2つ
  • カラフル巻寿司(まきずし)()具材(ぐざい)
  • 海苔(のり)(ぜん)(けい))…1(まい)

道具(どうぐ)

  • はかり
  • 計量(けいりょう)スプーン
  • さら
  • スプーン
  • フォーク
  • さいばし
  • ()きす
  • ほうちょう
  • まな(いた)などの調理(ちょうり)器具(きぐ)

実験(じっけん)方法(ほうほう)

カラフルすし(めし)をつくる

1

ブルーベリーの<ruby><rb>皮</rb><rp>(</rp><rt>かわ</rt><rp>)</rp></ruby>をつぶすようにしてスプーンでしばらくまぜると、ブルーベリー<ruby><rb>色</rb><rp>(</rp><rt>いろ</rt><rp>)</rp></ruby>のしるが出てくる。

冷凍(れいとう)ブルーベリーを冷凍(れいとう)()から()し、15~30(ふん)ぐらいおいて(すこ)しとかす。ブルーベリーの(かわ)をつぶすようにしてスプーンでしばらくまぜると、ブルーベリー(いろ)のしるが()てくる。

2

つぶしたブルーベリーをごはんにまぜ、全体(ぜんたい)にまんべんなく(いろ)をつける。

ブルーベリーをごはんにまぜ、<ruby><rb>色</rb><rp>(</rp><rt>いろ</rt><rp>)</rp></ruby>をつける。

3

ごはんの<ruby><rb>半分</rb><rp>(</rp><rt>はんぶん</rt><rp>)</rp></ruby>ぐらいにすし<ruby><rb>酢</rb><rp>(</rp><rt>ず</rt><rp>)</rp></ruby>をかけてまぜてみよう。

ごはんの半分(はんぶん)ぐらいにすし()をかけてまぜてみよう。
どんな変化(へんか)があるかな?

ごはんの<ruby><rb>半分</rb><rp>(</rp><rt>はんぶん</rt><rp>)</rp></ruby>ぐらいにすし<ruby><rb>酢</rb><rp>(</rp><rt>ず</rt><rp>)</rp></ruby>をかけてまぜてみよう。

4

どんな<ruby><rb>色</rb><rp>(</rp><rt>いろ</rt><rp>)</rp></ruby>になった?

変化(へんか)観察(かんさつ)したら全体(ぜんたい)をまぜる。
どうなるかな?

たまごの白身(しろみ) 色変(いろが)わり実験(じっけん)

5

<ruby><rb>白身</rb><rp>(</rp><rt>しろみ</rt><rp>)</rp></ruby>だけを<ruby><rb>取</rb><rp>(</rp><rt>と</rt><rp>)</rp></ruby>り<ruby><rb>出</rb><rp>(</rp><rt>だ</rt><rp>)</rp></ruby>す。

たまご2つの白身(しろみ)だけを()()し、かきまぜる。
黄身(きみ)はあとで使(つか)うのでとっておく。

6

ブルーベリーのしるを<ruby><rb>出</rb><rp>(</rp><rt>だ</rt><rp>)</rp></ruby>す。

とかした冷凍(れいとう)ブルーベリー8〜10つぶの(かわ)をつぶすようにしてブルーベリーのしるを()す。

7

ブルーベリーのしるをたまごの<ruby><rb>白身</rb><rp>(</rp><rt>しろみ</rt><rp>)</rp></ruby>に<ruby><rb>入</rb><rp>(</rp><rt>い</rt><rp>)</rp></ruby>れる。

ブルーベリーのしるをたまごの白身(しろみ)()れる。

8

マーブルもようになるように、フォークで<ruby><rb>少</rb><rp>(</rp><rt>すこ</rt><rp>)</rp></ruby>しだけまぜる。

しるがマーブルもようになるように、フォークで(すこ)しだけまぜる。

9

どんな<ruby><rb>色</rb><rp>(</rp><rt>いろ</rt><rp>)</rp></ruby>になるかな?

(すこ)しおいて変化(へんか)()てみよう。どんな(いろ)になるかな?

(いろ)()わるのを観察(かんさつ)したら、黄身(きみ)といっしょにまぜて玉子焼(たまごやき)にするといいよ。

カラフル巻寿司(まきずし)をつくる

実験(じっけん)でできたカラフルすし(めし)と、色変(いろが)わりした白身(しろみ)黄身(きみ)をまぜた玉子焼(たまごやき)使(つか)って巻寿司(まきずし)にしてみよう。
ここでは、サーモンとアボカド、ベーコンとチーズを()わせてみた。
きみも、カラフル巻寿司(まきずし)()()(かんが)えて、自由(じゆう)()いてみよう!
巻寿司(まきずし)()(かた)は、「巻寿司(まきずし)マスターへの(みち)」にくわしく()いてあるよ。

巻寿司(まきずし)マスターへの(みち)

カラフル<ruby><rb>巻</rb><rp>(</rp><rt>ま</rt><rp>)</rp></ruby>きずしのできあがり!

なぜ? どうして?

<ruby><rb>酸性</rb><rp>(</rp><rt>さんせい</rt><rp>)</rp></ruby>かアルカリ<ruby><rb>性</rb><rp>(</rp><rt>せい</rt><rp>)</rp></ruby>かわかるぞ。

ブルーベリーから()()したむらさきのしるは酸性(さんせい)やアルカリ(せい)のものにふれると(いろ)()わる性質(せいしつ)がある。
それは、ブルーベリーにふくまれる「アントシアニン」という色素(しきそ)によるもので、ブルーベリーのしるとまぜたものが(あか)っぽくなったら、それは酸性(さんせい)(あお)っぽくなったらアルカリ(せい)ということ。

この色変(いろが)わりを使(つか)えば、ブルーベリーのしるをまぜた食品(しょくひん)酸性(さんせい)かアルカリ(せい)かがわかるってわけ。

ブルーベリーごはんにすし()をかけたらこいピンク(いろ)になったので、すし()酸性(さんせい)。たまごの白身(しろみ)にブルーベリーのしるを()れたら(あお)っぽい(いろ)になったので、たまごの白身(しろみ)はアルカリ(せい)ってことだね。

イラストにあるPH(ピーエイチ、ペーハー)は、酸性(さんせい)やアルカリ(せい)をあらわす(あたい)で、()(なか)の7が中性(ちゅうせい)だよ。中性(ちゅうせい)場合(ばあい)は、ブルーベリーのしるとまぜても(いろ)()わらない。

ほかにもアントシアニンがふくまれている(しょく)(ひん)があるぞ。もっと実験(じっけん)してみよう!

まとめ(かた)

この実験(じっけん)をしようと(おも)ったきっかけを()き、実験(じっけん)予想(よそう)()く。準備(じゅんび)するものと実験(じっけん)手順(てじゅん)()く。
実験(じっけん)でできたカラフルすし(めし)玉子焼(たまごやき)使(つか)ってつくったカラフル巻寿司(まきずし)写真(しゃしん)をとり、わかったことや感想(かんそう)()こう。

もっと実験(じっけん)してみよう!

用意(ようい)するもの

  • 冷凍(れいとう)ブルーベリー…10つぶぐらい
  • むらさきキャベツ…30g
  • むらさきいもパウダー…少々(しょうしょう)
  • (みず)
  • ()
  • (じゅう)そう
  • 製氷(せいひょう)(ざら)
  • スライサー
  • ビニール(ぶくろ)

1

3種類(しゅるい)のしるを用意(ようい)する。

  • ブルーベリーのしる
  • むらさきキャベツから()()したしる
  • むらさきいもパウダーを(みず)にとかしたしる
うすくスライスして<ruby><rb>冷凍</rb><rp>(</rp><rt>れいとう</rt><rp>)</rp></ruby>したむらさきキャベツ。

むらさきキャベツはスライサーで(ほそ)()りビニール(ぶくろ)()れて冷凍(れいとう)したものを使(つか)う。

2

<ruby><rb>少量</rb><rp>(</rp><rt>しょうりょう</rt><rp>)</rp></ruby>の<ruby><rb>水</rb><rp>(</rp><rt>みず</rt><rp>)</rp></ruby>を<ruby><rb>加</rb><rp>(</rp><rt>くわ</rt><rp>)</rp></ruby>えてもむとしるが<ruby><rb>出</rb><rp>(</rp><rt>で</rt><rp>)</rp></ruby>てくる。

少量(しょうりょう)(みず)(くわ)えてもむとしるが()てくる。ビニール(ぶくろ)のはしを(すこ)しきってあなをあけ、しるを()()そう。

3

3種類(しゅるい)のしるに(すこ)(みず)()れてうすめる。うすめるのは、色変(いろが)わりがよくわかるため。
製氷(せいひょう)(ざら)(そこ)から3~5mmぐらいの分量(ぶんりょう)を3つずつ()けて()れる。

4

()(じゅう)そう(たまごの白身(しろみ)(おな)じようにアルカリ(せい))をそれぞれ()れてみて、どうなるか観察(かんさつ)しよう。

※ここで、たまごの白身(しろみ)使(つか)わないのは、ねばりけがあって使(つか)いにくいため。

この実験(じっけん)でわかったことを使(つか)ったら、もっとカラフルな巻寿司(まきずし)ができるかも!
(かんが)えてみよう。

注意(ちゅうい)

  • (はじ)める(まえ)に、このページをしっかり()んで、まちがった手順(てじゅん)(おこな)わないようにしよう。
  • 巻寿司(まきずし)をつくる(まえ)には(かなら)()をあらうこと。また、せいけつな(ふく)そうで、エプロンなどをつけ、せいけつな道具(どうぐ)使(つか)おう。
  • 実験(じっけん)したり巻寿司(まきずし)をつくるとき、ほうちょうを使(つか)うときは、(かなら)ずおうちの(ひと)といっしょにしよう。
  • 使(つか)材料(ざいりょう)は、おうちの(ひと)用意(ようい)してもらうこと。
  • むらさきキャベツをスライスするときや巻寿司(まきずし)()るときは、けがをしないように()をつけよう。
  • ()使(つか)うときは、やけどに注意(ちゅうい)すること。
  • つくった巻寿司(まきずし)は、その()のうちに()べきること。
  • 巻寿司(まきずし)をつくったあとは、おうちの(ひと)といっしょに()道具(どうぐ)をきれいにあらい、しっかりあとかたづけをしよう。
  • あらった道具(どうぐ)は、きれいになったかどうか、おうちの(ひと)にたしかめてもらおう。
レポートのまとめ方
のコツはこちら!

自由研究注目ランキング

場所でさがす

ほかのいろんなさがし方

PR
PR

PAGETOP