PR

  メニュー閉じる

実験

炭酸水(たんさんすい)を作ろう

実験 炭酸水(たんさんすい)を作ろう

重そうとクエン酸(さん)を水にとかして、二酸化炭素(にさんかたんそ)を発生させる。その二酸化炭素を、ペットボトルに入れた水にとかし、炭酸水をつくる。二酸化炭素をとかしたときのペットボトルの変化を調べる。

用意するもの

  • 500mLの炭酸用ペットボトル
  • 冷やした水
  • ビニルぶくろ
  • 重そう15g
  • クエン酸15g
  • 水300mL
  • ストロー

実験方法

1

実験方法

空のペットボトル(炭酸飲料が入っていたもの、500mL入り)に、冷たい水200mLを入れておく。

注意:まわりがぬれたりよごれたりしてもいい場所で実験しよう。

2

実験方法

ビニルぶくろに、重そうとクエン酸を各15g入れる。

3

実験方法

なるべくビニルふくろの中の空気をぬいておく。

ビニルぶくろに、水100mLを入れる。いきおいよくあわが出て、二酸化炭素が発生するので、ストローを差しこんでビニルぶくろの口をにぎってとじる。

4

実験方法

ストローの片方の先を、水を入れたペットボトルに差しこみ、二酸化炭素をペットボトルに送る。

5

実験方法

1分ほどしたら、ペットボトルからすばやくストローをぬき、すぐにふたをしめる。

6

実験方法

ペットボトルを、よくふる。
ペットボトルがへこむ。

なぜ? どうして?

ペットボトルがへこんだわけ

ペットボトルがへこんだわけ

ペットボトルの中に入れた二酸化炭素が水にとけ、その分、ペットボトルがへこんだ。

気体のとけ方

気体のとけ方

二酸化炭素は、水の温度が低いほどたくさんとける。水の温度が上がると、それまでとけていた二酸化炭素が水からぬけ出してしまい、「気がぬけた」状態(じょうたい)になってしまう。

水温が上がると、それまでとけていた二酸化炭素がぬける。

まとめ方

実験の手順を書き、結果を書く。
重そうとクエン酸の量を変えたりして試した結果もまとめる。

まとめ方のコツ 実験の例」を見てみよう

注意

  • 実験は、必ずおうちの人といっしょにしよう。
  • 実験前にこのレシピをしっかり読んで、まちがった手順で行なわないようにしよう。
  • 実験に使う材料は、おうちの人に用意してもらうこと。
  • 重そう、クエン酸、水の分量を正しく守りましょう。 重そうやクエン酸は、必ず食べてもよいものを使いましょう。また、直せつ口に入れないようにしましょう。 重そうとクエン酸を、直せつペットボトルに入れてふたをしめたり、密閉(みっぺい)できるよう器に入れないようにしよう。はれつするおそれがあります。
  • まわりがぬれたりよごれてもいい場所で実験しよう。
  • 実験のあとは、おうちの人といっしょに手や道具をきれいにあらい、しっかりあとかたづけをしよう。

実験をするときの注意

実験をする前に必ずおうちの方といっしょに読んでね。

  • 実験をするときは、必ずおうちの人に実験することを伝えておこう。
  • 実験に使う材料(ざいりょう)や道具などは、使ってよいものかどうか、おうちの人ひとに確(たし)かめよう。
  • 火や化学薬品、電気製品(せいひん)などを使うときは、かならずおうちの人といっしょにしよう。
  • つまようじやフォーク、シャープペンシルのしんなど、先のとがったものを使うときは、けがをしないように気をつけよう。
  • はさみやカッターナイフを使うときは、けがをしないように気をつけよう。
  • むずかしい実験をするときは、おうちの人に手伝ってもらおう。
  • 実験に使った食べ物などは、絶対(ぜったい)に口に入れないこと。
  • 実験が終わったらきちんとあとかたづけをし、実験に使ったものを、家族が口に入れたりしないように気をつけよう。
  • 実験で使ったものや作った作品は、小さい子の手のとどかない場所にしまうこと。
  • 実験をしたあとは、必ず手をよくあらうこと。
PR
PR
PR

PAGETOP