PR

  メニュー閉じる

PR

実験

スケルトンたまごを作ろう

実験 スケルトンたまごを作ろう

うずらのたまごをレモン果じゅうにひたしてみよう。たまごのからがとけて中の黄身が見えるようになっちゃうよ。

用意するもの

用意するもの
  • レモン果じゅう
  • うずらのたまご
  • とう明なプラスチックコップ(たまごが入るくらいの大きさ)
  • はさみ
  • カメラ

実験方法

1

実験方法

プラスチックコップをはさみで切って小さくしてうずらのたまごを入れる。

※プラスチックコップは、うずらのたまごを入れたときにレモン果じゅうにつかるくらいの大きさにする。

※はさみで切るときは、指などをけがしないように注意する。

2

実験方法

プラスチックコップにレモン果じゅうを入れる。

※うずらのたまごがレモン果じゅうにつかるようにする。

3

実験方法

毎日、たまごのからの様子を観察して、その様子をメモしたり、カメラでさつえいしたりして記録する。

4

実験方法

一日おき程度にレモン果じゅうを入れかえる。

5

4日~5日程度でからが溶け終わったらたまごを取り出して観察して記録する。

なぜどうして?

たまごのからの構成成分(こうせいせいぶん)は大部分が炭酸(たんさん)カルシウムで、レモン果(か)じゅうのクエン酸(さん)と反応(はんのう)して、からがやわらかくなる。

この実験では、炭酸カルシウムでできたたまごのからをレモン果じゅうのクエン酸が溶(と)かしたんだ。

体内に取り込まれたクエン酸には、 カルシウムや鉄(てつ)分など、体に吸収(きゅうしゅう)されにくい栄養分(えいようぶん)を溶けやすい形に変えるはたらきがある。

これをキレート作用といい、健康(けんこう)に役立つと言われているぞ。

また、細ぼうや血管(けっかん)がきずついたり、病気を防(ふせ)ぐ効果(こうか)がある とも言われているんだ。

発展

レモンを切ったりしぼったりする手間がいらない100%レモン果じゅうがスーパーなどで売られている。

水でうすめて濃度(のうど)のちがうクエン酸溶液(ようえき)を作り、たまごのからが溶けるようすを観察(かんさつ)してみよう。

まとめ方

レモン果じゅうにうずらのたまごを入れ、からのようすを観察して表にしてまとめ用。

まとめ方

まとめ方のコツ 実験の例」を見てみよう

注意

  • 実験をする前に、やり方をよく読んでからはじめよう。
  • はさみを使うときは、ケガをしないように注意すること。
  • プラスチックコップの切り口でケガをしないように注意すること。
  • 実験中は、プラスチックコップをたおしたりしないように、置き場所に注意しよう。
  • レモン果じゅうがついた手で目や顔をさわったりしないこと。
  • 実験に使用したたまごやレモン果じゅうは、口にしないこと。
  • 実験のあとは手洗いとあとかたづけをしよう。ゆかに置いたままにすると、ふみつけてケガをすることがありあぶないよ。

実験をするときの注意

実験をする前に必ずおうちの方といっしょに読んでね。

  • 実験をするときは、必ずおうちの人に実験することを伝えておこう。
  • 実験に使う材料(ざいりょう)や道具などは、使ってよいものかどうか、おうちの人ひとに確(たし)かめよう。
  • 火や化学薬品、電気製品(せいひん)などを使うときは、かならずおうちの人といっしょにしよう。
  • つまようじやフォーク、シャープペンシルのしんなど、先のとがったものを使うときは、けがをしないように気をつけよう。
  • はさみやカッターナイフを使うときは、けがをしないように気をつけよう。
  • むずかしい実験をするときは、おうちの人に手伝ってもらおう。
  • 実験に使った食べ物などは、絶対(ぜったい)に口に入れないこと。
  • 実験が終わったらきちんとあとかたづけをし、実験に使ったものを、家族が口に入れたりしないように気をつけよう。
  • 実験で使ったものや作った作品は、小さい子の手のとどかない場所にしまうこと。
  • 実験をしたあとは、必ず手をよくあらうこと。
PR
PR

PAGETOP