夏休み!自由研究プロジェクト2017

自由研究アイデアデータベース

この自由研究をやってみたいと思ったら、ボタンをクリック!

 

→ランキングはここで見られるよ

  • 小学5・6年生中学生

実験方法

輪ゴムは熱を加えると縮むんだ。その性質を利用して、回転する力に結びつけたものがこの輪ゴムエンジンだ。セロハンテープの輪をそっと手で回したときにスムーズに回転するように、ねん土を使って重さのバランスを微調整するよ。この微調整を根気よく行うのが、実験成功のポイントだよ!

まとめ方

ドライヤーの熱で、輪がどのくらいのスピードで回るのかを、分かりやすく記録しよう。ドライヤーに温度の高さの切りかえがあれば、切りかえたときの変化もまとめよう。また、苦労したところや、注意したところなどを書くといいよ。

用意するもの

重そう、クエン酸、かたくり粉、はちみつ、計量カップ、計量スプーン、ボウル、ポリエチレン手ぶくろ、ステンレストレー、シール容器(密封容器)、かんそうざい、ラップクッキー抜き型

輪ゴムエンジン

科学実験のまとめ方の例を見てみよう

注意

ドライヤーの熱でやけどをしないように十分気をつけよう。また、火は決して使わないこと。
カッターナイフや、つまようじでけがをしないように気をつけよう。

科学実験をするときの注意(実験をする前に必ずおうちの方といっしょに読んでね。)

絵と案/西山直樹

自由研究の本『すぐできる! よくわかる! 学研キッズネットの自由研究 小学生』に、もっとくわしくのってるよ。

こんな自由研究もおすすめ

  お助けグッズ 対象学年 かかる期間
  • 小学5・6年生中学生
1日