PR

  メニュー閉じる

PR

工作

【100円ショップ大実験】小型(こがた)マッサージ機をせおってたわしが走り出す

工作 【100円ショップ大実験】小型(こがた)マッサージ機をせおってたわしが走り出す

たわしと小型(こがた)マッサージ機。おかしな取り合わせですが、とても面白い実験ができます。
小型(こがた)マッサージ機のふるえをエネルギーにして、たわしが生き物のように走り出すのです。

用意するもの

・たわし
・小型(こがた)マッサージ機
・乾電池
・はり金やひも

やり方

●作り方

たわしに、小型(こがた)マッサージ機をはり金やひもで結びつけます。小型マッサージ機の位置を調節して、たわしがかたむかないようにしましょう。

●走らせてみよう

小型(こがた)マッサージ機のスイッチを入れて、なめらかなテーブルやゆかの上に置きます。すると、たわしが走り出します。

●自由研究のヒント

小型(こがた)マッサージ機の向きを変えると、たわしが動く方向が変わります。小型(こがた)マッサージ機の向きをいろいろ変えて試してみましょう。
たわし以外のものでも試してみましょう。小型(こがた)マッサージ機の種類もいろいろあります。

どうしてこうなるの?

●なぜ、たわしが動くのだろう

小型(こがた)マッサージ機のモーターには、わざと中心をずらしたアンバランスなおもりが付いています。そのため、モーターが回転するとブルブルふるえます。
このふるえがたわしの毛に伝わって、テーブルの表面を引っかくように動くので、たわしは走るのです。

たたみ、じゅうたんなど、たわしを走らせる場所を変えてやってみましょう。速さや動く方向はどう変わるでしょうか。

PR
PR

PAGETOP