PR

  メニュー閉じる

PR

工作

水で洗っても落ちないよごれやウイルスが、石けんで落ちるのはなぜ?

工作 水で洗っても落ちないよごれやウイルスが、石けんで落ちるのはなぜ?

手や体を清潔(せいけつ)にする石けんは、新型(しんがた)コロナウイルス感染症(かんせんしょう)など、病気の予防(よぼう)にも役立っている。どうしてよごれやウイルスを落とすことができるのだろう?

●この工作は、まとめに便利なパソコンソフト PowerPoint(パワーポイント)用のテンプレートが用意されています。ぜひ使ってみてね。

まとめ用テンプレートはコチラ

石けんの性質を知ろう

 石けんは、油になじみやすい部分[親油基(しんゆき)]と、水になじみやすい部分[親水基(しんすいき)]でできている。水だけでは落ちにくい油分をふくんだよごれも、石けんを使えば、油になじみやすい部分がその周りをとりかこみ、水になじみやすい部分がうかび上がらせて落とすことができる。
 石けんのように、水と油の両方の性質(せいしつ)を持って、その境目(さかいめ)を混(ま)じり合わせるものを“界面活性剤(かいめんかっせいざい)”というよ。

石けんの分子の模式図
石けんを使えば、親油基(油になじみやすい部分)が汚れの周りをとりかこみ、親水基(水になじみやすい部分)がうかび上がらせて落とすことができる。

 体から出る皮脂(ひし)は油分をふくんでいるので、石けんを使うと、皮脂やほこりなどのよごれといっしょに、ウイルスや細菌(さいきん)を洗(あら)い流して落とすことができる。
 また、新型コロナウイルスのように脂質の膜(まく)でおおわれたウイルスは、界面活性剤のはたらきでその膜がこわれ、感染する力が弱まる。だから、新型コロナウイルス感染症など、病気の予防にも効果があるんだ。

固形石けんと液体石けんのちがいは?

 石けんには、おもに固形と液体(えきたい)の2種類がある。どちらの石けんを使うことが多いかな?

 固形石けんも、液体石けんも、牛脂、ヤシ油、パーム油、オリーブ油など、動物や植物からとれる油脂を原料にして作るよ。

 原料に加える化学物質(かがくぶっしつ)の種類のちがいで、2種類の石けんができる。固形石けんを水にとかしたものが液体石けんではないんだよ。
 固形石けんは、原料と水酸(さん)化ナトリウムを反応(はんのう)させて作る。
 液体石けんは、原料と水酸化カリウムを反応させて作る。水にとけやすいので、液体石けんに向いている。

 固形石けんのほうが水でといていないので、ふくまれる石けんの成分が多く、洗浄(せんじょう)力が高いが、液体石けんはあわ立てやすいので、洗浄力が発揮しやすいなど、それぞれに特ちょうがある。
 しかし、両方とも界面活性剤が入っているので、よごれを落とす働きは変わらない。
どちらも十分にあわ立てて、ていねいに洗えば、よごれやウイルスなどをしっかり落とすことができるよ。

石けんをつくってみよう

液体石けんに、こい食塩水を混ぜると、石けんのかたまりができるよ。

自分だけの石けんをつくって、その手順を自由研究にまとめてみよう。パソコンソフト PowerPoint(パワーポイント)用のテンプレートを用意しているよ。

まとめ用テンプレートはコチラ

●実験の方法と結果

1、2Lのペットボトルに水500mLを入れる。約180gの塩をとかす。

2、コップに4分の1くらい液体石けんを入れ、①の食塩水をコップいっぱいに入れる。

3、石けんのかたまりがうかぶので、こしあみやコーヒーフィルターなどでこす。

4、ねんどやクッキーの型ぬきに入れ、かわいたら型からぬく。

完成!
楽しもう Office 夏休み自由研究特集
学年別に自由研究のテーマのテンプレートがあるよ! 自分の研究に合ったものを探しに行こう!
PR
PR

夏休みおうえんスペシャル

PAGETOP