PR

  メニュー閉じる

PR

観察

氷のとけ方をくらべよう!

観察 氷のとけ方をくらべよう!

暑い夏は、実験もすずしくなるようなものがいいね。氷を使って、とけ方の実験をしてみよう。

1 風を当てると氷はとけやすい?

1つめは、せん風機で氷に風を当てた氷と風を当てない氷のとけ方をくらべてみよう。
せん風機の風はすずしいから、風を当てた氷はとけにくいのかな。

用意するもの

氷(同じ大きさで同じ形のもの 2こ)、皿(同じ大きさで同じ形、色のもの 2こ)、
せん風機、時計(ストップウォッチでもよい)

実験の方法

①冷凍(とう)庫から同じ大きさ、形の氷を2こ出して、それぞれ皿に置く。

②1つはせん風機の風を当て、もう1つは風が当たらないようにする[そのほかの条件(じょうけん)は変えない]。

③それぞれのとけ方を5分ごとに観察する。

予想しよう

どちらの氷がとけやすいか、それはなぜかを予想しよう。

結果をまとめよう

実験の結果や予想通りだったかなどをまとめよう。

せん風機の風を当てた氷の方がはやくとけた。

せん風機が、冷たい空気をふき飛ばした

風を当てた氷の方がとけやすい理由を考えてみよう。
氷は周りの空気より冷たいので、氷の周りの空気が冷やされる。
せん風機で風を当てると、冷たい空気がふき飛ばされ、温かい空気が周りから移動(いどう)するため、とけやすい。

2 包んだ氷はとけにくい?

2つめは、新聞紙、ガーゼ、アルミはくで氷を包み、とけ方を比べる実験だ。
ガーゼはさわると温かい手ざわりがするから、とけやすいかな。

用意するもの

氷(同じ大きさで同じ形のもの 4こ)、皿(4まい)、新聞紙、ガーゼ、アルミはく、時計(ストップウォッチでも)

実験の方法

①冷凍庫から同じ大きさ、形の氷を 4こ出す。

②1つはそのまま皿に置き、残りは、新聞紙、ガーゼ、アルミはくで包んで皿に置く[そのほかの条件(じょうけん)は変えない]。  
※実験を始める時間にできるだけ差が出ないように、すばやく包もう。

③それぞれのとけ方を5分ごとに観察する。

予想しよう

どの氷がとけやすいか、それはなぜかを予想しよう。

結果をまとめよう

実験の結果や予想通りだったかなどをまとめよう。

アルミはくで包んだ氷がはやくとけた。新聞紙とガーゼで包んだ氷はとけにくかった。

熱を伝えやすいもので包むととけやすい

アルミニウムは熱を伝えやすいので、アルミはくで包んだ氷は、周りの空気の熱が伝わってはやくとけた。

新聞紙とガーゼは熱を伝えにくいので、周りから熱が伝わりにくく、氷はなかなかとけなかった。

氷を、ガラスの皿、金属(きんぞく)の皿、発泡(はっぽう)スチロールにのせて、とけ方を調べてもいいね。

3 とけてもわれない氷

氷をつり糸でわったはずなのに、またくっついてしまう。不思議な氷の実験をしてみよう。

●注意

氷をさわるときは、軍手をつけよう。

ぬれてもよい場所で実験しよう。

つり糸でけがなどをしないように気をつけよう。

用意するもの

牛乳パック、水、つり糸(テグス)、ペットボトル(2L入り)、台(2個)、軍手

実験の方法

①牛にゅうパックをよくあらい、9割(わり)くらい水を入れ、冷凍庫でこおらせる。
※こおると体積が増えるので、いっぱいにはしないこと。

②ペットボトルに水を入れ、口につり糸を結んでふたをする。これがおもりになる。

③ ①がこおったら、牛にゅうパックから出して台の間に置く。
※冷凍庫から出し、数分置いて少し氷をとかしてからパックをやぶる。

④氷に②をかける。

⑤おもりや氷がどうなるか調べる。

予想しよう

おもりや氷はどうなるか、それはなぜかを予想しよう。

結果をまとめよう

実験の結果や予想通りだったかなどをまとめよう。

つり糸があたっているところの氷がとけ、つり糸はだんだん下がっていく。
つり糸は氷をつきぬけるが、氷は割れないでくっついている。

圧力をかけると氷がとける

氷を強くおすなど、圧力(あつりょく)をかけると氷がとけるが、圧力がなくなるとまたこおるため(「復氷(ふくひょう)」という)、つり糸が氷をつきぬけても氷はわれない。

圧力をかけるととけるが、圧力がなくなると、ふたたびくっつく。

PR
PR

夏休みおうえんスペシャル

PAGETOP