PR

  メニュー閉じる

PR

観察

1か月で収穫できる! “小松菜”を観察しよう

観察 1か月で収穫できる! “小松菜”を観察しよう

煮(に)もの、いためもの、しるもの、つけものと、いろいろな料理で活躍(かつやく)する小松菜は、栄養価(えいようか)も高いすぐれものの野菜だよ。育てやすく、短期間で収穫(しゅうかく)できるので、家庭菜園にもおすすめだよ。

●この観察は、まとめに便利なパソコンソフト PowerPoint(パワーポイント)用のテンプレートが用意されています。ぜひ使ってみてね。

まとめ用テンプレートはコチラ

小松菜ってどんな野菜?

 小松菜はアブラナ科の野菜で、キャベツや白菜の仲間。関東地方の代表的な野菜のひとつで、冬が旬(しゅん)[自然の中で育てた野菜やくだものがたくさんとれる時期]であることから、冬菜、雪菜とも呼(よ)ばれるよ。現在(げんざい)はビニールハウスでも栽培(さいばい)され、一年中出回っている。東京都で江戸(えど)時代から栽培されている「伝統(でんとう)小松菜」や、冬の寒さに当てて葉をちぢませる「ちぢみ小松菜」などの品種があるよ。

 小松菜は、皮ふやねん膜(まく)を強くするカロテン、かぜなどの病気から体を守るビタミンC、骨(ほね)を育てるカルシウム、おもに赤血球をつくる鉄分などをたっぷりとふくんでいる。日々の食事に取り入れたい、栄養価(か)の高い野菜だ。

小松菜はビニールハウスでも栽培され、一年中出回っている。

小松菜をプランターで栽培しよう

 小松菜は種をまいてから1か月ほどで収穫できる。プランターでも育てやすいので、挑戦(ちょうせん)してみよう。プランターは日当たりがよい場所に置こう。風通しをよくすることもポイントだ。

 小松菜は種から育てるのが一般(いっぱん)的。暑さに強い品種、寒さに強い品種があるので、栽培したい時期に合った種を選ぼう。プランターは24L(深さ15cm~25cm、はば20cm、おく行き65cmほど)のものを用意しよう。
 種、野菜用培(ばい)養土(14L)、鉢(はち)底石(2L)、シャベル、はさみ、じょうろ、防虫(ぼうちゅう)ネットをそろえる。

〔種まき〕

1、プランターに鉢底石を高さ2cmほど入れる。

2、1の上に、野菜用培養土を入れる。プランターの上から高さ2cmほどまで入れて、平らにする。

3、深さ1cmほどの浅いみぞを2列、10cm間を開けてつくる。

4、みぞに種を1cm~2cm間かくでまく。

5、土の表面がかわかないように水をまく。

●春から夏にかけては、害虫(あぶらむしなど)が多いので、防虫ネットでおおっておくといい。

〔発芽~収穫〕

1、発芽したら、1日に1回は水をまき、土の表面がかわかないようにする。

2、ふた葉が開いたら、間引き(生長が早く太い芽を選んで、ほかの芽を引きぬく作業)をする。ふた葉の間が3cmほど開くようにする。

3、間引いた後は、手で土寄(よ)せ(芽の根元に土を寄せて、根が土から出ないようにする作業)をする。

4、本葉が育って2~3枚(まい)になったら、2回目の間引きをする。株(かぶ)の間が5cmほど開くようにする。間引いた葉は食べることができる。

5、20~25cmほどの高さになったら、はさみで根元を切るか、手で根から引きぬいて収穫する。

●大きくなりすぎると葉がかたくなってしまうので、早めに収穫しよう。

小松菜の成長を記録しよう

●小松菜の子葉は何枚?

子葉とは、種から発芽した植物のはじめに出る葉のこと。小松菜の子葉は2枚ある。
子葉が2枚の植物を、双子(ふたご)葉類というよ。
小松菜は種をまいてから3~4日で発芽する。子葉の様子を観察しよう。

●小松菜の根はどうなっている?

小松菜を間引いたら、根の部分を観察しよう。
双子葉類の植物の根は、主根という大きな根っこから、細い側根が枝(えだ)分かれしている。
根がついたまま販売(はんばい)されている小松菜もあるので、スーパーなどで探(さが)してみよう。

●収穫したら、全体を観察しよう

小松菜は育ちすぎると葉がかたくなってしまうので、20~25cmの高さになったら収穫する。
観察するときは、手で根ごと引きぬいて収穫しよう。

:しゃもじ型(がた)。葉にはほとんど切れこみがない。
葉柄:葉を支(ささ)えて茎(くき)につく、柄のような部分。葉とこの部分を食べる。
:短い茎がある。
:茎の下に根がある。

花が咲くまで育てよう

葉を食べる小松菜は、花がさく前に収穫されることが多い。
数株残して、花をさかせて観察してみよう。

小松菜は、黄色い十字形の花がさく。
アブラナ科の植物の花のしくみは同じで、4枚の花弁(かべん)[花びら]が十字のように見えるのが特ちょうだ。

花のつくりを細かく見ると、小松菜の花は、花弁が1枚ずつはなれていることがわかる。このような花を、離弁花(りべんか)と言う。
花弁の外側には「がく片(へん)」が4枚あり、めしべ、おしべを保護(ほご)している。
めしべは1本、おしべは6本ある。6本のおしべのうち、4本は長く、2本は短くなっているよ。

観察シートにまとめよう

観察が終わったら、メモと写真、イラストを使って、観察シートにわかりやすくまとめよう。
パソコンソフト PowerPoint(パワーポイント)用のテンプレートを用意しているよ。

まとめ用テンプレートはコチラ

収穫した小松菜を料理してみよう

収穫した小松菜で料理をつくり、まとめに加えてもいいね。

おみそしるやおひたし、煮ものなど、おうちの人と相談して、いろんなメニューをつくってみよう。

楽しもう Office 夏休み自由研究特集
学年別に自由研究のテーマのテンプレートがあるよ! 自分の研究に合ったものを探しに行こう!
PR
PR

夏休みおうえんスペシャル

PAGETOP