PR

  メニュー閉じる

PR

工作

ななめ回転(かいてん)ごま

工作 ななめ<ruby><rb>回転</rb><rp>(</rp><rt>かいてん</rt><rp>)</rp></ruby>ごま

ふつうのこまは、じくがかたむいていると、じくの(あたま)(えん)をえがくようになって、(なが)(まわ)(つづ)けられない。でも、プリンカップとつまようじで、ななめのままのしせいで(まわ)(つづ)ける、おもしろいこまをつくれるよ。

用意(ようい)するもの

  • プリンカップ((そこ)にあなをあけられないもの)
  • つまようじ
  • 目打(めう)ちなどあなをあけるもの
  • ペン(キャップか本体(ほんたい)(さき)にくぼみのあるもの)

(つく)(かた)

プリンカップの(そこ)のまん(なか)に、ちょうどつまようじがさせるくらいのあなをあける。最初(さいしょ)(ちい)さめにあけて、つまようじをさしてみて調整(ちょうせい)する。

つまようじのとがったほうがプリンカップの内側(うちがわ)にくるように、まっすぐにさしこむ。これがこまの「じく」になるよ。

じくをななめにして(ゆび)(うえ)(まわ)して、じくの位置(いち)()める。じくの(あたま)(えん)をえがくときは、じくを()()げして調節(ちょうせつ)しよう。

(あそ)(かた)

ペンの(さき)に、じくをななめにしてあて、こまを(まわ)す。じくの(さき)がこまの重心(じゅうしん)位置(いち)にくると、こまはななめのまま回転(かいてん)(つづ)けるよ。

こまがななめのままで(まわ)るのは、なぜ?

(まわ)っているものは、(そと)から(ちから)(くわ)わらない(かぎ)り、たおれずに回転(かいてん)するじくの()きを(たも)とうとする性質(せいしつ)がある。このため、こまはいったんななめに(まわ)りだすと、そのままのしせいでしばらく(まわ)(つづ)けるんだ。

まとめ(かた)

注意(ちゅうい)

  • 工作(こうさく)使(つか)材料(ざいりょう)道具(どうぐ)などは、使(つか)ってよいものかどうか、おうちの(ひと)(たし)かめよう。
  • つまようじの(さき)目打(めう)ちを()(ゆび)などにさしてけがをしないように、()をつけよう。
  • カップにあなをあけるのは、大人(おとな)(ひと)にやってもらおう。
  • 作業(さぎょう)()わったら材料(ざいりょう)道具(どうぐ)をきちんとかたづけ、作業(さぎょう)をしていた場所(ばしょ)をきれいにしよう。
  • 工作(こうさく)使(つか)ったものや(つく)った作品(さくひん)は、(ちい)さい()()のとどかない場所(ばしょ)にしまうこと。
  • 作業(さぎょう)()わったら、(かなら)()をよくあらうこと。
レポートのまとめ方
のコツはこちら!

自由研究注目ランキング

場所でさがす

ほかのいろんなさがし方

PR
PR

PAGETOP