PR

  メニュー閉じる

PR

工作

日本(にほん)(でん)とう(てき)(いろ)(たの)しもう

工作 <ruby><rb>日本</rb><rp>(</rp><rt>にほん</rt><rp>)</rp></ruby>の<ruby><rb>伝</rb><rp>(</rp><rt>でん</rt><rp>)</rp></ruby>とう<ruby><rb>的</rb><rp>(</rp><rt>てき</rt><rp>)</rp></ruby>な<ruby><rb>色</rb><rp>(</rp><rt>いろ</rt><rp>)</rp></ruby>を<ruby><rb>楽</rb><rp>(</rp><rt>たの</rt><rp>)</rp></ruby>しもう

平安時代(へいあんじだい)のきぞくの女性(じょせい)十二単(じゅうにひとえ)()ていたんだ。(かみ)コップを、いろいろな日本(にほん)(でん)とう(てき)(いろ)にぬって、(かさ)ねて、その(いろ)()()わせの(うつく)しさを(たの)しもう。

平安時代(へいあんじだい)のきぞくの女性(じょせい)十二単(じゅうにひとえ)()ていたんだ。(かみ)コップを、いろいろな日本(にほん)(でん)とう(てき)(いろ)にぬって、(かさ)ねて、その(いろ)()()わせの(うつく)しさを(たの)しもう。

日本(にほん)(でん)とう(てき)(いろ)

(いろ)名前(なまえ)色味(いろみ)には、いくつかの(せつ)があります。

<ruby><rb>日本</rb><rp>(</rp><rt>にほん</rt><rp>)</rp></ruby>の<ruby><rb>伝</rb><rp>(</rp><rt>でん</rt><rp>)</rp></ruby>とう<ruby><rb>的</rb><rp>(</rp><rt>てき</rt><rp>)</rp></ruby>な<ruby><rb>色</rb><rp>(</rp><rt>いろ</rt><rp>)</rp></ruby>

このほかにも、(ほん)やインターネットなどで調(しら)べてみよう。インターネットで調(しら)べるときは、「日本(にほん)伝統(でんとう)(しょく)
」「かさね色目(いろめ)」などのキーワードでけんさくしてみよう。

用意(ようい)するもの

  • (かみ)コップ10こ
  • ()()
  • ふで
  • フェルトペン
  • 画用紙(がようし)
  • おしピン
  • ようじ
  • セロハンテープ
  • はさみ

(つく)(かた)

1

<ruby><rb>作</rb><rp>(</rp><rt>つく</rt><rp>)</rp></ruby>り<ruby><rb>方</rb><rp>(</rp><rt>かた</rt><rp>)</rp></ruby>

すべての(かみ)コップの(くち)部分(ぶぶん)を、はさみで三角形(さんかくけい)()る。

2

<ruby><rb>作</rb><rp>(</rp><rt>つく</rt><rp>)</rp></ruby>り<ruby><rb>方</rb><rp>(</rp><rt>かた</rt><rp>)</rp></ruby>

()()をまぜて、日本(にほん)(でん)とう(てき)(いろ)をつくり、1(しょく)ずつ(かみ)コップをぬる。

3

<ruby><rb>作</rb><rp>(</rp><rt>つく</rt><rp>)</rp></ruby>り<ruby><rb>方</rb><rp>(</rp><rt>かた</rt><rp>)</rp></ruby>

画用紙(がようし)女性(じょせい)のきぞくの(かお)をつくって、セロハンテープでようじをはる。

4

<ruby><rb>作</rb><rp>(</rp><rt>つく</rt><rp>)</rp></ruby>り<ruby><rb>方</rb><rp>(</rp><rt>かた</rt><rp>)</rp></ruby>

すべての(かみ)コップの(そこ)()(なか)に、おしピンであなをあけて、③でつくったきぞくの(かお)がささるようにする。

5

<ruby><rb>作</rb><rp>(</rp><rt>つく</rt><rp>)</rp></ruby>り<ruby><rb>方</rb><rp>(</rp><rt>かた</rt><rp>)</rp></ruby>

日本(にほん)(でん)とう(しょく)にぬった(かみ)コップを(かさ)()わせて、季節(きせつ)(いろ)(あらわ)したり、(いろ)()()わせの(うつく)しいものや、きみが()きな()()わせをさがしてみよう。よい(いろ)()()わせが()まったら、つくった(かお)をさしてつけよう。

まとめ(かた)

注意(ちゅうい)

  • 工作(こうさく)使(つか)材料(ざいりょう)道具(どうぐ)などは、使(つか)ってよいものかどうか、おうちの(ひと)(たし)かめよう。
  • 工作(こうさく)(はじ)める(まえ)には、まわりをかたづけよう。よごれたりぬれたりするおそれがある場合(ばあい)は、新聞紙(しんぶんし)やビニールシートをしこう。
  • はさみを使(つか)うときは、けがをしないように()をつけよう。
  • おしピン、ようじを使(つか)うときは、けがをしないように()をつけよう。
  • 作業(さぎょう)()わったら材料(ざいりょう)道具(どうぐ)をきちんとかたづけ、作業(さぎょう)をしていた場所(ばしょ)をきれいにしよう。
  • 工作(こうさく)使(つか)ったものや(つく)った作品(さくひん)は、(ちい)さい()()のとどかない場所(ばしょ)にしまうこと。
レポートのまとめ方
のコツはこちら!

自由研究注目ランキング

場所でさがす

ほかのいろんなさがし方

PR
PR

PAGETOP