PR

  メニュー閉じる

工作

日本の伝とう的な色を楽しもう

工作 日本の伝とう的な色を楽しもう

平安時代のきぞくの女性は十二単(じゅうにひとえ)を着ていたんだ。紙コップを、いろいろな日本の伝とう的な色にぬって、重ねて、その色の組み合わせの美しさを楽しもう。

平安時代のきぞくの女性は十二単(じゅうにひとえ)を着ていたんだ。着物の色の組み合わせで、季節の色を表したり、色の重なりを楽しんだり、その美しさを競い合ったといわれているよ。紙コップを、いろいろな日本の伝とう的な色にぬって、重ねて、その色の組み合わせの美しさを楽しもう。

日本の伝とう的な色

※色の名前と色味には、いくつかの説があります。

日本の伝とう的な色

このほかにも、本やインターネットなどで調べてみよう。インターネットで調べるときは、「日本の伝統色(でんとうしょく)」「かさね色目」などのキーワードでけんさくしてみよう。

用意するもの

  • 紙コップ10こ
  • 絵の具
  • ふで
  • フェルトペン
  • 画用紙
  • おしピン
  • ようじ
  • セロハンテープ
  • はさみ

作り方

1

作り方

すべての紙コップの口の部分を、はさみで三角形に切る。

2

作り方

絵の具をまぜて、日本の伝とう的な色をつくり、1色ずつ紙コップをぬる。

3

作り方

画用紙で女性のきぞくの顔をつくって、セロハンテープでようじをはる。

4

画用紙で女性のきぞくの顔をつくって、セロハンテープでようじをはる。

すべての紙コップの底の真ん中に、おしピンであなをあけて、③でつくったきぞくの顔がささるようにする。

5

作り方

日本の伝とう色にぬった紙コップを重ね合わせて、季節の色を表したり、色の組み合わせの美しいものや、きみが好きな組み合わせをさがしてみよう。よい色の組み合わせが決まったら、つくった顔をさしてつけよう。

まとめ方

まとめ方のコツ 工作の例」を見てみよう

注意

  • 工作に使う材料(ざいりょう)や道具などは、使ってよいものかどうか、おうちの人に確(たし)かめよう。
  • 工作を始める前には、まわりをかたづけよう。よごれたりぬれたりするおそれがある場合は、新聞紙やビニルシートをしこう。
  • はさみを使うときは、けがをしないように気をつけよう。
  • おしピン、ようじを使うときは、けがをしないように気をつけよう。
  • 作業が終わったら材料(ざいりょう)や道具をきちんとかたづけ、作業をしていた場所をきれいにしよう。
  • 工作で使ったものや作った作品は、小さい子の手のとどかない場所にしまうこと。
PR
PR

夏休みおうえんスペシャル

PR