PR

  メニュー閉じる

工作

縄文(じょうもん)クッキーをつくろう

工作 縄文(じょうもん)クッキーをつくろう

縄文時代の人は、ドングリやクリ、クルミを食べていたことが分かっているよ。そのときにあったと思われる食材で、縄文クッキーをつくって食べてみよう。

縄文時代の人は、ドングリやクリ、クルミを食べていたことが分かっているよ。縄文時代の遺跡(いせき)からは、丸くて平らな形をした食べ物が見つかっていて、縄文クッキーとよばれている。それ以外の材料ははっきりとはわかっていないけど、そのときにあったと思われる食材で、縄文クッキーをつくって食べてみよう。

用意するもの

  • ドングリ粉(100g 韓国(かんこく)食材として売られている)
  • クルミ(25g 生、もしくは、ローストされたもの)
  • クリ(25g 焼いたものもしくは、にたもの、アマグリでもよい)
  • 長イモ(80g)
  • ウズラのたまご(3こ)
  • すりばち
  • すりこぎ
  • ボウル
  • フライパン
  • フライ返し
  • おろし器
  • 使いすてのポリエチレン手ぶくろ


※ドングリ粉がない場合は、クルミとクリをそれぞれ75g にして作ってみよう。

作り方

1

作り方

クルミとクリを、すりばちとすりこぎを使って、粉にする。

注意:始める前に手をよくあらおう。

2

作り方

おろし器で長イモをすりおろす。

※手ぶくろを使用する。

注意:おろし器で手指をけがしないように気をつけよう。
   長イモで手指がかゆくなることがあるので注意しよう。

3

作り方

①でつくった粉とドングリ粉と長イモをボウルに入れて、そこにわったウズラのたまごを3こ入れる。

4

作り方

手でよくまぜて、こねる。

※手ぶくろを使用する。

5

作り方

適当な大きさに丸めてから、平らにする。

※厚(あつ)いと火が通りにくくなるので、厚くなりすぎないように注意する。

※水分が多くて手ぶくろにべとつくときは、スプーンでボール状に分けて、フライパンの上でうすくのばす。

6

作り方

フライパンで弱火で焼く。ときどきフライ返しでひっくりかえして、十分に焼く。こげつきそうなフライパンを使用するときは、油をしいて焼こう。

注意:火を使うときは必ずおうちの人といっしょに行うこと。
   やけどをしないように注意しよう。

できあがり!

できあがり!

縄文の人々の生活を想ぞうしながら食べよう。

現代のクッキーとくらべると、かたく、味もそぼくだよ!

おなかにあわないといけないので、食べすぎにないようにね!

まとめ方

まとめ方のコツ 工作の例」を見てみよう

注意

保護者の方へ

下記の注意及び作り方を熟読し、お子さんにとって無理と判断された場合は実施しないでください。各々の自己責任において、無理のない実施をお願いいたします。

  • 使用する材料のアレルギー物質については、各々、十分に注意すること。
  • 作る前には衛生(えいせい)上、手と使用する器具をよくあらってから始めること。
  • ほうちょうを使用するときは十分注意すること。無理な場合は、おうちの人に手伝ってもらおう。
  • おろし器を使用するときは手指を切らないよう注意すること。また素手(すで)で長イモにさわるとかぶれることがあるので注意しよう。
  • 衛生上、粉を練ったり丸めるときは、使いすての手ぶくろをしよう。
  • 火を使うときは、必ずおうちの人といっしょにすること。
  • 料理は、キッチンなどぬれてもいい場所でしよう。
  • 焼き上がってすぐのクッキーはとても熱いので、冷めてから食べよう。また、作ったその日のうちに食べきり、保存(ほぞん)はしないこと。
  • ドングリ粉などがおなかにあわないといけないので、食べすぎにないようにしよう。
  • 実験後は手指や器具をきれいにあらい、きちんとあとかたづけすること。また、あらったあとは、きれいになったかどうか必ずおうちの人にたしかめてもらおう。

* 食べ物を作るため、食品の衛生には十分に気をつけてください。
また アレルギー物質に関しては、十分に気をつけてください。

工作をするときの注意

工作をする前に必ずおうちの方といっしょに読んでね。

  • 工作に使う材料(ざいりょう)や道具などは、使ってよいものかどうか、おうちの人に確(たし)かめよう。
  • はさみやカッターナイフを使うときは、けがをしないように気をつけよう。
  • つまようじやフォーク、シャープペンシルのしん、おしピンなど、先のとがったものを使うときは、けがをしないように気をつけよう。
  • 工作・フリーアートを始める前には、まわりをかたづけよう。よごれたりぬれたりするおそれがある場合は、新聞紙やビニルシートをしこう。
  • カッターナイフを使うときは、下にカッターマットや厚紙(あつがみ)などをしいて、つくえやゆかをきずつけないようにしよう。
  • 作業が終わったら材料(ざいりょう)や道具をきちんとかたづけ、作業をしていた場所をきれいにしよう。
  • 工作で使ったものや作った作品は、小さい子の手のとどかない場所にしまうこと。
  • 作業が終わったら、必ず手をよくあらうこと。
  • 接着(せっちゃく)ざいは、目的に合ったものを使おう。

協力:山梨県埋蔵文化財センター

ウェブページには、発掘についてのQ&A コーナーもあるよ。また、山梨県で行われる発掘体験や土器づくり・石器づくりなど、古代の人々の生活を体験する学習会の紹介もあるよ。

PR
PR
PR

PAGETOP