PR

  メニュー閉じる

工作

わらじをあんで、はいてみよう

工作 わらじをあんで、はいてみよう

わらじは、稲(いな)わらで作られたはきもの。稲わらのかわりにビニールひもを使って、わらじをあんで、はいてみよう。

わらじは、稲(いな)わらで作られたはきもので、平安時代から広まり、主に旅などの長いきょりを歩くためや、山での仕事のために使われていた。今でも、祭のみこしのかつぎ手がはいたり、山仕事をする人がはいたりして使われているよ。稲わらのかわりにビニールひもを使って、わらじをあんで、はいてみよう。

用意するもの

用意するもの

【わらじ一足分】

  • 太めのビニールひも 4mを2本/2mを約16本
  • はさみ

作り方

1

作り方

たてひも(4m)を図のように足にかける。

⑬まで足にかけて作業する

注意:手指、足指に強くまきつけないでね。

2

作り方

よこひも(2m)のはしを図の位置に2回まきつける。

3

作り方

図のように、右から左によこひもを通す。

4

作り方

よこひもを図の位置に2回まきつける

5

作り方

図のように、左から右によこひもを通す。

6

作り方

図のように、右から左によこひもを通す。このとき、よこひものはしをまきこむ。

7

作り方

図のように、左から右によこひもを通す。

8

作り方

図のように、右から左によこひもを通す。足の大きさとくらべながら、⑦と⑧の作業をくりかえす。

よこひもが左右に1おうふくしたところで、指でよこひも同士のすき間をつめる。

⑦と⑧をくり返して、よこひものはしが来たらまん中⑮でうらに出す。(うらに出したはしはで3cmくらいに切る。)つぎたすよこひもも、はしをうらに3cmくらい出して、まん中からつぎたし、左右に通して行く。

9

作り方

完成図を見て、乳を作る位置で、よこひもを左右のはしではみ出させる。

10

作り方

はみださせたよこひもの根元によこひもを2回まいて乳をつくる。

11

作り方

よこひもをつぎたしながら、左右に通していく。

12

作り方

完成図を見て、もう1組の乳を作る位置で、よこひもを左右のはしではみ出させる。

13

作り方

はみださせたよこひもの根元によこひもを2回まいて乳をつくる。

14

作り方

わらじがはける大きさになったら、足からはずして、かえしの根元の部分に、よこひもを2~3回まいて、しっかりとむすぶ。あまったよこひもを切る。

注意:はさみを使用するときはけがをしないように気をつけよう。

15

作り方

図のように緒の根元に2つ結び目をつくる。うらに出たよこひものはしを3cmくらいに切ったら、かた方ができあがり。もうかた方を作ったら完成!

わらじのはき方(例)

1

わらじのはき方(例)

親指と人さし指の間に緒を入れて、緒のはしを、前の方の乳に通して交差させる。

2

わらじのはき方(例)

緒のはしを、かかと部分のかえしに通す。

3

わらじのはき方(例)

緒のはしを、①で交差させたところと、後ろの方の乳に通す。

4

わらじのはき方(例)

緒のはしを、足首にまいてむすぶ。緒が長すぎるときは短く切る。

注意:きつくまき過ぎないよう注意しよう。

まとめ方

まとめ方のコツ 工作の例」を見てみよう

注意

保護者の方へ

下記の注意及び作り方を熟読し、お子さんにとって無理と判断された場合は実施しないでください。各々の自己責任において、無理のない実施をお願いいたします。

  • 子どもだけで行うと、思わぬきけんがある。必ずおうちの人といっしょに作ろう。
  • 作り方の説明をしっかり読み、ルールを守って作ること。
  • 使う材料や道具は、必ずおうちの人に用意してもらおう。
  • ひもを手指や首にまきつけないこと。ケガをしたり、ちっそくのきけんがあるよ。
  • 足指・手指(ひもがふれる部分)にきずなどがある場合は、作るのをやめておこう。
  • はさみを使用するときは、けがをしないように気をつけること。
  • 終わったら、きちんとあとかたづけをし、小さい子の手のとどかないところにしまおう。
  • 作った「わらじ」をはいて道路を歩かないこと。すべって転んだり、道路に落ちているものでけがをしたりすることがあり、きけんだよ。

*「わらじ」を作成することは、あくまでも体験学習です。実際のはき物を作ることではありません。

工作をするときの注意

工作をする前に必ずおうちの方といっしょに読んでね。

  • 工作に使う材料(ざいりょう)や道具などは、使ってよいものかどうか、おうちの人に確(たし)かめよう。
  • はさみやカッターナイフを使うときは、けがをしないように気をつけよう。
  • つまようじやフォーク、シャープペンシルのしん、おしピンなど、先のとがったものを使うときは、けがをしないように気をつけよう。
  • 工作・フリーアートを始める前には、まわりをかたづけよう。よごれたりぬれたりするおそれがある場合は、新聞紙やビニルシートをしこう。
  • カッターナイフを使うときは、下にカッターマットや厚紙(あつがみ)などをしいて、つくえやゆかをきずつけないようにしよう。
  • 作業が終わったら材料(ざいりょう)や道具をきちんとかたづけ、作業をしていた場所をきれいにしよう。
  • 工作で使ったものや作った作品は、小さい子の手のとどかない場所にしまうこと。
  • 作業が終わったら、必ず手をよくあらうこと。
  • 接着(せっちゃく)ざいは、目的に合ったものを使おう。
PR
PR

夏休みおうえんスペシャル

PR