PR

  メニュー閉じる

工作

ひらひらチョウチョをつくろう

工作 ひらひらチョウチョをつくろう

せっ着ざいでできる、布(ぬの)や針金(はりがね)を使った楽しい工作にチャレンジ! ちょっとした風でもひらひらと動く、ステキなチョウチョをつくろう。

用意するもの

材料

ひらひらチョウチョで用意するもの
  • 布(50×30cmくらい) 2まい
  • アルミの針金(太さ1.5~2mm) 2m
  • 毛糸 並太(なみぶと)くらい(めんやあさの糸でも良い) 2.5mくらい
  • 細いタコ糸(またはレース糸) 40cm
  • 軽いねんど(ソフトクレイ)サーモンピンク
    ピンク色がなかったら、白いねんどに赤い絵のぐをまぜてピンク色にしよう。
  • 竹ヒゴ 長さ 36cmくらい
  • だんボール
  • くぎ(長さ2~3cm、3~4cm)それぞれ3~4本
  • デコレーションボール
    鼻用 直径1~1.5cmくらい 1こ
    かざり用0.8~1cmくらい 8こ
  • ペットボトル
    なかにきれいな砂(すな)やビー玉を入れる。水を入れてもいいよ。

せっ着ざい

  • ボンド 裁ほう上手(さいほうじょうず)
  • ボンド 裁ほう上手 スティック
  • ボンド アロンアルフア EXTRA速効多用途(エクストラそっこうたようと)
  • ボンド 木工用

道具

  • ガラスビンまたはジュースのかん 直径約7~8cm
    まるい羽の形をつくるときに使うよ。
  • はさみ、ものさし、2Bくらいのえんぴつ、油性ペン(黒)、マスキングテープ、ラジオペンチ、きり、工作をするときに下にしく古新聞

つくり方

4まいの羽をつくる

1

針金を50cmの長さに2本、40cmの長さに2本、15cmの長さに1本切る。

アルミの針金を50cmの長さに2本、40cmの長さに2本、15cmの長さに1本切る。

2

ガラスビンを使って、50cmの針金に丸みをつける。

ガラスビンを使って、50cmの針金に丸みをつける。

3

針金の先をねじって、とめる。

針金の先をねじって、とめる。これが1まいの羽になる。
×部分をしっかり持ってねじるときれいにできるよ。

4

羽のつけ根の部分をおる。

もう1本の50cmの針金で同じ羽の形をつくったら、羽のつけ根の部分をおる。同じ大きさの羽が同じ形になるように、最初につくった羽と重ねて形を整えよう。
40cmの針金も同じつくり方だよ。

5

針金をふたつおりにする。

15cmの針金をふたつおりにする。

6

針金のパーツのできあがり。

これで針金のパーツのできあがり。

7

羽を布におき、のりしろをつくる。

羽の形の針金を布の上において、マスキングテープで3カ所とめる。
針金の外側1cmくらいのところに、えんぴつで線を引いて、のりしろをつくる。

8

布を切って、『ボンド 裁ほう上手 スティック』をふちにそってぬる。

えんぴつの線で布を切って、『ボンド 裁ほう上手 スティック』をふちにそってぬる。
スティックをまっすぐ立てて、むらにならないように均一(きんいつ)にぬろう。
※針金をはずすとき、針金のとじ目があたる場所にえんぴつでしるしをつけておこう。

9

のりしろ部分にはさみで切りこみを入れる。

のりしろ部分にはさみで切りこみを入れる。
※カーブの強い所は細かく切りこみを入れよう。だいたい1.5cmはばくらいが目安だよ。カーブがゆるい所は2cmはばくらいで切るときれいにつくれるよ。

10

布に針金をおき、のりしろをたたむ。

布に針金をおき、のりしろ3カ所を内側におって針金を仮止(かりど)めする。そして、おった3カ所のまわりから少しずつおりたたむ。

11

針金の根もとをツメでおさえて、しっかりくっつける。

針金の根もとをツメでおさえて、しっかりくっつける。
※ヘラなどでしっかりおさえると、きれいな仕上がりになるよ。

羽のうらとおもて

12

同じように小さな羽もつくろう。

羽を組み立てる

1

チョウチョの体の寸法。

羽を固定するチョウチョの体をだんボール紙でつくる。

2

羽の針金の先の向きをそろえて、はる位置を決める。

羽の針金の先の向きをそろえて、はる位置を決める。

4まいの羽をアロンアルフアでせっ着する。

はる位置を決めたら、4まいの羽を『ボンド アロンアルフア』でせっ着する。

注意:『ボンド アロンアルフア』が布につくと、発熱(はつねつ)するおそれがあります。

布にたらさないように気をつけましょう。

針金がしっかりつくように、わりばしでおさえる。

針金がしっかりつくように、わりばしでおさえよう。

注意:『ボンド アロンアルフア』を直せつさわらないように気をつけましょう。

3

ダンボールにアロンアルフアをつけて、つつみこむようにせっ着する。

羽がしっかりくっついたら、もう一度、針金の表面に『ボンド アロンアルフア』をつけて、だんボールの片側をおりたたむ。だんボールに『ボンド アロンアルフア』をつけて、つつみこむようにせっ着する。

4

うら側にタコ糸を結ぶ。

うら側にぶら下げるためのタコ糸を結び、結び目に『ボンド 木工用』をつける。
かわいたらよぶんな糸を切ろう。

結び目に『ボンド 木工用』をつける。

5

くぎでバランスをとる。

糸を持って、チョウチョのバランスをみる。オシリが下がるように、ダンボールの体にくぎをさして重さをちょうせつする。

 

バランスがとれたら、さしこんだくぎがぬけないように、くぎのすきまに『ボンド アロンアルフア』をつける。

6

毛糸をまく。

だんボールの表面に『ボンド 裁ほう上手』をつけて、毛糸をまく。1回まいたら、毛糸の上にせっ着ざいをつけたして、2回目をまく。
まきおわりは、毛糸の先をすき間にさしこんでから、ぬけないように『ボンド 裁ほう上手』をつける。

毛糸の上にせっ着ざいをつけたして、2回目をまく。

7

体から出ている針金に頭のねんどさしこむ。

ねんどで直径2.5cmくらいの頭をつくり、体から出ている針金にさしこむ。
頭のつけ根と、針金の出口に『ボンド 木工用』をつける。

※ねんどと『ボンド 木工用』がかわいて固まるまで、しばらくそっとおいておこう。

8

鼻をつけて目をかく。

ねんどが固まったら、頭から出ている針金の先を同じ長さに切って、先を丸める。
鼻用のデコレーションボールを1か所切る。たいらな面に『ボンド 裁ほう上手』をぬって顔にくっつけ、油性ペンで目をかこう。

9

チョウチョのできあがり。

体にもデコレーションボールをつけて毛糸のすき間などをかくせば、チョウチョのできあがり!

ひらひらチョウチョにしよう

1

糸を竹ヒゴに結ぶ。

背中につけた糸が20cmくらいの長さになる所で、竹ヒゴにまきつけて結ぶ。
結び目には『ボンド 木工用』をつける。
※『ボンド 木工用』をつければ、結び目が固定されるので一回結べば十分だよ。

2

きりでペットボトルのふたにあなをあける。

きりでペットボトルのふたにあなをあけ、きれいな砂やビー玉などを入れて重くしたペットボトルにさせば、ステキなかざりになるよ。

ひらひらチョウチョのできあがり

竹ヒゴの反対側におもりを下げると、モビールにもなるよ。いろいろ工夫してみよう。

竹ヒゴの反対側におもりを下げたると、モビールにもなるよ。

注意

  • せっ着ざいを使う前に、「ボンド アロンアルフアを使うときの注意」を必ず読もう。
  • 工作は、必ずおうちの人といっしょにしよう。
  • 工作前にこのつくり方をしっかり読んで、まちがった手順で行わないようにしよう。
  • 工作に使う材料は、おうちの人に用意してもらうこと。
  • きり・はさみ・針金を使うときは、けがをしないように気をつけよう。無理なときは、おうちの人にやってもらうこと。
  • きり・はさみ・針金・竹ひごを人に向けたりふりまわしたりしないこと。
  • きりを持ったまま立ち上がったり歩いたりしないこと。
  • 新聞紙の上など、よごれてもいい場所で作業をしよう。
  • 使う材料や完成したものは、使わないときは、小さい子の手がとどかないところにしまうこと。
  • 安全のため、こわれたり変形したものは使わないこと。
  • 工作のあとは、おうちの人といっしょに、しっかりあとかたづけをしよう。ゆかに置いたままにすると、ふみつけてケガをすることがありあぶないよ。

ボンド アロンアルフアを使うときの注意

  • 目に入れないようじゅうぶん注意する。目に入ったときはすぐに洗(あら)って、お医者さんにみてもらう。無理にはがしたり、目をこすらない。
  • ボンド アロンアルフアを使うときは、使い方をよく読んでから使おう。
  • ボンド アロンアルフアをぬるときは、ボンド アロンアルフアがはみ出さないように注意しよう。はみ出したら、つまようじなどできれいにとってね。
  • ボンド アロンアルフアが指についてしまったときは、あわてて、無理にひっぱったり、はがそうとせず、40度くらいのお湯の中で、もむようにしてゆっくりはがすこと。指についたかたい部分は、しばらくすると自然に取れるよ。あらかじめ指にハンドクリームをぬっておくと、指に接着ざいがつきにくくなるよ。
  • せっ着部やまわりが白くなることがあるので、つけすぎないように注意すること。
  • 使用中と使用後は、まどを開け、換気をよくすること。
  • ぬのや裏革(うらかわ)につくと発熱し、やけどのおそれがあるので使わないこと。
  • 火気は厳禁(げんきん)。火気のある場所では絶対(ぜったい)に使用しないこと。
  • 衣服などにつくと発熱のおそれがあり、あぶないよ。また、一度つくととりのぞけなくなるので、衣服にはつかないように十分気をつけること。
  • 使わないときは小さい子の手がとどかないところにしまい、いたずらをしないように注意する。
  • せっ着以外には使用しないこと。
  • 直射日光(ちょくしゃにっこう)をさけ、湿気(しっけ)の少ない場所にしまうこと。
  • すてるときは、よう器を密封(みっぷう)して燃(も)えないゴミとしてしょ理すること。

ボンちゃん

ひらひらチョウチョ、うまくつくれたかな?
ほかにも、せっ着ざいを上手につかうと、ペンケースやペットボトルホルダーなど、いろいろな作品がつくれるんだ。さっそくつくり方を見てみよう!
そして、ステキな作品ができたらコンテストにおうぼしちゃおう。

PR
PR

夏休みおうえんスペシャル

PR

PAGETOP