PR

  メニュー閉じる

PR

工作

カレンダーを使(つか)ったマイバッグ

工作 カレンダーを<ruby><rb>使</rb><rp>(</rp><rt>つか</rt><rp>)</rp></ruby>ったマイバッグ

カレンダーはきれいな写真(しゃしん)やイラストが使(つか)われているものが(おお)い。
使(つか)()わったカレンダーでバッグをつくってみよう。

用意(ようい)するもの

(おお)きめのカレンダー
定規(じょうぎ)
ペン
のり
ティッシュの()(ばこ)
カッター
ビニールひも
両面(りょうめん)テープ

カレンダーでふくろ部分(ぶぶん)をつくる

(おお)きめのカレンダーを1まい用意(ようい)する。

ウラ(めん)(せん)()く。
左右(さゆう)のはじから(かく)50mm(A、B)に(せん)()く。
上下(じょうげ)中心(ちゅうしん)(C)から(かく)45mmに(せん)()き、中心(ちゅうしん)部分(ぶぶん)(はば)20mm(D)を三角(さんかく)にカットしておく。

それぞれの(せん)()()をしっかり()けておくと、()()てやすい。
()()()けたら、Dの部分(ぶぶん)内側(うちがわ)になるように()る。

ふくろの(かたち)にできたら、(かみ)(かさ)なり()部分(ぶぶん)をたしかめる。
一度(いちど)ゆるめて、(かさ)なり()部分(ぶぶん)にのりをぬり、もう一度(いちど)ふくろの(かたち)()る。

イラストや写真(しゃしん)内側(うちがわ)になるように()るのもおしゃれだね。

ティッシュの()(ばこ)()()をつくろう

ティッシュの()(ばこ)分解(ぶんかい)して、たて(なが)(いた)(かたち)にカットする。
底面(ていめん)中央(ちゅうおう)部分(ぶぶん)は、(すく)なくなったティッシュをおし()げるようにミシン(せん)()って()っていることが(おお)いので、使(つか)わない。
(はこ)で6まいできる。

()()は2つつくる。
1まいを(うえ)のような「あなあけ(よう)台紙(だいし)」にすれば、ひもを(とお)すあなの場所(ばしょ)をいちいち(はか)手間(てま)がはぶける。

縦長(たてなが)(いた)(かたち)にカットしたティッシュの()(ばこ)台紙(だいし)(かさ)ねて、あなの場所(ばしょ)(しるし)()ける。

(しるし)()けた場所(ばしょ)をカッターなどを使(つか)ってあなを()ける。

あなにビニールひもを(とお)し、ひもの(さき)(むす)べば()()になる。

()()を2つつくり、両面(りょうめん)テープでカレンダーでつくったふくろの内側(うちがわ)にはり()ける。

できあがり!

()()は、いろいろなふくろに()()けてバッグとして使(つか)えるスグレモノ。
カレンダー以外(いがい)のふくろでも(ため)してみよう。

注意(ちゅうい)

工作(こうさく)は、(かなら)ずおうちの(ひと)といっしょにしよう。
工作(こうさく)(まえ)にこのレシピと注意(ちゅうい)をしっかり()んで、まちがった手順(てじゅん)(おこな)わないようにしよう。
工作(こうさく)使(つか)材料(ざいりょう)は、おうちの(ひと)用意(ようい)してもらうこと。
工作(こうさく)のあとは、おうちの(ひと)といっしょにあとかたづけをして、(ちい)さい()どもの()がとどかないところにしまうこと。
カッターやはさみを使(つか)うときは、けがをしないように()をつけよう。

レポートのまとめ方
のコツはこちら!

自由研究注目ランキング

場所でさがす

ほかのいろんなさがし方

PR
PR

PAGETOP