PR

  メニュー閉じる

PR

調べ学習

電気の歴史調べ

調べ学習 電気の歴史調べ

毎日のくらしに欠かせない電気。電気を発見し、利用することにつくした人々を調べよう。また、日本では、電気をどのように利用するようになったか、その歴史についても調べよう。

1.電気の発見・利用につくした偉人(いじん)を調べよう

人類はどのように電気を発見し、利用するようになったのだろうか。

調べ方

1

百科事典や歴史の本などで、電気や科学者について調べる。

2

博物館などで展示を見たり、学芸員に話を聞いたりする。

3

インターネットで電力会社や博物館などのサイトを探して調べる。

●電気の発見の歴史

約2500年前、古代ギリシアの科学者タレスは、こはくをぬのでこすると、ものを引きつけることを知っていた。
これはまさつ電気(静電気)のはたらきだ。

1660年、ドイツのゲーリケがまさつ電気を起こす機械(まさつ起電機)を発明した。
後に、この電気をためておくライデンびんが発明された。

1752年、アメリカのフランクリンが、かみなりが電気であることを発見、後にひらいしんを発明した。

1776年、日本で、平賀源内(ひらがげんない)が起電機を使って、静電気を起こす実験を行った。この機械はエレキテルとよばれ、人々をびっくりさせた。

注意:この実験はたいへん危険なので、絶対にまねしないこと。

●電気の利用の歴史

フランス皇帝(こうてい)ナポレオン1世の前で電池の実験をするボルタ。

あえんと銅の間に、塩水でぬらした紙や布をはさみ、電池を作った。これは今の電池と原理は同じだ。

ファラデー

1831年、イギリスのファラデーが、コイルの中に磁石(じしゃく)を通すと電気ができることを発見した。
これは、発電機の発明のもとになった。

磁石を出し入れする時に電気が起こる。
これを電磁誘導(でんじゆうどう)という。

1837年、アメリカのモースが電信機を発明。

ベルの電話機

1876年、アメリカのベルが、電話機を発明。

エジソンの電球

1879年、アメリカのエジソンが電球を発明。

当時の発電所

1882年、アメリカのエジソンが発電所を造る

電気の発見・利用に努力した偉人について調べ、その業績をまとめよう。また、電気の発見・利用の歴史を年表にまとめよう。

2.日本の電気利用の歴史を調べよう

日本では、いつごろから電気を使い始めたのだろうか。

調べ方

1

百科事典や歴史の本などで、電気や科学者について調べる。

2

博物館などで展示を見たり、学芸員に話を聞いたりする。

3

インターネットで電力会社や博物館などのサイトを探して調べる。

●日本の電気の利用の歴史

エアトン

1878年、イギリス人のエアトンが、工部大学校(現在の東京大学工学部)で、アーク灯をともす。
日本で初めてともった電灯だった。この日、3月25日は、「電気の記念日」になっている。

銀座に電灯がついた時のようす。

1882年、電気の宣伝のために東京電燈会社(今の東京電力の前身)が、東京の銀座通りにアーク灯をつけた。

東京電燈会社の浅草発電所

1887年、東京電燈会社が電灯用の電気を送った。
はな
やかな舞踏会(ぶとうかい)が開かれたことで知られる鹿鳴館(ろくめいかん)にも送られた。

凌雲閣(りょううんかく)をえがいた錦絵(にしきえ)

1890年、東京・浅草の凌雲閣(十二階と呼ばれた)という建物に初めて電気で動くエレベーターが登場。
評判(ひょうばん)をよんだ。

蹴上発電所

1892年、京都と市に営業用としては初の蹴上発電所ができる。
琵琶(びわ)湖から引いた水の力で発電する発電所で、現在も運転している。

初の市電

1895年、京都と市に日本初の路面電車が走る。
蹴上発電所の電気を利用して、市内を走った。

ほかにも調べよう

  • 電気の使用量はどのように変わっただろうか?
  • 日本の東日本と西日本とで周波数(ヘルツの単位であらわす)がちがうのはなぜか?

日本の電気利用の歴史を年表にまとめよう。

まとめ方

ワークシート

PAGETOP