PR

  メニュー閉じる

実験

ペーパークロマトグラフ

実験 ペーパークロマトグラフ

水性カラーペンのインクは、赤や黄色など1色でできているように見えるけれど、実はいろんな色がまざっているんだ。コーヒーフィルターと水を使って、水性インクの色を分ける実験をして、きれいな色紙を作ってみよう。

用意するもの

  • 水性カラーペン(数色)
  • 大きめのコーヒーフィルター(白)
  • わりばし
  • はさみ
  • プラスチックコップ(口が小さめのもの)
  • コンパス
  • ものさし
  • えんぴつ

実験方法

おびを作ろう

1

コーヒーフィルターをはさみで切って、幅が2cm、長さが10cmのおびをつくる。コーヒーフィルターが小さい場合は、できるだけ長くする。

実験方法

はさみを使うときはけがをしないように気をつけよう。

2

実験方法

おびのはしから2cmぐらいのところに水性カラーペンで線を引く。

※インクの色が何色だったかわかるように、反対側にも同じ色をつけておくと良い。

3

実験方法

おびの下の部分が水につかるように、プラスチックコップに少しだけ水を入れる。おびの上の部分をわりばしにはさんで、プラスチックコップの中にたらす。

実験しよう

おびのはしから水がどんどんしみて上がって…

実験方法

1色の水性カラーペンの線からいろいろな色があらわれた!
おびをプラスチックコップから出して、かわかそう。かわいたおびは、ダウンロードしたワークシートにはっておこう。

いろいろな色の水性カラーペンで実験してみよう!

実験方法

発展 きれいな色紙を作ってみよう

コーヒーフィルターを丸く切って、そのまん中から色が分かれて広がるようにすれば、花のようなもようの色紙ができるよ!

1

発展 きれいな色紙を作ってみよう

コーヒーフィルターをなるべく大きい丸い形に切る。

はさみやコンパスを使うときは、けがをしないように気をつけよう。

2

1でつくった丸い紙を図のように、折り目をつけて折る。

発展 きれいな色紙を作ってみよう

3

発展 きれいな色紙を作ってみよう

2の丸い紙のまん中から少しはなれたところに、水性カラーペンで丸を書く。

4

発展 きれいな色紙を作ってみよう

丸い紙の折った先の部分だけが水につかるようにプラスチックコップに水を入れて、紙の先をつける。

5

丸い紙の折った先の部分から水がどんどんしみて上がって…花のようなもようの色紙ができた! くふうしだいで、さまざまなもようができるから試してみよう。

発展 きれいな色紙を作ってみよう

まとめ方

ワークシートをダウンロードして必要な数だけ印刷して使おう。
色を分けたコーフィーフィルターのおびをはり、わかったことを書きこもう。また、その結果を使って、つくりたい色紙を考えてかき、できあがった色紙をはろう。

ワークシートダウンロード

まとめ方のコツ 実験の例」を見てみよう

なぜ? どうして?

どうして、色が分かれるの?

水性カラーペンのインクは、見た目が1色でも、いろいろな色がまざってできているんだ。インクは、色によって水へのとけ方や紙へのつきやすさがちがう。だから、水が紙にしみて上がっていくとき、それぞれの色のインクが分かれる。このように紙を使ってものを分ける方法を「ペーパークロマトグラフィー」というよ。

監修(かんしゅう):秀明大学 大山光晴

注意

  • 実験は、必ずおうちの人といっしょにしよう。
  • 実験前にこのレシピをしっかり読んで、まちがった手順で行なわないようにしよう。
  • 実験に使う材料は、おうちの人に用意してもらうこと。
  • はさみやコンパスを使うときは、けがをしないように気をつけよう。無理なときは、おうちの人にやってもらうこと。
  • 実験に使った水は飲まないこと。
  • まわりがぬれたりよごれてもいい場所で実験しよう。
  • 実験のあとは、おうちの人といっしょに手や道具をきれいにあらい、しっかりあとかたづけをしよう。あらった道具は、きれいになったかどうかおうちの人にたしかめてもらおう。

実験をするときの注意

実験をする前に必ずおうちの方といっしょに読んでね。

  • 実験をするときは、必ずおうちの人に実験することを伝えておこう。
  • 実験に使う材料(ざいりょう)や道具などは、使ってよいものかどうか、おうちの人ひとに確(たし)かめよう。
  • 火や化学薬品、電気製品(せいひん)などを使うときは、かならずおうちの人といっしょにしよう。
  • つまようじやフォーク、シャープペンシルのしんなど、先のとがったものを使うときは、けがをしないように気をつけよう。
  • はさみやカッターナイフを使うときは、けがをしないように気をつけよう。
  • むずかしい実験をするときは、おうちの人に手伝ってもらおう。
  • 実験に使った食べ物などは、絶対(ぜったい)に口に入れないこと。
  • 実験が終わったらきちんとあとかたづけをし、実験に使ったものを、家族が口に入れたりしないように気をつけよう。
  • 実験で使ったものや作った作品は、小さい子の手のとどかない場所にしまうこと。
  • 実験をしたあとは、必ず手をよくあらうこと。

100円ショップ商品で自由研究へ

PR
PR

夏休みおうえんスペシャル

PR

PAGETOP