PR

  メニュー閉じる

PR

実験

塩水を使って大実験

実験 塩水を使って大実験

水に、こい塩水をまぜると、しすんでいたミニトマトなどはどうなるかな? また、水や塩水にインクを落とすと、どんなもようができる? さらに、色の分かれたタワーをつくるにはどうしたらいいかな?

1 . しずんでいるものをうかせよう

水にしすんでいたミニトマト、ブドウ、ウズラのたまこ。ここにこい塩水を入れるとどうなるかな。

用意するもの

  • 長めのコップ
  • ミニトマト
  • ブドウ
  • ウズラのたまこ
  • こぃ塩水(塩がそれ以上とけないくらいこくする)

注意

  • ミニトマトなどは、実験に使ってよいものかどうか、おうちの人にたしかめよう。

実験のしかた

1.長めのコップに水を少し入れて、 ミニトマト、 ブドウ、ウズラのたまごを入れる。

2.こい塩水を少し入れると、ミニトマトがうき上がる。

3.こい塩水をさらに入れると、ブドウがうき上がる。

4.こい塩水をもっと入れると、ウズラのたまごもうき上がる。

こい塩水を少しずつ入れて、もののうき方を調べよう。ほかのものでも試してみよう。

インクのしずみ方をしらべよう

水、うすい塩水、こい塩水にインクを落とすと、どのようにしすむだろう。

用意するもの

  • コップ(同じ大きさ・形のもの3個)
  • うすい塩水(水 100mlに対し、塩2gくらい)
  • こい塩水(水 100mlに対し、塩5gくらい)
  • インク
  • スポイト

注意

  • インクで服やカーペットなどをよごさないように気をつけよう。

実験のしかた

コップに、それぞれ、水、うすい塩水、こい塩水を入れ、それぞれにスポイトでインクを落とす。

2.それぞれのコップに落としたインクがしずむようすを観察する。

◆水   すぐに下まで落ちて広がる。

◆ うすい塩水 ゆっくりえだ分かれしながら落ちる。

◆ こい塩水 丸い玉が分かれ、上に上がった。

水、うすい塩水、こい塩水に、インクがしずむようすを観察し、ワークシートに記録しよう。

3.塩水で色水タワーを作ろう

水、塩水、シロップを使って、色水タワーをつくろう。

用意するもの

  • コップ
  • こい塩水(塩がそれ以上とけないくらいこくする)
  • シロップ
  • インク
  • スポイト

注意

  • シロップは、実験につかってよいものかどうかを、おうちの人にたしかめよう。
  • インクで服やカーペットなどをよごさないように気をつけよう。

実験のしかた

1.水には、インクで色をつけておく。

2.シロップに塩を入れてよくとかし、重くしておく。

3.コップに水を入れ、スポイトを静かにさしこんで、塩水を入れる。

4.スポイトを静かにさしこんで、塩入りのシロップを入れる。

5.色が3種類に分かれた 色水タワーができる。

色水タワーをつくって、ワークシートにまとめよう。

まとめ方のコツ 実験の例」を見てみよう

科学実験をするときの注意

実験をする前に必ずおうちの方といっしょに読んでね。

  • 実験をするときは、必ずおうちの人に実験することを伝えておこう。
  • 実験に使う材料(ざいりょう)や道具などは、使ってよいものかどうか、おうちの人ひとに確(たし)かめよう。
  • 実験をしたあとは、必ず手をよくあらうこと。

ワークシートはこちら

PAGETOP