PR

  メニュー閉じる

実験

塩の水エレベーター

実験 塩の水エレベーター

野菜にあなをあけ、たくさんの食塩をつめる。そこにチューブをさし、水がにげないようにする。水を入れたよう器に入れておけば、水がどんどんチューブを上がっていく。塩で水のエレベータを作る実験だよ。

用意するもの

用意するもの
  • 野菜(サツマイモ、キュウリ、ニンジンなど)
  • ほうちょう
  • 食塩
  • あぶらねん土
  • とう明な細いチューブ(2mくらい)または細いストロー
  • セロハンテープ
  • プラスチックコップなど水をためられるよう器
  • 輪ゴム
  • 小さいスプーンや細いフォーク(野菜にあなをあけるためのもの)
  • ワセリン(あぶらねん土と同じように空気の出入りをふせぐためのもの。薬局などで数百円で売っている。)

基本的なやり方

1

基本的なやり方

野菜を7~10cmくらいの大きさに切る。おうちの人にやってもらおう。

2

基本的なやり方

スプーンなどを使ってあなをあける。残す野菜のかべのあつさは、5mm~1cmくらい。

3

基本的なやり方

野菜のあなに、食塩を入れる。すり切りいっぱいになる手前くらいまで入れる。

4

基本的なやり方

チューブ、またはストローをさす。ストローの場合は、セロハンテープではってつなげる。あなの下から3分の1くらいの深さまでさす。

5

基本的なやり方

あぶらねん土をあなにうめこみ、チューブやストローのまわりをかためる。(空気や水が出入りしにくくするため。)

6

基本的なやり方

輪ゴムをしっかりまいてしめつける。

7

基本的なやり方

よう器に入れ、まわりに水を注ぐ。あぶらねん土をつめた高さくらいまで入れる。入れすぎないこと。

8

基本的なやり方

たおれないように注意しながら、そっとそのままにしておく。チューブで実験する場合は、かべ際にセットし、チューブをかべにセロハンテープではりつけるとよい。
かべにきずがつかないように、また、かべ紙などがはがれないようにしよう。

9

水があぶらねん土のすき間から出てきてしまい、チューブやストローを上らないときは、ワセリンをぬるとうまくいくことがある。

1日後のようす

1日後のようす

なぜ、塩の水エレベーターができるの?

食塩と野菜をくらべると、野菜の方が水を多くふくんでいる。そのため、同じ塩のこさになろうとして、野菜から食塩の方へ水が出ていく。野菜には、見に見えない小さなあながたくさんあいているので、このあなを水が通っていくんだよ。

野菜から水が出ても、まだ食塩のたまっているところの方がこいので、野菜の外側にある水までも、野菜のあなを通って食塩のたまっている方へ出ていく。すると、食塩がたまっているところに水がおさまりきらなくなり、チューブやストローを上っていき、塩の水エレベーターができる。

まとめ方

水がチューブの中を上っていくようすを記録する。まきじゃくなどではかって数字で記録するとよい。野菜の種類、野菜の大きさ、野菜のかべのあつさを変えてくらべて、表にまとめてみよう。また、わかったことと調べた理由をまとめよう。

まとめ方のコツ 実験の例」を見てみよう

注意

実験に使う野菜は、使ってよいものかどうか、おうちの人にたしかめよう。
野菜を切る作業は、おうちの人にやってもらおう。
野菜にあなをあけるときは、けがをしないように気をつけよう。
水でぬれてもいい場所で実験しよう。
かべにチューブをはるときは、かべにきずがつかないように、また、かべ紙などがはがれないようにしよう。

実験をするときの注意

実験をする前に必ずおうちの方といっしょに読んでね。

  • 実験をするときは、必ずおうちの人に実験することを伝えておこう。
  • 実験に使う材料(ざいりょう)や道具などは、使ってよいものかどうか、おうちの人ひとに確(たし)かめよう。
  • 火や化学薬品、電気製品(せいひん)などを使うときは、かならずおうちの人といっしょにしよう。
  • つまようじやフォーク、シャープペンシルのしんなど、先のとがったものを使うときは、けがをしないように気をつけよう。
  • はさみやカッターナイフを使うときは、けがをしないように気をつけよう。
  • むずかしい実験をするときは、おうちの人に手伝ってもらおう。
  • 実験に使った食べ物などは、絶対(ぜったい)に口に入れないこと。
  • 実験が終わったらきちんとあとかたづけをし、実験に使ったものを、家族が口に入れたりしないように気をつけよう。
  • 実験で使ったものや作った作品は、小さい子の手のとどかない場所にしまうこと。
  • 実験をしたあとは、必ず手をよくあらうこと。