PR

  メニュー閉じる

実験

色変わり冷やし中華

実験 色変わり冷やし中華

ラーメンの生めんとムラサキキャベツ、酢(す)などを用意して、ムラサキキャベツをゆでたにじるで冷やし中華を作る。もとはうす黄色のめんがあざやかな緑色やピンクに変化するよ。
※ラーメンは「かん水」を使った生めんを使おう。

まとめ方

色の変わるところは写真にとろう。色が変わったようすや、なぜ色が変わったかを書いて、上手にまとめよう。ムラサキキャベツのにじるは、かん水のアルカリ性で緑色に、酢の酸性でピンク色に変化するんだよ。

まとめ方

まとめ方のコツ 実験の例」を見てみよう

注意

材料をきざむところと火を使うところは、おうちの人にやってもらおう。
材料や道具は、使ってよいものかどうか、おうちの人にたしかめよう。

実験をするときの注意

実験をする前に必ずおうちの方といっしょに読んでね。

  • 実験をするときは、必ずおうちの人に実験することを伝えておこう。
  • 実験に使う材料(ざいりょう)や道具などは、使ってよいものかどうか、おうちの人ひとに確(たし)かめよう。
  • 火や化学薬品、電気製品(せいひん)などを使うときは、かならずおうちの人といっしょにしよう。
  • つまようじやフォーク、シャープペンシルのしんなど、先のとがったものを使うときは、けがをしないように気をつけよう。
  • はさみやカッターナイフを使うときは、けがをしないように気をつけよう。
  • むずかしい実験をするときは、おうちの人に手伝ってもらおう。
  • 実験に使った食べ物などは、絶対(ぜったい)に口に入れないこと。
  • 実験が終わったらきちんとあとかたづけをし、実験に使ったものを、家族が口に入れたりしないように気をつけよう。
  • 実験で使ったものや作った作品は、小さい子の手のとどかない場所にしまうこと。
  • 実験をしたあとは、必ず手をよくあらうこと。

絵と案/西山直樹

PR
PR
PR

PAGETOP