PR

  メニュー閉じる

PR

実験

ふりふり発電

実験 ふりふり発電

100円ショップでも売っている音の出るカードから、スピーカーの圧電素子(あつでんそし)を取り出して、LED(ホームセンターなどで売っている)につなぐよ。圧電素子にビー玉をぶつけることで、電気が起きることを調べよう。

用意するもの

  • 音の出るカード
  • LED
  • ビー玉
  • リード線
  • セロハンテープ
  • チョコレートのつつ
  • カッターナイフ

実験方法

1

音の出るカードののりづけをはがして開く。

2

基ばんか切りはなし、カバーをはずす。
リード線のビニルをむく。

3

圧電素子とLEDを40センチぐらいのリード線でつなぐ。
つなぎめはセロハンテープでとめる。

※LEDと圧電素子をリード線でつなぐときは、LEDの長い足と短い足をどちらのリード線につないでもいいよ。

4

チョコレートのつつのそこはセロハンテープでとめて強くしておく。
ビー玉を入れ、圧電素子でふたをするようにする。

持ち方

LEDの根もととチョコレートのつつを両手で絵のようにもつ。

チョコレートのつつを左右にふってみよう。

まとめ方

実験材料をどのように用意してつないだか図もかいてまとめよう。圧電素子にはどんな特ちょうのあるものなのか、自分で考えたことや、調べたことをまとめよう。

まとめ方のコツ 実験の例」を見てみよう

注意

  • 実験をするときは、必ずおうちの人に実験することを伝えておこう。
  • 実験に使う材料(ざいりょう)や道具などは、使ってよいものかどうか、おうちの人ひとに確(たし)かめよう。
  • カッターナイフを使うときは、けがをしないように気をつけよう。
  • むずかしいところは、おうちの人にやってもらおう。
  • ビー玉が飛び出して物をこわすといけないので、こわれる物がある場所では実験しないこと。
  • 実験が終わったらきちんとあとかたづけをし、実験に使ったものを、家族が口に入れたりしないように気をつけよう。
  • 実験で使ったものや作った作品は、小さい子の手のとどかない場所にしまうこと。

PAGETOP