PR

  メニュー閉じる

実験

はり金アメンボを水にうかべよう

実験 はり金アメンボを水にうかべよう

アルミニウムのはり金でアメンボを作り、水にうかべてみる。その後、水面にせんざいを少し落とすと、はり金アメンボがどうなるか実験してみよう。はり金アメンボがうかんだ理由は、本やインターネットで調べられる。

はり金アメンボを水にうかべよう

用意するもの

  • アルミニウムのはり金
  • せっ着ざい
  • ペンチ
  • 洗面器(せんめんき)
  • ストロー
  • 台所用洗ざい

実験方法

1

実験方法

アルミニウムのはり金を2本、ペンチでXの形にねじり、せっ着ざいをつける。

注意:まわりがぬれたりよごれたりしてもいい場所で実験しよう。

2

実験方法

せっ着ざいがかわいたら、はり金の先の約3cm をうずまきにする。

3

実験方法

はり金を、絵のように曲げる。

4

実験方法

洗面器に水を入れ、しずかにはり金アメンボを置くと、水にうかぶ。

5

実験方法

ストローの先にせんざいを少しつけて1てきを水に落とす。

なぜ? どうして?

はり金アメンボが水にうかんだわけ

はり金アメンボが水にうかんだわけ

水のつぶ(分子)同士は、おたがいに引っぱり合い、小さくまとまろうとする。この力を、「表面張力(ひょうめんちょうりょく)」という。はり金アメンボが水にうくのは、この表面張力のおかげだ。

せんざいで、はり金アメンボが動いたわけ

せんざいで、はり金アメンボが動いたわけ

洗ざいを落としたところは、水の表面張力が弱くなる。はり金アメンボは、表面張力の強い方に引っぱられるので、洗ざいを落とした反対側にすうっと動いた。その後、洗ざいが広がり、水面全体の表面張力が弱くなるので、はり金アメンボはしずんだ。

水温が上がると、それまでとけていた二酸化炭素がぬける。

まとめ方

まとめ方のコツ 実験の例」を見てみよう

注意

  • 実験は、必ずおうちの人といっしょにしよう。
  • 実験に使う材料は、おうちの人に用意してもらうこと。
  • まわりがぬれてもいい場所で実験しよう。
  • ペンチを使うときは、けがをしないように気をつけよう。
  • アルミニウムのはり金の切り口にはさわらないようにすること。
  • 実験が終わったら、おうちの人といっしょに手や道具をきれいにあらい、しっかりあとかたづけをしよう。
  • あらった道具は、きれいになったかどうかおうちの人にたしかめてもらおう。
PR
PR
PR

PAGETOP