PR

  メニュー閉じる

観察

双眼鏡(そうがんきょう)で天体観測(かんそく)をしよう

観察 双眼鏡(そうがんきょう)で天体観測(かんそく)をしよう

夏に見られる天体で、双眼鏡で観察しやすいものを観察し、見えたようすをスケッチしよう。観察した天体について、特ちょうや地球からのきょりなどを調べてみよう。

天体観測というと、高倍率(こうばいりつ)の天体望遠鏡で見るものと思われがちだけど、じつは7~10倍程度(ていど)の双眼鏡で楽しめるものがたくさんあるんだ。夏に見られる天体で、双眼鏡で観察しやすいものを観察し、見えたようすをスケッチしよう。観察した天体について、特ちょうや地球からのきょりなどを調べてみよう。

観察方法

  1. 図鑑(ずかん)やインターネットを使い、夏の夜空で、双眼鏡で観察しやすい天体を調べる。いつごろ、どのあたりに見られるかを調べる。
  2. 双眼鏡で観察し、スケッチする。
  3. その天体について、特ちょうや地球からのきょりなどを、図鑑やインターネットなどで調べる。

注意:星を観察するときは、大人といっしょにしよう。
   自動車などが来ない、安全な場所で観察しよう。

夏に双眼鏡で観察しやすい天体の例

※双眼鏡で見る星雲、星団(せいだん)、銀河(ぎんが)などの姿(すがた)は、この写真とは異(こと)なります。

月の海の模様(もよう)や、クレーターを観察しよう。三日月や半月のときは、明るく光っていない月の夜の部分が観察できる。これは、太陽の光が地球に反射(はんしゃ)して、月を照(て)らしている「地球照(ちきゅうしょう)」によるもの。

月

天の川

肉眼では写真のようにはっきりとは見えず、ぼんやりとした白い雲の帯のように見えるよ。双眼鏡で見ると、天の川にたくさんの星があるのがわかる。天の川が見えていなくても、天の川の方角には星がたくさん見えるので、夏の大三角やいて座の方角を双眼鏡で見てみよう。

天の川

さそり座のアンタレスと球状(きゅうじょう)星団M4

アンタレスは、さそりの心臓の位置にある、赤く光る1等星。すぐ右下に、丸くて白くぼんやりとしたものが見えたら、球状星団M4だ。

さそり座のアンタレスと球状(きゅうじょう)星団M4

いて座の干潟(ひがた)星雲M8、三裂(さんれつ)星雲M20

いて座の南斗六星(なんとろくせい)(星座早見盤を見よう)の右下にある2つの星雲。写真では赤いけど、双眼鏡では白くぼんやりと見えるよ。

いて座の干潟(ひがた)星雲M8、三裂(さんれつ)星雲M20

ペルセウス座の二重星団h-χ(エイチ・カイ)

カシオペヤ座を目印に探(さが)すと見つけやすい。2つの星団が並(なら)んでいる。

ペルセウス座の二重星団h-χ(エイチ・カイ)

アンドロメダ銀河M31

星がきれいな場所では肉眼(にくがん)でも見える。太陽系(たいようけい)から230万光年離(はな)れている、肉眼で見える最も遠くの天体。双眼鏡では、楕円形(だえんけい)に白くぼんやりとした明かりが見える。

アンドロメダ銀河M31

まとめ方

まとめ方のコツ 観察の例」を見てみよう

注意

  • 星を観察するときは、大人といっしょにしよう。
  • 自動車などが来ない、安全な場所で観察しよう。

観察をするときの注意

観察をする前に必ずおうちの方といっしょに読んでね。

  • 屋外に観察・環境調査に出かけるときは、おうちの人にことわり、できるだけ大人といっしょに行こう。
  • 夜出かける必要がある場合は、必ず大人といっしょに行くこと。
  • 環境調査の目的に合った動きやすい服そうをし、必要な道具をそろえよう。必要なら虫よけなども用意しよう。
  • 草木のしげった場所に入るときは、長そで長ズボンにし、はだをなるべく出さないようにすること。
  • 出かけるときは、ぼうしをかぶって、こまめに水分をとろう。また、雨に備(そな)えて、雨具も用意しよう。
  • きけんな場所には近づかないこと。毒(どく)のある生き物をさわったり、近づいたりしないこと。
  • 野の山の植物にむやみにふれたり、口に入れたりしないこと。
  • 流れの速(はや)い川や池などには入らないこと。
  • 海では、高波や、いそでのけがなどに気をつけよう。
  • 環境調査をしたあとは、必ず手をよくあらうこと。
  • はさみやカッターナイフを使うときは、けがをしないように気をつけよう。ピンセットなど先のとがったものでけがをしないように気をつけよう。

絵:たかまる堂(おがたたかはる)
写真:編集部
協力:国立天文台天文情報センター 小野智子
提供:JAXA×YAC×学研キッズネット

PR
PR

夏休みおうえんスペシャル

PR