PR

  メニュー閉じる

PR

観察

ペルセウス座(ざ)流星群(りゅうせいぐん)を観察しよう

観察 ペルセウス座(ざ)流星群(りゅうせいぐん)を観察しよう

ペルセウス座流星群が見える日に流星(流れ星)を観察して、見えた時刻(じこく)、方位、数を記録しよう。

観察方法

1

観察方法

毎年、8月12~13日ごろをピークに、流星がたくさん流れるペルセウス座流星群が見られる。ペルセウス座流星群は、ペルセウス座を中心にして流星が放射状(ほうしゃじょう)に飛び出すように現(あらわ)れるよ。深夜を過(す)ぎると流星の数が増(ふ)えてくる。2017年の8月12~14日ごろは、満月を過ぎたばかりの月が明るいため、流星を見るのにはあまり条件(じょうけん)は良くない。 流星群の流星は、天の1点を中心として流れる。この点を「放射点」というよ。

2

観察方法

日は、空全体が見られる開けた場所を選び、いすやレジャーシートを用意して、楽な姿勢(しせい)で観察しよう。何人かで手分けして、見るはんいを分担(ぶんたん)するとよい。流星が見えている時間は短いので、流星が見えた時刻と方位を録音できるようにするか、1人が記録係になるといいよ。

注意:流星を観察するときは、大人といっしょにしよう。寝転んで流星を観察するときは、自動車や自転車が絶対(ぜったい)に来ない、安全な場所を選ぼう。

3

3

記録をもとに、時刻ごとに、見えた流れ星の数をグラフにしよう。また、星座早見盤(せいざはやみばん)に、流れ星が流れた方向を記録し、流星群の流れ星がどのように流れるかを確(たし)かめよう。

まとめ方

まとめ方のコツ 観察の例」を見てみよう

注意

  • 流星を観察するときは、大人といっしょにしよう。
  • 寝転(ねころ)んで流星を観察するときは、自動車や自転車が絶対(ぜったい)に来ない、安全な場所を選ぼう。
  • 草木のしげった場所に入るときは、長そで長ズボンにし、はだをなるべく出さないようにすること。

7月~8月 月の満ち欠け、天文現象(てんもんげんしょう)カレンダー

PR
PR

PAGETOP