PR

  メニュー閉じる

観察

カブトムシの一日観察

観察 カブトムシの一日観察

つかまえたカブトムシを家で飼(か)って、カブトムシの一日を観察しよう。朝、昼、夜でカブトムシのようすがどうちがうか、記録してまとめよう。

カブトムシの飼い方

ふよう土やこん虫マットをしきつめた飼育(しいく)ケースに入れて、カブトムシを飼おう。飼育ケースは、日光が当たらない、暗めですずしい場所においてね。すずしい場所といっても、エアコンをつけるのはだめだぞ。

同じケースに、おすとめすは1ぴきずつ入れてもいいけれど、おすどうしは入れないようにしよう。つかまえたカブトムシを家で飼って、カブトムシの一日を観察しよう。朝、昼、夜でカブトムシのようすがどうちがうか、記録してまとめよう。

観察のしかた

朝、昼、夕方、夜に、飼育ケースの中のカブトムシを観察して、時間とカブトムシのようすを記録する。絵をかいたり、写真にとっておいたりしてもいいね。カブトムシのすがたが見えないときは、かれ葉の下やふよう土の中をそっと見てみよう。

まとめ方の例

カブトムシは一日どんなふうに過ごすか予想しよう。朝、昼、夜で時間を決めて、カブトムシのようすをスケッチし、観察してわかったことをまとめよう。

まとめ方のコツ 観察の例」を見てみよう

ためしてみよう

おすとめすを同じケースで飼っていると、卵(たまご)を産むこともある。めすがこん虫マットに何日ももぐっているようなら、卵を産んでいるかもしれない。卵は1週間くらいでかえって幼虫が出てくるぞ。

ふよう土かこん虫マットを20cmくらいの高さまでしきつめる。幼虫はこれを食べて育つ。

発展

  • 発展1
    カブトムシがどうやってえさを食べているか、観察しよう。
  • 発展2
    夜、暗い部屋でライトの光をカブトムシにあてるとどうなるかためしてみよう。

注意

  • カブトムシを飼うための道具は、おうちの人に用意してもらうこと。
  • カブトムシをきずつけたりしないこと。
PR
PR
PR

PAGETOP