PR

  メニュー閉じる

観察

カブトムシの敵(てき)

観察 カブトムシの敵(てき)

カブトムシやクワガタなどの食べ物は、樹液(じゅえき)。よいえさ場にありつこうと、場所争いが行われる。カブトムシはどんなすがたのものを敵だと思うのだろうか。カブトムシと同じくらいの大きさのけしゴムを敵にみたて、その色をかえたりして近づけてみよう。

用意するもの

  • けしゴム
  • 色紙
  • セロハンテープ
  • はり金や竹ぐし

じゃま虫モデルをつくろう。

1

カブトムシと同じくらいの、はばの3cmくらいのけしゴムなどにいろいろな色の色紙をまき、長さ7cmくらいの大きさにして、「じゃま虫モデル」とする。いろいろな色のスポンジを切って使ってもよい。

2

「じゃま虫モデル」のはしにやわらかいアルミニウムなどのはり金や、竹ぐしなどをつける。

3

「じゃま虫モデル」を食事中のカブトムシに近づけてみる。近づけるだけでなく少し動かしてみる。

「じゃま虫モデル」でためして観察しよう。

1

カブトムシはどんな行動をするか。

2

色によってカブトムシの行動にちがいはあるか。

3

動かしたときと動かさないときとでちがいはあるか。

まとめ方

ためしてみた結果を表にしてまとめる。そして、カブトムシはどんなものを敵と思うのか、わかったことをまとめる。

まとめ方のコツ 観察の例」を見てみよう

発展

1

カブトムシが敵と思う色で、もっと大きい「じゃま虫モデル」や小さい「じゃま虫モデル」を作ってみよう。敵と思う大きさは何mmから何mmまでなのか調べてみよう。

2

クワガタムシでもやってみよう。メスのカブトムシの場合は、どうなるかためしてみよう。

注意

  • はりがねや竹ぐしを使うときは、けがをしないように気をつけよう。
  • カブトムシをきずつけたりしないようにしよう。

観察・環境調査をするときの注意

観察や調査をする前に必ずおうちの方といっしょに読んでね。

  • 屋外に観察・環境調査に出かけるときは、おうちの人にことわり、できるだけ大人といっしょに行こう。
  • 夜出かける必要がある場合は、必ず大人といっしょに行くこと。
  • 環境調査の目的に合った動きやすい服そうをし、必要な道具をそろえよう。必要なら虫よけなども用意しよう。
  • 草木のしげった場所に入るときは、長そで長ズボンにし、はだをなるべく出さないようにすること。
  • 出かけるときは、ぼうしをかぶって、こまめに水分をとろう。また、雨に備(そな)えて、雨具も用意しよう。
  • きけんな場所には近づかないこと。毒(どく)のある生き物をさわったり、近づいたりしないこと。
  • 野の山の植物にむやみにふれたり、口に入れたりしないこと。
  • 流れの速(はや)い川や池などには入らないこと。
  • 海では、高波や、いそでのけがなどに気をつけよう。
  • 環境調査をしたあとは、必ず手をよくあらうこと。
  • はさみやカッターナイフを使うときは、けがをしないように気をつけよう。ピンセットなど先のとがったものでけがをしないように気をつけよう。