PR

  メニュー閉じる

PR

観察

カブトムシの敵

観察 カブトムシの敵

カブトムシやクワガタなどの()(もの)は、樹液(じゅえき)。よいえさ()にありつこうと、場所(ばしょ)(あらそ)いが(おこな)われる。カブトムシはどんなすがたのものを(てき)だと(おも)うのだろうか。カブトムシと(おな)じくらいの(おお)きさのけしゴムを(てき)にみたて、その(いろ)をかえたりして(ちか)づけてみよう。

用意(ようい)するもの

  • けしゴム
  • 色紙(いろがみ)
  • セロハンテープ
  • はり(がね)(たけ)ぐし

じゃま(むし)モデルをつくろう。

1

カブトムシと(おな)じくらいの、はばの3cmくらいのけしゴムなどにいろいろな(いろ)色紙(いろがみ)をまき、(なが)さ7cmくらいの(おお)きさにして、「じゃま(むし)モデル」とする。いろいろな(いろ)のスポンジを()って使(つか)ってもよい。

2

「じゃま(むし)モデル」のはしにやわらかいアルミニウムなどのはり(がね)や、(たけ)ぐしなどをつける。

3

「じゃま(むし)モデル」を食事(しょくじ)(ちゅう)のカブトムシに(ちか)づけてみる。(ちか)づけるだけでなく(すこ)(うご)かしてみる。

「じゃま(むし)モデル」でためして観察(かんさつ)しよう。

1

カブトムシはどんな行動(こうどう)をするか。

2

(いろ)によってカブトムシの行動(こうどう)にちがいはあるか。

3

(うご)かしたときと(うご)かさないときとでちがいはあるか。

まとめ(かた)

ためしてみた結果(けっか)(ひょう)にしてまとめる。そして、カブトムシはどんなものを(てき)(おも)うのか、わかったことをまとめる。

発展(はってん)

1

カブトムシが(てき)(おも)(いろ)で、もっと(おお)きい「じゃま(むし)モデル」や(ちい)さい「じゃま(むし)モデル」を(つく)ってみよう。(てき)(おも)(おお)きさは(なん)mmから(なん)mmまでなのか調(しら)べてみよう。

2

クワガタムシでもやってみよう。メスのカブトムシの場合(ばあい)は、どうなるかためしてみよう。

注意(ちゅうい)

  • はりがねや(たけ)ぐしを使(つか)うときは、けがをしないように()をつけよう。
  • カブトムシをきずつけたりしないようにしよう。

観察(かんさつ)環境(かんきょう)調査(ちょうさ)をするときの注意(ちゅうい)

観察(かんさつ)調査(ちょうさ)をする(まえ)(かなら)ずおうちの(かた)といっしょに()んでね。

  • 屋外(おくがい)観察(かんさつ)環境(かんきょう)調査(ちょうさ)()かけるときは、おうちの(ひと)にことわり、できるだけ大人(おとな)といっしょに()こう。
  • (よる)()かける必要(ひつよう)がある場合(ばあい)は、(かなら)大人(おとな)といっしょに()くこと。
  • 環境(かんきょう)調査(ちょうさ)目的(もくてき)()った(うご)きやすい(ふく)そうをし、必要(ひつよう)道具(どうぐ)をそろえよう。必要(ひつよう)なら(むし)よけなども用意(ようい)しよう。
  • 草木(くさき)のしげった場所(ばしょ)(はい)るときは、(なが)そで(なが)ズボンにし、はだをなるべく()さないようにすること。
  • ()かけるときは、ぼうしをかぶって、こまめに水分(すいぶん)をとろう。また、(あめ)(そな)えて、雨具(あまぐ)用意(ようい)しよう。
  • きけんな場所(ばしょ)には(ちか)づかないこと。(どく)のある()(もの)をさわったり、(ちか)づいたりしないこと。
  • ()(やま)植物(しょくぶつ)にむやみにふれたり、(くち)()れたりしないこと。
  • (なが)れの(はや)(かわ)(いけ)などには(はい)らないこと。
  • (うみ)では、高波(たかなみ)や、いそでのけがなどに()をつけよう。
  • 環境(かんきょう)調査(ちょうさ)をしたあとは、(かなら)()をよくあらうこと。
  • はさみやカッターナイフを使(つか)うときは、けがをしないように()をつけよう。ピンセットなど(さき)のとがったものでけがをしないように()をつけよう。
PR
PR

PAGETOP