PR

  メニュー閉じる

観察

葉っぱを集めて形をくらべよう!

観察 葉っぱを集めて形をくらべよう!

身近な場所に生えている植物の葉っぱを集めよう。植物全体の大きさや、どんな場所に生えていたかなど、植物の特ちょうも記録しよう。

身近な場所に生えている植物の葉っぱを集めよう。葉っぱは、えだについている根元部分から、はさみで切るか手でちぎり、ふくろに入れて持ち帰ろう。植物全体のようすを写真にとったり、スケッチしたりしてもいいね。植物全体の大きさや、どんな場所に生えていたかなど、植物の特ちょうも記録しよう。
※葉っぱはとっていい場所かかくにんしてからとろう。

用意するもの

  • 新聞紙(古新聞)
  • 10kg※くらいのおもし(図かんなどの本を重ねて使ってもよい)
  • 木工用の接着(せっちゃく)ざい
  • 台紙(A4サイズの画用紙かあつ紙)
  • A4 サイズのクリアファイル

※10kgは2L入りのペットボトル5本くらいの重さ。

まとめ方

1

まとめ方

葉っぱをおし葉にして台紙にはって、おし葉標本をつくろう。植物の名前を図かんなどで調べて記入し、おし葉標本といっしょにクリアファイルに入れておこう。葉っぱによって、形や大きさはどうちがうかな?

2

まとめ方

1日ごとに新聞紙を変える。葉っぱの水分がなくなり全体が平らになるまで4〜5日くり返す。

3

まとめ方

木工用の接着ざいで、かわいた葉っぱを台紙にはる。

4

まとめ方

台紙に植物の名前や生えていた場所などを書きこむ。

5

まとめ方

できた標本をA4 のクリアファイルに入れる。葉の大きさや形のちがいなどをくらべてみよう。

まとめ方のコツ 観察の例」を見てみよう

葉っぱを集めるときの服そう

葉っぱを集めるときの服そう

発展

発展

植物を見つけたら根からほり出して、植物全体を標本にしてみよう。花、くき、葉、根など、植物のそれぞれの部分がどのようになっているか観察しよう。根からほり出すときは、スコップを使ってきれいにほりおこそう。

新聞紙ではさむ前に、根についた土をきれいに落とそう。また、どんなふうにはさんだら観察しやすい標本になるかを考えながらつくろう。

観察・環境調査をするときの注意

観察や調査をする前に必ずおうちの方といっしょに読んでね

  • 屋外に観察・環境調査に出かけるときは、おうちの人にことわり、できるだけ大人といっしょに行こう。
  • 夜出かける必要がある場合は、必ず大人といっしょに行くこと。
  • 環境調査の目的に合った動きやすい服そうをし、必要な道具をそろえよう。必要なら虫よけなども用意しよう。
  • 草木のしげった場所に入るときは、長そで長ズボンにし、はだをなるべく出さないようにすること。
  • 出かけるときは、ぼうしをかぶって、こまめに水分をとろう。また、雨に備(そな)えて、雨具も用意しよう。
  • きけんな場所には近づかないこと。毒(どく)のある生き物をさわったり、近づいたりしないこと。
  • 野の山の植物にむやみにふれたり、口に入れたりしないこと。
  • 流れの速(はや)い川や池などには入らないこと。
  • 海では、高波や、いそでのけがなどに気をつけよう。
  • 環境調査をしたあとは、必ず手をよくあらうこと。
  • はさみやカッターナイフを使うときは、けがをしないように気をつけよう。ピンセットなど先のとがったものでけがをしないように気をつけよう。
PR
PR
PR

PAGETOP