PR

  メニュー閉じる

観察

アリはなぜ道にまよわないの

観察 アリはなぜ道にまよわないの

アリはなぜ食べ物と巣とをまよわずにいったりきたりできるのか、アリの行列のと中に、紙を置いたりしてたしかめてみよう。

調べ方

アリが行列を作っているのをよく見かける。食べ物のありかを見つけたアリは、同じ巣のアリに知らせて、大勢(おおぜい)で食べ物を巣に運びこむ。それで一列に長い行列ができることがある。アリはなぜ食べ物と巣とをまよわずにいったりきたりできるのか、アリの行列のと中に、紙を置いたりしてたしかめてみよう。

実験1

1

アリの行列を見つけたら、と中に紙を置いてみる。キッチンペーパーなどが、しなやかで使いやすい。
これを風で動かないように、くぎや石で固定する。

2

アリの行列がどうなるかを観察する。

実験2

アリが行列を作っている紙をずらしたら、アリはどこを歩くだろうか。

1

アリが紙の上を歩くようになったら、紙をとめていたくぎや石をはずし、紙を1〜2cmずらす。
ずらした場所にくぎや石で固定する。

2

アリの行列がどうなるかを調べる。

まとめ方

観察のしかたを書き、アリの行列のようすを写真にとったり、イラストでかいたりしてはり、結果をまとめよう。

動画をチェック!


発展

もっと実験してみよう

アリの通り道をゆびでこすったり、水をかけたり、酢(す)をかけたりしたら、アリはどうなるだろう。観察してみよう。
※アリを傷(きず)つけたりしないこと。


調べてみよう

フランスの昆虫学者(こんちゅうがくしゃ)ファーブルは、アリがなぜ行列を作って歩くのかを不思議に思い、行列のと中をほうきではいたり、水をかけたりしてみたんだ。
しかしそれでもアリの行列はと切れなかったため、ファーブルはアリはまわりの景色を見ておぼえているのだと結論(けつろん)を出した。
しかし今では、アリが家族共通のにおいを出していることがわかっている。これは「道しるべフェロモン」といい、ごくわずかでもアリは感じることができるんだ。ほうきではいたり水を流したりしても、アリはちゃんと感じることができるよ。

まとめ方のコツ 観察の例」を見てみよう

注意

  • アリをさがしに行くときは大人の人と行き、危(あぶ)ないところには近づかないこと。
  • くぎの先でけがをしないように気をつけよう。
  • 外で観察するときは、ぼうしをかぶって、こまめに水分を取ろう。

観察・環境調査をするときの注意

観察や調査をする前に必ずおうちの方といっしょに読んでね。

  • 屋外に観察・環境調査に出かけるときは、おうちの人にことわり、できるだけ大人といっしょに行こう。
  • 夜出かける必要がある場合は、必ず大人といっしょに行くこと。
  • 環境調査の目的に合った動きやすい服そうをし、必要な道具をそろえよう。必要なら虫よけなども用意しよう。
  • 草木のしげった場所に入るときは、長そで長ズボンにし、はだをなるべく出さないようにすること。
  • 出かけるときは、ぼうしをかぶって、こまめに水分をとろう。また、雨に備(そな)えて、雨具も用意しよう。
  • きけんな場所には近づかないこと。毒(どく)のある生き物をさわったり、近づいたりしないこと。
  • 野の山の植物にむやみにふれたり、口に入れたりしないこと。
  • 流れの速(はや)い川や池などには入らないこと。
  • 海では、高波や、いそでのけがなどに気をつけよう。
  • 環境調査をしたあとは、必ず手をよくあらうこと。
  • はさみやカッターナイフを使うときは、けがをしないように気をつけよう。ピンセットなど先のとがったものでけがをしないように気をつけよう。
PR
PR
PR

PAGETOP