PR

  メニュー閉じる

観察

カタツムリの年輪調べ

観察 カタツムリの年輪調べ

公園や学校など、大きな木の多いすずしくて日かげになっているところでカタツムリを見つけることがある。カタツムリのとくちょうであるからについて調べてみよう。

用意するもの

  • しいくケース
  • えさとなる野菜(レタス、キャベツ、ニンジン)

カタツムリを観察してみよう。

1

カタツムリは、大人も子どもも同じ形をしているけれど、大人と子どもは、からの口の形で見分けることができるよ。大人のカタツムリのからの口は外側に反り返ったようになっていて、大人になっていないカタツムリの口は反っていない。

2

カタツムリのからをよく見ると、ふしのような線があることや、そこから色がちがっていることがある。そのカタツムリは、冬をこしたカタツムリ。線の数は冬ごしした数をあらわしているんだ。カタツムリは夏に生まれるので、線の数を数えれば、およその歳(とし)がわかる。

カタツムリをかい、からの変化を観察して調べてみよう。

1

からの口が反り返っている大人のカタツムリを2ひきしいくケースでかう。えさは、レタス、キャベツ、ニンジンなどをあたえるとよい。

2

カタツムリにオスメスの区別はない。結こん(交尾)すると、2ひきとも白くて丸いたまごを産む。カタツムリの歌で、角出せやり出せという歌詞(かし)の“やり”とは、この写真の白いぼうのようなもののこと。

3

2週間くらいで、そのたまごから赤ちゃんが生まれる。赤ちゃんもからをもっている。からのうずまきは、1まき半。虫めがねで見て、指でたどってみよう。

4

赤ちゃんにはなるべく若くてやわらかい野菜をあたえる。からのうず巻はどんなふうにふえていくだろうか。1週間に1回くらいスケッチしてみよう。天気や気温、湿度は成長にどうかかわるだろうか。天気と気温、湿度は毎日記録しよう。

5

夏がすぎると、からの成長はおそくなる。冬はからの口にまくをはって、食べたり動いたりすることが少なくなる、ほとんど成長しないため、しまができる。

まとめ方のコツ 観察の例」を見てみよう

注意

  • カタツムリをつかまえに行くときは大人の人と行き、危ないところには近づかないこと。
  • カタツムリには寄生虫がいることがある。カタツムリをつかまえるときは、てぶくろをし、その後、必ずせっけんで手をきれいにあらい、かわかすこと。
  • カタツムリをさわったあとは、必ずせっけんで手をきれいにあらい、かわかすこと。
  • カタツムリをきずつけたりしないようにしよう。

観察・環境調査をするときの注意

観察や調査をする前に必ずおうちの方といっしょに読んでね。

  • 屋外に観察・環境調査に出かけるときは、おうちの人にことわり、できるだけ大人といっしょに行こう。
  • 夜出かける必要がある場合は、必ず大人といっしょに行くこと。
  • 環境調査の目的に合った動きやすい服そうをし、必要な道具をそろえよう。必要なら虫よけなども用意しよう。
  • 草木のしげった場所に入るときは、長そで長ズボンにし、はだをなるべく出さないようにすること。
  • 出かけるときは、ぼうしをかぶって、こまめに水分をとろう。また、雨に備(そな)えて、雨具も用意しよう。
  • きけんな場所には近づかないこと。毒(どく)のある生き物をさわったり、近づいたりしないこと。
  • 野の山の植物にむやみにふれたり、口に入れたりしないこと。
  • 流れの速(はや)い川や池などには入らないこと。
  • 海では、高波や、いそでのけがなどに気をつけよう。
  • 環境調査をしたあとは、必ず手をよくあらうこと。
  • はさみやカッターナイフを使うときは、けがをしないように気をつけよう。ピンセットなど先のとがったものでけがをしないように気をつけよう。
PR
PR

夏休みおうえんスペシャル

PR