PR

  メニュー閉じる

工作

あきかんドラムでえんそうしよう

工作 あきかんドラムでえんそうしよう

スチールのあきかんの底をかたいぼうで強くこすると、たたいたときの音の高さをかえられるよ。いろいろな音の高さのドラムを作ってえんそうしよう。

用意するもの

スチールマーク
  • スチールのあきかん数こ
  • 先の丸いかたいぼう(使わなくなったボールペンなど)

作り方

1

作り方

スチールのあきかんのプルタブを何度かおりまげてとる。

プルタブの切り口でけがをしないように注意しよう。

5

作り方

あきかんの底を、かたいぼうでたたく。カンとなるその音の高さをおぼえておく。

3

作り方

あきかんの底のまわりの近くを、図のように先の丸いかたいぼうでぐるぐるとこする。

4

作り方

もう一度あきかんの底を、かたいぼうでたたく。最初にたたいたときのカンとなった音の高さと変わる!

5

いくつかのあきかんの底を、こする強さや場所を変えて、たたいたときの音の高さがちがうものを作る。あきかんの大きさがちがうだけでもたたいたときの音の高さがちがうよ。

作り方

てきとうにたたくだけでも、スチールドラムのような音色を楽しむことができるよ。

かんはかんでもドラムかん

スチールドラムは、カリブ海にうかぶトリニダード・トバゴ共和国で生まれた楽器で、その材料は、かんはかんでもドラムかん!

まとめ方

まとめ方のコツ 工作の例」を見てみよう

注意

  • あきかんの口やプルタブの部分でけがをしないように気をつけよう。
  • あきかんはきれいにあらってから使おう。

工作をするときの注意

工作をする前に必ずおうちの方といっしょに読んでね。

  • 工作に使う材料(ざいりょう)や道具などは、使ってよいものかどうか、おうちの人に確(たし)かめよう。
  • はさみやカッターナイフを使うときは、けがをしないように気をつけよう。
  • つまようじやフォーク、シャープペンシルのしん、おしピンなど、先のとがったものを使うときは、けがをしないように気をつけよう。
  • 工作・フリーアートを始める前には、まわりをかたづけよう。よごれたりぬれたりするおそれがある場合は、新聞紙やビニルシートをしこう。
  • カッターナイフを使うときは、下にカッターマットや厚紙(あつがみ)などをしいて、つくえやゆかをきずつけないようにしよう。
  • 作業が終わったら材料(ざいりょう)や道具をきちんとかたづけ、作業をしていた場所をきれいにしよう。
  • 工作で使ったものや作った作品は、小さい子の手のとどかない場所にしまうこと。
  • 作業が終わったら、必ず手をよくあらうこと。
  • 接着(せっちゃく)ざいは、目的に合ったものを使おう。
PR
PR

夏休みおうえんスペシャル

PR