PR

  メニュー閉じる

実験

バナナも日焼けをするの?

実験 バナナも日焼けをするの?

強い日差しで日焼けをするのは、日光にふくまれる紫外線(しがいせん)が関係している。植物も紫外線によって色が変わるものがある。そのようすを、バナナを使った実験でたしかめてみよう。

日光の当たる屋外と、あたらない室内に置いたバナナでくらべ、日光に当てる時間を変えてくらべてみる。また、紫外線をさえぎるにはどんな材料がよいかも実験する。

用意するもの

  • バナナ 数本。新鮮(しんせん)で青みがかったものを買うこと
  • アルミニウムはく
  • 紙(白、黒)
  • セロハン(無色、青色、赤色、緑色)
  • 紫外線カットフィルム
  • 日焼け止め
  • はさみ
  • セロハンテープ
  • フェルトペン
  • 紫外線チェックカード(インターネットサイトなどで手に入るよ。夏期には、けしょう品をあつかう店などでも売っているね) 紫外線で色が変わるものには、絵の具やビーズなどもあるんだ。

実験方法

初夏から夏の日差しの強い時期に実験すること。

1.日光がバナナの皮の色を変えるか調べる

1

実験方法

バナナを2 本用意し、それぞれ区別がつくようにしるしをつけ、一部にアルミニウムはくを巻(ま)く。

はしのほうにペンなどで記号などを入れる。

バナナはいたみやすいので、軽く巻きつけるようにして、うら側をセロハンテープでとめる。

バナナを持つときはていねいに持ち,なるべく柄の
ところを持つようにしよう。

2

実験方法

天気のよい日を選び、屋外の直射日光(ちょくしゃにっこう)が当たる場所と、日光の入らない室内の、蛍光灯(けいこうとう)などの下を選び、紫外線(しがいせん)チェックカードで紫外線の強さをたしかめる。

紫外線チェックカードはインターネットサイトなどで手にはいるよ。夏期には化粧品を扱う店などでも売っているね。紫外線で色が変わる製品には、絵の具やビーズなどもあるんだ。

3

実験方法

バナナの1本は屋外の直射日光が当たる場所に置く。もう1本は日光の入らない室内の、蛍光灯などの下に置く。どちらも3時間以上そのまま置いておく。

4

実験方法

光に当てたあとは、2本のバナナからアルミニウムはくをとりはずし、暗く涼(すず)しいところに置いておく。

暗所に保存するのは、実験時以外に光を当てないため。

日光に当てたバナナに1日たっても変化がないときは、紫外線の強さが十分でなかったと考えられるので、天気のよい日にもう一度やってみよう。

5

実験方法

1~2日後、バナナの皮にどのような変化が現れたかを確認する。

2.日光に当てる時間を変えるとどうなるか調べる

1

実験方法

バナナを4本用意し、しるしをつけてアルミニウムはくを巻く。

途中(とちゅう)で日かげになったりしないように、長く日光の当たる場所を選ぶこと。
紫外線の強い10時から14時くらいの時間に行うといいよ。

2

実験方法

天気のよい日の昼前後の時間帯で、直射日光に当てる時間の長さを変えて実験する。

3

実験1と同じように、バナナを箱に保存し、1~2日後のようすをくらべる。

3.バナナを利用して、どのようなものに紫外線をさえぎる効果があるか調べる

1

左のような材料をバナナに巻き、直射日光に3時間当てて実験する。

実験方法

紫外線カットフィルムは、家や車などの窓にはるもので、ホームセンターなどに売っているよ。

2

実験1と同じように、バナナを箱に保存し、1~2日後のようすをくらべる。

まとめ方

まとめの例とくわしい解説、発展研究は「中学生の理科 自由研究 チャレンジ編 改訂版」の本にのっているよ。

まとめ方のコツ 実験の例」を見てみよう

注意

  • バナナは使っていいものかどうか、おうちの人にたしかめよう。
  • 実験に使ったバナナは食べないこと。
  • はさみを使うときは、けがをしないように気をつけよう。
  • 外で実験するときは、ぼうしをかぶって、こまめに水分を取ろう。

実験をするときの注意

実験をする前に必ずおうちの方といっしょに読んでね。

  • 実験をするときは、必ずおうちの人に実験することを伝えておこう。
  • 実験に使う材料(ざいりょう)や道具などは、使ってよいものかどうか、おうちの人ひとに確(たし)かめよう。
  • 火や化学薬品、電気製品(せいひん)などを使うときは、かならずおうちの人といっしょにしよう。
  • つまようじやフォーク、シャープペンシルのしんなど、先のとがったものを使うときは、けがをしないように気をつけよう。
  • はさみやカッターナイフを使うときは、けがをしないように気をつけよう。
  • むずかしい実験をするときは、おうちの人に手伝ってもらおう。
  • 実験に使った食べ物などは、絶対(ぜったい)に口に入れないこと。
  • 実験が終わったらきちんとあとかたづけをし、実験に使ったものを、家族が口に入れたりしないように気をつけよう。
  • 実験で使ったものや作った作品は、小さい子の手のとどかない場所にしまうこと。
  • 実験をしたあとは、必ず手をよくあらうこと。

先生もおどろくカンタン実験でハイレベルレポート完成

PR
PR
PR

PAGETOP