PR

  メニュー閉じる

PR

実験

果物や活性炭で電池を作ろう

実験 果物や活性炭で電池を作ろう

レモンや、そのほかの果物(くだもの)で、電池を作ろう。また、冷蔵庫の脱臭剤(だっしゅうざい)に入っている活性炭でも電池を作ろう。

1.レモン電池を作ろう

レモンを使って、電卓(でんたく)などを動かせる電池を作ってみよう。

用意するもの

  • レモン(2個)
  • 銅板(どうばん)(厚さ0.1mm)、
  • アルミ板(厚さ0.1mm)
  • はさみ
  • ナイフ
  • わに口つきコード
  • 液晶(えきしょう)の電卓(でんたく)(電池式のもの)

注意:金属板で手を切らないように注意しよう。
   実験に使ったレモンは、絶対に食べないこと。

作り方

1

銅板とアルミ板を、4cm×5cmくらいの大きさに切る。厚さ0.1mmのものだと、はさみで簡単(かんたん)に切れる。

2

レモンを半分に切り、その1つにナイフで2か所に切れ目を入れる(切れ目と切れ目は1cmくらいあける)。
切れ目に銅板とアルミ板をさす。
銅板が+極、アルミ板が-極になるよ。

3

同じものを3個作り、銅板とアルミ板をワニ口つきコードでつなぐ(つなぎ方は、図の通り)。

4

電卓の電池をとりはずし、銅板からのびたコードを-極に、アルミ板からのびたコードを+極につなぐ。

●銅板、アルミ板、コードのつなぎ方

2. いろいろな果物くだもので電池を作ろう

ほかの果物も電池になるかどうか、ためしてみよう。

用意するもの

  • キウイ
  • メロン
  • ナシなど
  • 銅板(厚さ0.1mm)
  • アルミ板(厚さ0.1mm)
  • はさみ
  • ナイフ
  • わに口つきコード
  • 液晶の電卓(電池式のもの)

注意:金属板で手を切らないように注意しよう。
   実験に使った果物は、絶対に食べないこと。
   果物は、実験に使ってよいものか、おうちの人にたしかめよう。

作り方

1

キウイ電池

レモン電池のレモンを、ほかの果物に変える。
そのほかは、レモン電池と同じ。

ナシ電池
メロン電池

果物の種類(果物以外も)や、つなぐ数によって電池になるかどうかを実験し、ワークシートに記録しよう。

ワークシート

3.活性炭電池を作ろう

冷蔵庫の脱臭剤(だっしゅうざい)などに入っている活性炭でも電池を作ろう。

用意するもの

  • 脱臭剤
  • アルミニウムはく
  • ティッシュペーパー
  • 金属のクリップ
  • リード線

注意:脱臭剤は使ってよいものか、おうちの人にたしかめよう。
   活性炭を口に入れないこと。

作り方

1

脱臭剤のケースをドライバーなどで開け、活性炭のふくろを取り出す。活性炭をティッシュペーパーに広げる。こい塩水を作る。

2

ティッシュペーパーをアルミニウムはくにのせ、全体にこい塩水をかける。
その上に、ティッシュペーパーよりやや小さいアルミニウムはくをかぶせる。
上下のアルミニウムはくに、クリップをつける。

3

上下のアルミニウムはくにモーターのリード線をつなぎ、上から強くおす。

4

電気が流れ、モーターが回る。

まとめ方

まとめ方のコツ 実験の例」を見てみよう

注意

  • 実験をするときは、必ずおうちの人に実験することを伝えておこう。
  • 実験に使う材料(ざいりょう)や道具などは、使ってよいものかどうか、おうちの人ひとに確(たし)かめよう。
  • はさみやカッターナイフを使うときは、けがをしないように気をつけよう。
  • 実験に使った食べ物などは、絶対(ぜったい)に口に入れないこと。
  • 実験が終わったらきちんとあとかたづけをし、実験に使ったものを、家族が口に入れたりしないように気をつけよう。
  • 実験で使ったものや作った作品は、小さい子の手のとどかない場所にしまうこと。
  • 実験をしたあとは、必ず手をよくあらうこと。

PAGETOP