PR

  メニュー閉じる

PR

実験

静電気探知機

実験 静電気探知機

下じきなどをこすると静電気が起きる。でも静電気がどこについているか見えないね。それを探し出すのが静電気探知機。ガラスビンとアルミホイルで作れるよ。

用意するもの

  • アルミホイル
  • 調味料のガラスビン
  • 発泡(かっぽう)スチロールの食品トレイ
  • はさみ

実験方法

下じきなどをこすると静電気が起きる。でも静電気がどこについているか見えないね。それを探し出すのが静電気探知機。ガラスビンとアルミホイルで作れるよ。(静電気は湿度が高いと起きにくいので、梅雨(つゆ)の時期はさけて、かんそうさせた部屋で実験しよう。)

絵と案/西山直樹

まとめ方

こすった下じきの表面や服、ブラウン管テレビの画面など、どんな場所が静電気が起きやすいかを調べてまとめよう。

まとめ方のコツ 実験の例」を見てみよう

注意

  • 実験をするときは、必ずおうちの人に実験することを伝えておこう。
  • 実験に使う材料(ざいりょう)や道具などは、使ってよいものかどうか、おうちの人ひとに確(たし)かめよう。
  • はさみやカッターナイフを使うときは、けがをしないように気をつけよう。
  • むずかしい実験をするときは、おうちの人に手伝ってもらおう。
  • 実験に使った食べ物などは、絶対(ぜったい)に口に入れないこと。
  • 実験が終わったらきちんとあとかたづけをし、実験に使ったものを、家族が口に入れたりしないように気をつけよう。
  • 実験で使ったものや作った作品は、小さい子の手のとどかない場所にしまうこと。
  • 実験をしたあとは、必ず手をよくあらうこと。
PR
PR

夏休みおうえんスペシャル

PAGETOP