PR

  メニュー閉じる

PR

観察

川の魚を観察しよう

観察 川の魚を観察しよう

川にすむ魚を観察(かんさつ)しよう。上流、中流、下流には、それぞれどんな魚がいるだろうか。また、水のよごれによって、どうちがうだろうか。

1.ペットボトルめがねで観察しよう

ペットボトルでめがねを作り、川にいる魚を観察しよう。

用意するもの

  • ペットボトル
  • ラップ
  • 輪(わ)ゴム
  • カッター
  • 温度計(気温・水温を計る)

注意:川には大人といっしょに行こう。ひとりでは絶対に行かないこと。
   川に入るときは、ぬげないズックか長ぐつをはくこと。
   流れの速い所や水深の深い所には入らないこと。
   増水(ぞうすい)やダムからの放流に気をつけよう。
   すべりやすい岩に気をつけよう。

観察のしかた

1

ペットボトルを切り、片側(かたがわ)にラップを輪ゴムでとめる。これを観察めがねにする。

2

水深30cmくらいの所で観察する。
たもあみで魚をつかまえてもよい。

川の魚を観察して、ワークシートにまとめよう。

ワークシート

2.ペットボトルでつかまえよう

ペットボトルで魚のわなをつくってしかけよう。どんな魚がかかるかな?

用意するもの

  • ペットボトル
  • カッター
  • 食べ物

注意:川には大人といっしょに行こう。ひとりでは絶対に行かないこと。
   川に入るときは、ぬげないズックか長ぐつをはくこと。
   流れの速い所や水深の深い所には入らないこと。
   増水(ぞうすい)やダムからの放流に気をつけよう。
   すべりやすい岩に気をつけよう。

作り方

1

ペットボトルのふたをはずし、横に切る。

2

底の方に食べ物を入れ、ふた側を逆向きにしてさしこむ。

3

川にしずめておく。
魚が入り、出にくくなる。

どんな魚がかかるかを観察して、ワークシートにまとめよう。

3.上流、中流、下流のちがいをまとめよう

川は、上流、中流、下流で、はばや流れの速さ、水のよごれなどにちがいがある。
それぞれ、どんなちがいがあり、どんな魚がいるかをまとめよう。

上流

川はば…せまい
流れ…速い
水のよごれ…きれい
よく見られる魚…ヤマメ、イワナ、アマゴ、ニジマス

中流

川はば…やや広くなる
流れ…やや速い
水のよごれ…ややよごれている
よく見られる魚…アユ、オイカワ、ナマズ、ドジョウ

下流

川はば…広い
流れ…ゆっくり
水のよごれ…きたない
よく見られる魚…メダカ、ギンブナ、アユカケ、タモロコ

ほかにも、観察して気づいたことなどをまとめよう。

まとめ方

まとめ方のコツ 観察の例」を見てみよう

注意

  • 屋外に観察・環境調査に出かけるときは、おうちの人にことわり、できるだけ大人といっしょに行こう。
  • 出かけるときは、ぼうしをかぶって、こまめに水分をとろう。また、雨に備(そな)えて、雨具も用意しよう。
  • きけんな場所には近づかないこと。毒(どく)のある生き物をさわったり、近づいたりしないこと。
  • 野の山の植物にむやみにふれたり、口に入れたりしないこと。
  • 流れの速(はや)い川や池などには入らないこと。
  • 環境調査をしたあとは、必ず手をよくあらうこと。
PR
PR

夏休みおうえんスペシャル

PAGETOP