PR

  メニュー閉じる

観察

テントウムシのひみつ

観察 テントウムシのひみつ

テントウムシ(ナミテントウ、ナナホシテントウ)は草花のくきにいて、そのしるをすうアブラムシを食べている。くきを上へと上っているすがたをよく見るが、テントウムシはどんな生き物だろう。テントウムシをつかまえて、そのひみつを調べてみよう。

用意するもの

  • フェルトペン
  • えんぴつ
  • 画用紙

ためしてみよう。

  1. テントウムシをつかまえて、立てた指やえんぴつにとまらせると、どうするか観察する。
  2. 紙に黒い線をかいておく。その紙をしいくしているケースに入れる。テントウムシを自由に歩かせると、どうするか観察する。
  3. 紙で山の形を作り、そこに黒い道をかいておいたら、テントウムシはどうするか観察してみよう。
    ※テントウムシはあまり長い間元気には動かないので、実験観察は短い時間にしよう。

まとめ方

まとめ方
まとめ方

まとめ方のコツ 観察の例」を見てみよう

発展

ストローでシーソーを作り、テントウムシにストローの上を歩かせたらどうするだろうか。

注意

  • テントウムシをつかまえに行くときは大人の人と行き、危ないところには近づかないこと。
  • 実験に使ったさとう水は、ぜったいに飲まないこと。
  • 実験観察が終わったら、手をきれいに洗うこと。

観察をするときの注意

観察をする前に必ずおうちの方といっしょに読んでね。

  • 屋外に観察・環境調査に出かけるときは、おうちの人にことわり、できるだけ大人といっしょに行こう。
  • 夜出かける必要がある場合は、必ず大人といっしょに行くこと。
  • 環境調査の目的に合った動きやすい服そうをし、必要な道具をそろえよう。必要なら虫よけなども用意しよう。
  • 草木のしげった場所に入るときは、長そで長ズボンにし、はだをなるべく出さないようにすること。
  • 出かけるときは、ぼうしをかぶって、こまめに水分をとろう。また、雨に備(そな)えて、雨具も用意しよう。
  • きけんな場所には近づかないこと。毒(どく)のある生き物をさわったり、近づいたりしないこと。
  • 野の山の植物にむやみにふれたり、口に入れたりしないこと。
  • 流れの速(はや)い川や池などには入らないこと。
  • 海では、高波や、いそでのけがなどに気をつけよう。
  • 環境調査をしたあとは、必ず手をよくあらうこと。
  • はさみやカッターナイフを使うときは、けがをしないように気をつけよう。ピンセットなど先のとがったものでけがをしないように気をつけよう。
PR
PR

夏休みおうえんスペシャル

PR