PR

  メニュー閉じる

PR

観察

テントウムシのひみつ

観察 テントウムシのひみつ

テントウムシ(ナミテントウ、ナナホシテントウ)は草花(くさばな)のくきにいて、そのしるをすうアブラムシを()べている。くきを(うえ)へと(あが)っているすがたをよく()るが、テントウムシはどんな()(もの)だろう。テントウムシをつかまえて、そのひみつを調(しら)べてみよう。

用意(ようい)するもの

  • フェルトペン
  • えんぴつ
  • 画用紙(がようし)

ためしてみよう。

  1. テントウムシをつかまえて、()てた(ゆび)やえんぴつにとまらせると、どうするか観察(かんさつ)する。
  2. (かみ)(くろ)(せん)をかいておく。その(かみ)をしいくしているケースに()れる。テントウムシを自由(じゆう)(ある)かせると、どうするか観察(かんさつ)する。
  3. (かみ)(やま)(かたち)(つく)り、そこに(くろ)(みち)をかいておいたら、テントウムシはどうするか観察(かんさつ)してみよう。
    ※テントウムシはあまり(なが)(あいだ)元気(げんき)には(うご)かないので、実験(じっけん)観察(かんさつ)(みじか)時間(じかん)にしよう。

まとめ(かた)

まとめ<ruby><rb>方</rb><rp>(</rp><rt>かた</rt><rp>)</rp></ruby>
まとめ<ruby><rb>方</rb><rp>(</rp><rt>かた</rt><rp>)</rp></ruby>

発展(はってん)

ストローでシーソーを(つく)り、テントウムシにストローの(うえ)(ある)かせたらどうするだろうか。

注意(ちゅうい)

  • テントウムシをつかまえに()くときは大人(おとな)(ひと)()き、(あぶ)ないところには(ちか)づかないこと。
  • 実験(じっけん)使(つか)ったさとう(みず)は、ぜったいに()まないこと。
  • 実験(じっけん)観察(かんさつ)()わったら、()をきれいに(あら)うこと。

観察(かんさつ)をするときの注意(ちゅうい)

観察(かんさつ)をする(まえ)(かなら)ずおうちの(かた)といっしょに()んでね。

  • 屋外(おくがい)観察(かんさつ)環境(かんきょう)調査(ちょうさ)()かけるときは、おうちの(ひと)にことわり、できるだけ大人(おとな)といっしょに()こう。
  • (よる)()かける必要(ひつよう)がある場合(ばあい)は、(かなら)大人(おとな)といっしょに()くこと。
  • 環境(かんきょう)調査(ちょうさ)目的(もくてき)()った(うご)きやすい(ふく)そうをし、必要(ひつよう)道具(どうぐ)をそろえよう。必要(ひつよう)なら(むし)よけなども用意(ようい)しよう。
  • 草木(くさき)のしげった場所(ばしょ)(はい)るときは、(なが)そで(なが)ズボンにし、はだをなるべく()さないようにすること。
  • ()かけるときは、ぼうしをかぶって、こまめに水分(すいぶん)をとろう。また、(あめ)(そな)えて、雨具(あまぐ)用意(ようい)しよう。
  • きけんな場所(ばしょ)には(ちか)づかないこと。(どく)のある()(もの)をさわったり、(ちか)づいたりしないこと。
  • ()(やま)植物(しょくぶつ)にむやみにふれたり、(くち)()れたりしないこと。
  • (なが)れの(はや)(かわ)(いけ)などには(はい)らないこと。
  • (うみ)では、高波(たかなみ)や、いそでのけがなどに()をつけよう。
  • 環境(かんきょう)調査(ちょうさ)をしたあとは、(かなら)()をよくあらうこと。
  • はさみやカッターナイフを使(つか)うときは、けがをしないように()をつけよう。ピンセットなど(さき)のとがったものでけがをしないように()をつけよう。
レポートのまとめ方
のコツはこちら!

自由研究注目ランキング

場所でさがす

ほかのいろんなさがし方

PR
PR

PAGETOP