PR

  メニュー閉じる

PR

工作

ロボットハンドをつくろう

工作 ロボットハンドをつくろう

宇宙(うちゅう)実験(じっけん)(しつ)国際(こくさい)宇宙(うちゅう)ステーション(ISS)についているロボットアームのつかむ部分(ぶぶん)「ロボットハンド」を(かみ)コップとたこ(いと)(つく)って、そのつかむしくみをさぐってみよう!

宇宙(うちゅう)実験(じっけん)(しつ)国際(こくさい)宇宙(うちゅう)ステーション(ISS)についているロボットアームは、()重力(じゅうりょく)宇宙(うちゅう)空間(くうかん)で、実験(じっけん)装置(そうち)補給(ほきゅう)(せん)などをつかんで(はこ)ぶのに使(つか)われている。そのロボットアームのつかむ部分(ぶぶん)「ロボットハンド」を(かみ)コップとたこ(いと)(つく)って、そのつかむしくみをさぐってみよう!

ロボットアーム

ロボットアームは、実験(じっけん)装置(そうち)についている細長(ほそなが)いぼうを、ロボットハンドでつかんで(はこ)ぶよ。

用意(ようい)するもの

  • (かみ)コップ((くち)直径(ちょっけい)が7cmくらいのもの)2つ
  • たこ(いと)(14cm)3(ほん)
  • セロハンテープ
  • フェルトペン
  • はさみ

(つく)(かた)

1

<ruby><rb>作</rb><rp>(</rp><rt>つく</rt><rp>)</rp></ruby>り<ruby><rb>方</rb><rp>(</rp><rt>かた</rt><rp>)</rp></ruby>

両方(りょうほう)(かみ)コップの(くち)部分(ぶぶん)に、(おな)(かん)かくになるように3か(しょ)にしるしをつける。

2

<ruby><rb>作</rb><rp>(</rp><rt>つく</rt><rp>)</rp></ruby>り<ruby><rb>方</rb><rp>(</rp><rt>かた</rt><rp>)</rp></ruby>

一方(いっぽう)(かみ)コップの(そこ)(ほう)をはさみで()りおとす。

3

<ruby><rb>作</rb><rp>(</rp><rt>つく</rt><rp>)</rp></ruby>り<ruby><rb>方</rb><rp>(</rp><rt>かた</rt><rp>)</rp></ruby>

(そこ)()った(かみ)コップを、もう一方(いっぽう)(かみ)コップに(かさ)ねる。

4

<ruby><rb>作</rb><rp>(</rp><rt>つく</rt><rp>)</rp></ruby>り<ruby><rb>方</rb><rp>(</rp><rt>かた</rt><rp>)</rp></ruby>

(かみ)コップの(くち)の3()(しょ)のしるしを()わせて、()のようにたこ(いと)(うえ)に3cmくらい()るようにして、たこ(いと)(はし)を、(そこ)()った(かみ)コップには(そと)がわ、もう一方(いっぽう)(かみ)コップには(うち)がわにセロハンテープではる。

5

<ruby><rb>作</rb><rp>(</rp><rt>つく</rt><rp>)</rp></ruby>り<ruby><rb>方</rb><rp>(</rp><rt>かた</rt><rp>)</rp></ruby>

()のように、(そこ)()った(かみ)コップをおさえて、もう一方(いっぽう)(かみ)コップを(まわ)すと…

ミッションにチャレンジ

ミッションにチャレンジ

(から)のペットボトル(500mL(よう))など、いろいろなものをロボットハンドでつかんで(はこ)んでみよう!

ISSのロボットハンドのようす

ISSのロボットハンドのようす

宇宙(うちゅう)では、機械(きかい)がこわれてもかんたんに(なお)すことができない。だから、ISSのロボットアームはかんたんなしくみでできているんだ。また、宇宙(うちゅう)()重力(じゅうりょく)だから、(おも)実験(じっけん)装置(そうち)でも、ゆっくり(うご)かしていけば、3(ほん)のワイヤーでもしっかりつかんで(はこ)ぶことができるんだ。

画像(がぞう)提供(ていきょう):JAXA/NASA

まとめ(かた)

注意(ちゅうい)

  • はさみを使(つか)うときは、けがをしないように()をつけよう。

工作(こうさく)をするときの注意(ちゅうい)

工作(こうさく)をする(まえ)(かなら)ずおうちの(かた)といっしょに()んでね。

  • 工作(こうさく)使(つか)材料(ざいりょう)道具(どうぐ)などは、使(つか)ってよいものかどうか、おうちの(ひと)(たし)かめよう。
  • はさみやカッターナイフを使(つか)うときは、けがをしないように()をつけよう。
  • つまようじやフォーク、シャープペンシルのしん、おしピンなど、(さき)のとがったものを使(つか)うときは、けがをしないように()をつけよう。
  • 工作(こうさく)・フリーアートを(はじ)める(まえ)には、まわりをかたづけよう。よごれたりぬれたりするおそれがある場合(ばあい)は、新聞紙(しんぶんし)やビニールシートをしこう。
  • カッターナイフを使(つか)うときは、(した)にカッターマットや厚紙(あつがみ)などをしいて、つくえやゆかをきずつけないようにしよう。
  • 作業(さぎょう)()わったら材料(ざいりょう)道具(どうぐ)をきちんとかたづけ、作業(さぎょう)をしていた場所(ばしょ)をきれいにしよう。
  • 工作(こうさく)使(つか)ったものや(つく)った作品(さくひん)は、(ちい)さい()()のとどかない場所(ばしょ)にしまうこと。
  • 作業(さぎょう)()わったら、(かなら)()をよくあらうこと。
  • 接着(せっちゃく)ざいは、目的(もくてき)()ったものを使(つか)おう。

教材(きょうざい)提供(ていきょう)日本(にほん)宇宙(うちゅう)少年(しょうねん)(だん)苫小牧(とまこまい)分団(ぶんだん)細川(ほそかわ)正直(まさなお)

レポートのまとめ方
のコツはこちら!

自由研究注目ランキング

場所でさがす

ほかのいろんなさがし方

PR
PR

PAGETOP