PR

  メニュー閉じる

工作

偏光板(へんこうばん)ステンドグラス

工作 偏光板(へんこうばん)ステンドグラス

特定の方向の光だけを通す偏光板(へんこうばん)を2まい使って、にじいろにかがやくキラキラステンドグラスを作ろう。とうめいシールを切ったり、重ねてはったり…どんなものができるかは発想しだいだ。

用意するもの

  • 偏光板(へんこうばん) 2まい インターネットなどで手に入るよ。
  • とうめいなシール
  • セロハンテープ
  • 油性ペン
  • シールをはるとうめいのシート
  • 3つのモデル絵
  • はさみ

3つのモデル絵をダウンロードする

作り方

1

3つのモデル絵をダウンロードする。
ダウンロードした絵のなかから好きなものを選ぶ。

2

シールをはるとうめいのシートの下に好きな絵をおき、油性ペンでなぞってかきうつす。

3

どんな絵にしたいかを考えながらとうめいなシールやセロハンテープをはっていこう。
セロハンテープは直線に、シールは○のまま使ったり、好きな形に切るといいよ。

4

2まいの偏向板ではさんで、一方を回転させてみよう。どうなるかな?

5

ダウンロードした絵以外にも、自分で考えた絵でも作ってみよう!

こんな作品ができるよ

アイデアしだいでさまざまできる!

まとめ方

できあがったステンドグラスの写真をはろう。
使った材料、くふうしたところ、工作をとおしてわかったことなどをまとめよう。

なぜ? どうして?

なぜいろいろな色にかがやくの?

光には波のような性質(せいしつ)があって、それぞれの光は特定の方向にゆれている。そして自然の光の中には、いろいろな方向にゆれる光がまざっている。偏光板は、その中で特定の方向にゆれる光だけを通す性質があるんだ。また、セロハンテープは、とうめいでどの部分でも同じように見えるけど、じつは場所や重ねたまい数などによって、光の通りかたにちがいが出る。セロハンテープを2まいの偏光板の間にはさんで片方の偏光板を回すと、セロハンテープの場所や何まい重ねてはったかによって、ちがった色が偏光板を通ってくる。だからいろいろな色にかがやいて見えるんだ。

発展 偏光板インテリアをつくろう

用意するもの

  • 基本でつくったもの
  • つつ(しょうじょう入れなど)
  • ペンライト
  • エアパッキン
  • カッターナイフ
  • カッターマット

作り方

1

カッターナイフで、つつの底の部分を、ペンライトの長さに切る。

2

基本でつくったものを丸めてつつに入れて、上の部分をセロハンテープでとめる。

3

ペンライトにエアパッキンをまく

ペンライトにエアパッキンをまいて、セロハンテープでとめる。

4

エアパッキンをまいたペンライトをつつに入れる

ペンライトのスイッチを入れて、エアパッキンをまいたペンライトをつつに入れる。

5

重ねた偏光板を上に引き出す。

6

つつのふたをかぶせる。

丸めた偏光板の中に、さらに別のエアパッキンを入れる。つつのふたをかぶせる。

7

つつのふたを上にずらしていって、偏光板のステンドグラスの部分を出す。

偏光板のステンドグラスの部分を出す

8

できあがり!

できあがり!
一番好きなもように見えるところに偏向板を合わせてつくってみよう。

注意:使い終わったら、ペンライトのスイッチはかならず切るようにしよう。

注意

  • 始める前にこのつくり方をしっかり読んで、まちがった手順で行なわないようにしよう。
  • 工作に使う材料は、おうちの人に用意してもらうこと。
  • はさみやカッターナイフを使うときは、けがをしないように気をつけよう。
  • ペンライトをふり回したりしないこと。また、ペンライトについている説明書もよく読むこと。
  • ペンライトの光は強いので、まっすぐ見たり、長時間見続けたり、からだに当てたりしないこと。人に向けないこと。
  • 使う材料や完成したものは、使わないときは、小さい子の手がとどかないところにしまうこと。
  • 工作のあとは、おうちの人といっしょに、しっかりあとかたづけをしよう。
PR
PR
PR

PAGETOP