PR

  メニュー閉じる

実験

しずくのレンズ

実験 しずくのレンズ

ニンジンやダイコンなどにストローであなを開け、水てきのレンズをつくる。そのレンズを通して、像(ぞう)がどのように見えるかを調べる。ほかの身近なものでもレンズができるか試してみる。

用意するもの

  • ニンジン
  • ほうちょう
  • ストロー
  • 深めのさら
  • ティッシュペーパー

実験方法

ニンジンの穴のレンズをつくる

1

実験方法

ニンジンをうすく切り、ストローであなを開ける。

2

実験方法

水につけて取り出し、あなに水のまくがはるようにする。

3

実験方法

ニンジンを水平にし、水のまくを通して、ものを見る。

ニンジンの穴のレンズでの見え方

ニンジンの穴にはった水を通してものを見ると、穴の1つ1つにものが見えた。

実験方法

ニンジンのあなにはった水をティッシュペーパーなどで少しだけ吸(す)い取って見え方を比べた。

表面にふくらんだ部分を吸い取った。

1つ1つの穴にものがうつったわけ

1つ1つの穴がレンズになった。レンズは光をまげるはたらきがあるので、それぞれの穴にものがうつって見えた。

水の量で見え方が変わる

穴の大きさやニンジンの厚さによって、穴にはる水の量が変わる。すると、レンズの形が変わり、ものの見え方の変わる。

まとめ方

ニンジンなどにあなを開け、あなにはった水を通してものを見たときの見え方をイラストで表す。また、レンズにはる水の量を変えると見え方がどう変わるかをイラストで表す。

まとめ方

まとめ方のコツ 実験の例」を見てみよう

注意

実験をする前に必ずおうちの方といっしょに読んでね。

  • 実験をするときは、必ずおうちの人に実験することを伝えておこう。
  • 野菜など実験に使う材料(ざいりょう)や道具などは、使ってよいものかどうか、おうちの人ひとに確(たし)かめよう。
  • ほうちょうを使うときは、けがをしないように気をつけよう。
  • ストローで目をついたりしないように気をつけよう。
  • まわりがぬれてもいい場所で実験しよう。
  • 実験に使った食べ物などは、絶対(ぜったい)に口に入れないこと。
  • 実験が終わったらきちんとあとかたづけをし、実験に使ったものを、家族が口に入れたりしないように気をつけよう。
  • 実験をしたあとは、必ず手をよくあらうこと。
PR
PR
PR

PAGETOP